bridge interface

ブリッジインタフェースを設定する。

実行権限
admin
対象機種
SEIL/B1, SEIL/X1, SEIL/X2, SEIL/x86 Fuji, SEIL/BPV4

Syntax (グループに登録する)

bridge interface { <lan> | <vlan> | <l2tp> } group <group_name>
  [stp { on | off }] [priority <num>] [path-cost <num>]
  [port-fast { on | off }]

Syntax (グループ登録を解除する)

bridge interface { <lan> | <vlan> | <l2tp> } group none

Syntax (パラメータを変更する)

bridge interface { <lan> | <vlan> | <l2tp> }
  [stp { on | off }] [priority <num>] [path-cost <num>]
  [port-fast { on | off }]

Parameters

<lan> | <vlan> | <l2tp>
ブリッジインタフェースとするインタフェース名
group
登録先ブリッジグループ
<group_name>
ブリッジグループ名
  • "bridge group"コマンドで設定済みのブリッジグループ名を指定します
  • 登録先グループの変更はできません。一旦noneを指定し登録を解除し、再登録する必要があります
none
登録を解除する
stp
STPの使用
既定値
off
注: VLANインタフェースではSTPを使用できません("bridge interface stp on"を入力可能ですがコンフィグに反映しません)。
on
使用する
off
使用しない
priority
ポートの優先度
<num>
優先度を指定する
設定範囲 備考
0 - 255 小さい値が優先度高
system-default
既定値を使用する
既定値
32
path-cost
ポートのコスト
<num>
コストを指定する
設定範囲
1 - 65535
system-default
既定値を使用する
回線
10Base 100
100Base 19
1000Base 4
L2TPv3 55
port-fast
ポート初期化時の動作状態
既定値
off
on
Forwarding状態から開始する
off
Blocking状態から開始する

Note