HTTPプロキシ(プロキシサーバ)の設定手順

Webブラウザなどに明示的に設定して利用する、HTTPプロキシサーバとして使用する基本的な設定手順を説明します。

  1. 設定パラメータを用意する
    表 1. 用意する設定パラメータの例
    項目 備考
    待ち受けるインタフェース lan0 Webクライアントが接続されるインタフェース
    待ち受けるポート番号 8080  
    対応するプロトコル HTTP, HTTPS(SSL)  
    利用するDNSサーバ 203.0.113.1 利用する接続サービスが提供するDNSサーバなど
  2. アプリケーションゲートウェイを設定する
    # application-gateway http-proxy listen-port 8080
    # application-gateway http-proxy accept-interface lan0
    # application-gateway http-proxy enable
    # application-gateway service add HTTP mode http
    # application-gateway service add HTTPS mode ssl
    #
  3. リゾルバの設定
    # resolver address add 203.0.113.1
    # resolver enable
    #
    • 名前解決のためにリゾルバを設定する必要があります。

以上で設定は終了です。

Webブラウザが利用するプロキシサーバとして、本機のIPアドレスおよび待ち受けるポート番号を指定してください。

HTTPまたはHTTPS通信を中継するとログを記録します。"show log function application-gateway"コマンドで確認してください。

DHCPサーバ機能でWPAD(Web Proxy Auto-Discovery Protocol)URLを配布し、Webブラウザの自動設定機能を利用することもできます。