FAQ - ARP

Q

Gratuitous ARPパケットの送出タイミング(送信間隔、回数)を教えてください。

A

SEILは以下のタイミングでGratuitous ARPパケットを送出します。

  • インタフェースにアドレスが付与された
  • インタフェースがリンクアップした
  • VRRP(v2)機能で自身がマスターに遷移した

インタフェースがリンクアップした際のGratuitous ARPパケットの送出はSEIL/B1, SEIL/X1, SEIL/X2 Ver 2.60 以降で有効です。

VRRP(v2)機能のマスターに遷移した際のGratuitous ARPパケットは、遷移直後およびその約1, 2, 4, 8, 16, 32秒後にも送出します。

Q

Gratuitous ARPを送出するコマンドはありますか。

A

SEILには、Gratuitous ARPの送信を直接的に行なうコマンドはありません。ただし、インタフェースへのアドレス付与操作を行なうと、当該IPアドレスに関するGratuitous ARPを送信する実装を行なっています。

なお、SEILのVRRP機能はGratuitous ARPパケットの送信に対応しています。

Q

ARPキャッシュの保持時間を教えてください。

A

ARPによって学習したMACアドレスとIPアドレスの関連付け情報は、ARPテーブルに該当のエントリが追加されてから 1,200 秒間保持します。

ARP テーブル内の各エントリの有効期間(TTL)は show status arp で確認できます。

# show status arp
10.0.0.1 at 00:00:0E:D8:25:23 ttl=1159 on lan1
10.0.0.2 at 00:90:CC:3F:A7:9B ttl=852 on lan1
192.168.10.1 at 00:E0:4D:0C:01:12 (static) on lan0
192.168.10.20 at 00:1F:D0:9D:EB:EE ttl=175 on lan0