モバイル回線の活用

SEILは3G及び、LTEモバイルデータ通信端末を利用したインターネット接続・VPN接続が可能です。 モバイル網を利用してのネットワーク環境の構築は、回線敷設が不要なため、イベント会場の仮設店舗や、拠点の移動が頻繁にある工事現場などでの利用に最適です。

記事一覧

SEILは3G/LTEによるインターネット接続が可能です。モバイル回線のインタフェースにおいても、他のインタフェースと同様にNATやIPsecなどの各種機 能を利用できます。また、SEILはモバイル回線を安定的に利用するための再接続・接続維持機能を搭載。モバイル回線を企業WANのアクセス回線として安 心して利用できます。

モバイル回線を活用したネットワーク構築

有線ブロードバンド回線と違い、回線敷設工事が不要なモバイル回線は、イベント会場の仮設店舗や工事現場などの頻繁に移転を伴う拠点に最適です。また、有線ブロードバンド回線が届かない山間部や離島での利用にも適しています。

短期間で移転する拠点での利用

  • イベント会場や工事現場など、拠点の移動が頻繁にある場合。
  • 有線回線の敷設が予定されている場所での、臨時のネットワーク環境が必要な場合。

有線回線が届かないエリアでの利用

  • 山間部や離島など、有線回線の敷設が難しいエリアの場合。

回線の引き込みが制限される建物内での利用

  • 回線の敷設が難しいビルのショップテナントなどの場合。

WANのバックアップ回線として利用

モバイル回線をVPNのバックアップ回線としても利用可能。バックアップ用として新たに有線回線を敷設する必要がないので、低コストかつ容易にバックアップ網を構築できます。

バックアップ回線への自動切り替え

  • VPNのメイン経路の疎通を監視して、通信断を検知すると自動的にバックアップ用のモバイルデータ通信端末で発呼してバックアップ経路に切り替えます。
  • メイン回線復旧時には自動で切り戻り、無通信状態となったバックアップ用モバイル回線は自動的に切断。従量課金契約のモバイル回線を利用した低価格バックアップも可能です。

モバイル回線を安定的に利用するための再接続機能

モバイル回線を安定的に利用するために、SEILにはいくつかの再接続機能が搭載されています。

自動リセットタイマー機能

  • 長時間の連続運用や環境により、モバイルデータ通信端末の動作の不安定化や、不正な停止を防ぐ為に定期的にモバイルデータ通信端末のリセットを実行し、予防措置を取る機能です。

接続失敗カウンタ機能

  • あらかじめ設定した閾値を超えて接続が失敗した場合、モバイルデータ通信端末のリセットを実行し、再接続を試みる機能です。