RIPv1, RIPv2

IPv4ネットワークにおいて、RIP(v1,v2)による動的経路制御機能を提供します。

  • 設定項目としてインタフェースごとに以下の設定が可能
    • 送受信の可否
    • バージョン(v2, v2-broadcast, v1)
    • 認証使用の有無(MD5, plain-text)
  • 送信可としたインタフェースに対して、30秒ごとに 内部経路テーブルに従い経路情報を広告する
  • 動的経路を行うインタフェースを監視し、使用不能となったインタフェースに関する経路情報を即座に広告する
  • telnet UI上より、動的経路により登録された経路を削除できる(clear route)
  • 受信した経路情報はmetric情報を持つ
  • metric情報は 1 - 16までの値を持つ。受信した経路情報より、metricが最も小さな経路が経路選択に適用される
  • インタフェース毎に入力・出力合計16個の経路フィルタを適用できる
  • unnumberedインタフェースには非対応
  • RIP でのタイマのデフォルト値と設定可能範囲は下記に示す
    図: RIP タイマ一覧
    タイマ名称 設定範囲 デフォルト値 単位
    update-timer 5-2147483647 30
    expire-timer 5-2147483647 180
    garbage-collection-timer 5-2147483647 120
    同一インタフェースに異なるプレフィックスのネットワークが設定されている場合、異なるプレフィックス毎に異なるインタフェースがあるように経路制御を行う
    • 同一インタフェースであっても、異なるプレフィックスに対しては、別々に経路を広告する
    • 同一インタフェースであっても、異なるプレフィックスに対しては、別々にスプリットホライズンの処理が行われる
    • 送信パケットの送信元アドレスは、それぞれのプレフィックスに対応するアドレスを使用する