フロートリンクとIPsec/IKEを併用する場合のIPsec/IKEパラメータ

VPN設定にフロートリンクを使用し、かつ、IPsec/IKEを使用する場合、IPsec/IKEのパラメータの多くは自動的に設定されます。

Table 1. IPsec/IKEの折衝で使用する調整項目
パラメータ 項目

IKEの調整項目

(IKE Phase-1)

暗号アルゴリズム AES256, AES128
認証アルゴリズム SHA-1
Diffie-Hellmanグループ(PFS: Perfect Forward Secrecy) MODP1536(グループ5)
ライフタイム(時間) 86400秒

IPsecの調整項目

(IKE Phase-2)

暗号アルゴリズム AES256, AES128
認証アルゴリズム SHA-1
ライフタイム(時間) 28800秒
PFSグループ なし
IKEの対向との調整項目 鍵交換モード メインモード
ポート番号 UDP 500
値の同一性確認の厳密さ 始動側に従う
INITIAL-CONTACTメッセージ 送信する
自己識別子 IPアドレス
相手識別子 IPアドレス
Nonce値の大きさ 16 bytes
DPD(Dead Peer Detection) 有効
受動側専用モード 使用しない
自動始動モード 有効
トンネルインタフェースモード 有効
パディング値のランダム化 有効
パディング長のランダム化 無効
ランダム化したパディング長の最大値 20 bytes
パディングの末尾のパディング長の検査 無効
パディングの末尾のパディングに自身の長さを含める 有効
再送回数 5回
再送間隔 10秒
Phase-1のタイムアウト 30秒
Phase-2のタイムアウト 30秒
1回の送信で送るパケット数 1個
DPDの送信間隔 20秒
DPDで接続断と見なす連続無応答回数 5回
IPsecセキュリティアソシエーション セキュリティプロトコル ESP有効, AH無効