[ファームウェアリリース] SEIL/X,B1 ver.4.62

今回のリリースでは IIJ mobile が提供するUSBモバイルデータ通信端末 UX312NC での安定性を向上させました。本記事では、SEILにUSBモバイルデータ端末を接続し、PPPoE回線をバックアップする構成について解説します。

記事一覧

複数経路によるインターネット疎通性の確保について

NTT東西が提供するフレッツ光に代表されるインターネット接続回線では、網やISP事業者の都合によるメンテナンスや、突発的な障害発生時に通信が途切れてしまう事があります。

接続断が発生すると、利用するインターネット接続回線がフレッツのみの場合は、インターネットへの疎通性が完全に失われてしまいます。

ミッションクリティカルな業務で利用する場合にはバックアップ回線やより信頼性の高い専用線が用意されていると思いますが、一般的な事務所や店舗などではコストを考えると回線増設によるバックアップは難しいのが実情です。

しかし、メールやWEBを用いた業務が一般的になってきた現在、インターネットから切断されてしまう事はその事務所などが機能停止してしまう可能性をはらんでおり、無視できない危機と考えられます。

このようなときに、カバーエリアが広がりコスト面でも十分に安くなってきたモバイル回線での接続は、速度こそ光回線での接続にはかなわないもののバックアップ手段としては有効な解答の一つです。

また、回線の敷設工事が不要という特性を生かして、多店舗展開を行う際に光回線の工事が間に合わない場合でも一時的にモバイル回線を主回線として利用することで迅速に開店することができ、光回線開通後はバックアップ回線としてそのまま使用できます。

モバイルデータ通信端末による、PPPoE回線のバックアップの設定

以下のように、PPPoEによる接続とUX312NCによるモバイル接続を設定します。

PPPoE接続サービスについて、以下のようなアカウント情報が有るとします。

ID pppoeuser@exmaple.jp
Pass pppoepassword

モバイル接続サービスについて、以下のようなアカウント情報が有るとします。

APN mobile.example.jp
ID mobileuser@mobile.example.jp
pass mobilepassword

事務所LAN側の設定は以下のようになります。

interface lan0 address 192.168.0.1/24
nat napt add private 192.168.0.0-192.168.0.255 interface pppoe0
nat napt add private 192.168.0.0-192.168.0.255 interface wwan0
dhcp enable
dhcp mode server
dhcp interface lan0 enable
dhcp interface lan0 expire 24
dhcp interface lan0 pool 192.168.0.2 253
dhcp interface lan0 dns add 192.168.0.1

PPPoEの設定は以下になります。

ppp add PPPoE ipcp enable ipcp-address on ipcp-dns on ipv6cp disable identifier pppoeuser@example.jp passphrase pppoepassword keepalive 30
interface pppoe0 over lan1
interface pppoe0 ppp-configuration PPPoE
route add default pppoe0 distance 1
filter add PPPoE_Pass action pass interface pppoe0 direction out state enable logging off
filter add PPPoE_Block action block interface pppoe0 direction in logging off
dns forwarder enable
dns forwarder add ipcp 

モバイルの設定は以下になります。

dialup-device access-point add mobile cid 1 apn mobile.example.jp pdp-type ip
dialup-device mdm0 connect-to mobile authentication-method chap username mobileuser@mobile.example.jp password mobilepassword
interface wwan0 over mdm0
interface wwan0 address dhcp
route add default dhcp distance 10
filter add pass action pass interface wwan0 direction out state enable logging off
filter add block action block interface wwan0 direction in logging off
dns forwarder add dhcp

以上で設定は完了です。実際に動作しているところを確認してみます。

PPPoE接続が確立している場合(pppoe0)

# show status ppp pppoe0
Interface: pppoe0
  LCP state: opened
  IPCP state: opened
  IPv6CP state: initial
  BCP state: initial
  LCP negotiated options:
        magic number 0xe18adeb8
  IPCP negotiated options:
        address 210.148.42.67
        primary dns address 202.232.2.3
        secondary dns address 202.232.2.2
  IPv6CP negotiated options:
        none
  BCP negotiated options:
        none
  keepalive: 30 seconds interval

経路は次のようになっています。デフォルト経路がPPPoEインタフェースに向いていることがわかります。

# show status route
Flags: C - Connected, M - Miscellaneous, B - BGP, O - OSPF, R - RIP, S - Static
       * - System route, ! - inconsistent
Destination        Gateway            Interface Flags  Dist.
default            pppoe0             pppoe0    S*        1
127.0.0.0/8        loopback           loopback  C*        0
133.236.0.0/16     wwan0              wwan0     C*        0
203.180.20.68/32   pppoe0             pppoe0    C*        0
210.148.42.67      127.0.0.1          loopback  M*        -
224.0.0.0/4        127.0.0.1          loopback  M*        -

次はPPPoE接続が切断された状態の例です(ここでは物理的にLANケーブルを抜きました)。ppp 設定の中でセッションキープアライブ(keep-alive)を 30秒に指定していますので、30秒毎に LCP Echo Request を送信します。これに3回連続で応答が無かった場合、SEILはPPPoEセッションが正常でないと判断し、一旦切断して再接続を試みます。

PPPoE接続が確立していない状態では次のような表示になります。

# show status ppp pppoe0
Interface: pppoe0
  LCP state: initial
  IPCP state: initial
  IPv6CP state: initial
  BCP state: initial
  LCP negotiated options:
        none
  IPCP negotiated options:
        none
  IPv6CP negotiated options:
        none
  BCP negotiated options:
        none
  keepalive: 30 seconds interval

デフォルト経路は経路は次のようになります。pppoe0の経路が失われたため wwan0(モバイル接続)が選択されており、Distance は10です。

# show status route
Flags: C - Connected, M - Miscellaneous, B - BGP, O - OSPF, R - RIP, S - Static
       * - System route, ! - inconsistent
Destination        Gateway            Interface Flags  Dist.
default            133.236.194.142    wwan0     S*       10
127.0.0.0/8        loopback           loopback  C*        0
133.236.0.0/16     wwan0              wwan0     C*        0
0.0.0.0/0          133.236.194.142    wwan0     M*        -
0.0.0.1            0.0.0.0            pppoe0    M*!       -
224.0.0.0/4        127.0.0.1          loopback  M*        -

ここでPPPoE回線を復旧してみます。

# show status ppp pppoe0
Interface: pppoe0
  LCP state: opened
  IPCP state: opened
  IPv6CP state: initial
  BCP state: initial
  LCP negotiated options:
        magic number 0xe18adeb8
  IPCP negotiated options:
        address 210.148.42.67
        primary dns address 202.232.2.3
        secondary dns address 202.232.2.2
  IPv6CP negotiated options:
        none
  BCP negotiated options:
        none
  keepalive: 30 seconds interval

Default 経路は次のように、再びpppoe0が選択されています。

# show status route
Flags: C - Connected, M - Miscellaneous, B - BGP, O - OSPF, R - RIP, S - Static
       * - System route, ! - inconsistent
Destination        Gateway            Interface Flags  Dist.
default            pppoe0             pppoe0    S*        1
127.0.0.0/8        loopback           loopback  C*        0
133.236.0.0/16     wwan0              wwan0     C*        0
203.180.20.68/32   pppoe0             pppoe0    C*        0
210.148.42.67      127.0.0.1          loopback  M*        -
224.0.0.0/4        127.0.0.1          loopback  M*        -

復旧が完了しました。