IPv6 over IPv4 トンネルの設定手順

IPv4ネットワークにより隔てられた2拠点間で、トンネリング(カプセル化)によりIPv6通信を交換するIPv6 over IPv4 トンネルの設定例です。

ここでは、次のような構成のネットワークを前提に説明します。

図: 構成イメージ

表 1. ネットワーク情報. ローカル側
項目 備考
トンネル始点となるIPv4アドレス 203.0.113.1 WAN側のIPv4ネットワークに接続しているアドレス
トンネルのIPv6アドレス(プレフィックス長) 2001:DB8::1(/128) トンネルインタフェースのアドレス
ローカルネットワークのIPv6アドレス(プレフィックス長) 2001:DB8:1::1(/64) LAN側ネットワークのアドレス
表 2. ネットワーク情報. リモート側
項目 備考
トンネル終点となるIPv4アドレス 203.0.113.2 WAN側のIPv4ネットワークに接続しているアドレス
トンネルのIPv6アドレス(プレフィックス長) 2001:DB8::2(/128) トンネルインタフェースのアドレス
リモートネットワークのIPv6アドレス(プレフィックス長) 2001:DB8:2::1(/64) LAN側ネットワークのアドレス
注:
  • トンネルインタフェースには、LAN側ネットワークと重複しないIPv6ネットワークのアドレスを割り当てます(トンネル接続サービスを利用する場合はISPから指定されたアドレスを使用します)。
  • それぞれの拠点は固定のIPv4アドレスで疎通が取れる状態であるものとします。
  • LAN側インタフェースとしてlan0を使用するものとします。
  1. LAN側インタフェースを設定する
    # interface lan0 address 2001:DB8:1::1/64
    #
    • LAN側インタフェース(lan0)にIPv6ネットワークのアドレスを設定します。
    注: IPv6アドレスの設定により、IPv4アドレス(別途設定されている場合)が変更・削除されることはありません。
  2. IP-IPトンネルインタフェースを設定する
    # interface tunnel0 tunnel 203.0.113.1 203.0.113.2
    # interface tunnel0 address 2001:DB8::1/128 remote 2001:DB8::2
    #
    • トンネルを構成するため、tunnelキーワードに続いてトンネルの始点と終点のIPv4アドレスを指定します。
    • トンネルインタフェースでIPv6通信を行うため、addressキーワードでローカル側のIPv6アドレス、及びリモート側のIPv6アドレスを指定します。
    注:
    • 対向側を設定する場合はアドレスを読み替えてください。
    • この段階でSEIL同士の疎通(ping等)は可能となります。
  3. リモートネットワーク向けの経路を設定する
    # route6 add 2001:DB8:2::/64 tunnel0
    #
    • リモートネットワークへの経路を、設定したトンネルインタフェースへ向けます。

以上で設定は終了です。

ローカルネットワーク内の端末とリモートネットワーク内の端末のIPv6通信が可能となることを確認してください。

注: LAN内端末のIPv6グローバルアドレスやゲートウェイを自動設定するにはルータ広告の設定が必要です。