FAQ - SEIL/x86

Q

起動キーを複数のSEIL/x86で使いまわしても構いませんか?

A

起動キーにはSEIL/x86を識別する固有のIDが含まれるため、SEIL/x86の起動インスタンスごとに個別のものをお使いください(必要数分リクエストください)。

スタンドアロンの仮想ルータとしてご利用になる場合には起動キーが同一であっても(同一ネットワーク上に存在しても)動作上の問題はありませんが、SACMによる統合管理サービスをご利用になる場合に、個別に識別できる必要があります。

Q

LaITのWebサイトで機能キーを購入する時に「銀行振込」を選択しました。メールに「指定日までに指定の方法で支払ってください」とありますが、振込先の口座情報がわかりません。

A

ご利用月の翌月10日前後にお届けする請求書に、口座情報などが記載された「振込依頼書」が添付してあります。こちらをご利用してお振り込み下さい。

Q

SEIL/x86のvmx形式のファイルをVMware ESXi5.0上にインストールしたとき、3個以上のネットワークアダプタを追加できません。

A

VMware ESXi側の仮想マシン構成ファイルの認識に制限がある可能性があります。VMware ESXiの場合はOVFテンプレートの利用が推奨されますので、OVFテンプレート版をご利用ください。

Q

KVMの準仮想化ディスクで動作しているかどうかはどのように確認できますか?

A

show tech-support の dmesg セクションにて確認することができます。KVMの準仮想化ディスクを認識すると、show tech-support の dmesg セクションに以下のようなメッセージが表示されます:

----------[dmesg]----------
(省略)
virtio2 at pci0 dev 5 function 0
Qumranet Virtio Block Device (rev. 0x00)
ld0 at virtio2
ld0: 32768 KB, 65 cyl, 16 head, 63 sec, 512 bytes/sect x 65536 sectors
(省略)
boot device: ld0

「Qumranet Virtio Block Device」と出力されていることが確認できれば、該当ホストは準仮想化ディスクで動作していることになります。

Q

SEIL/x86でUSBモバイルデータ通信端末は利用できますか?

A

SEIL/x86は、現在のところUSBを正式サポートしていません。

モバイル関連の設定コマンド等は実験的な提供機能として利用可能ですが、モバイル端末とホスト機器の組み合わせの動作実績について公開可能な情報はありません。

接続したモバイルデータ通信端末が利用可能な状態であるかどうかの確認には、"show status dialup-device" コマンドでデバイスの認識状況を確認してください。下記のようにデバイス情報が表示されない場合は、認識されておらず使用できません(下記は120FUでの表示例です)。

また、認識される場合であっても、完全な動作は保障されません。

# show status dialup-device
foma0:
        Service Name      : NTT docomo FOMA
        Manufacturer      : ZTE CORPORATION
        Modem Id          : MF633
        Revision Id       : BD_IIJP673C1V1.0.0B07
        Serial Number     : ****
        Subscriber Number : 080-****-****
        SIM Status        : READY
        Signal Quality    : 96.88% (Level 5)
        Next Auto-Reset   : Not scheduled
        Connect Fail Count: 0 (threshold none)
        PDP Contexts      :
                cid=1  PDP_type=IP   APN=iijmobile.jp
                cid=2  PDP_type=IP   APN=iijmobile.jp

Q

VMware 上のSEIL/x86で、LANインタフェースのメディアタイプが実際と異なるようにみえます。

A

VMware 側で固定値でエミュレートされているため、実際のメディアタイプとSEIL/x86が認識するメディアタイプは必ずしも一致しません。

フレームのコリジョン等もSEIL/x86側からは観測できません。

SEIL/x86は認識したメディアタイプによらず可能な限り出力するよう動作し、実際の出力性能はホストマシンのCPUやNICに依存します。

Q

仮想マシンのCPUやメモリを追加することでメリットがありますか?

A

SEIL/x86はCPUは1個のみ認識します。処理性能はCPU1個あたりの性能の影響を受けますが、個数の影響は受けません。

メモリ搭載量が不足すると動作異常の要因になりますが、必要以上に搭載しても処理性能には影響しません。

Q

Microsoft Azure の仮想マシンでSEIL/x86を使用できますか?

A

使用できません。

Microsoft Azure の仮想マシンで動作するOSはAzureからの操作を受け付けるためのソフトウェアをインストールする必要がありますが、SEIL/x86はこれに対応していません。

(C) 2010 - 2017 Internet Initiative Japan Inc.