スループットの測定

2つの拠点にそれぞれ設置されたSEIL間のネットワークのスループットを測定することができます。

測定には、サーバ側及びクライアント側それぞれにSEILが設置されている必要があります。

測定内容

測定方式

測定はサーバ/クライアント方式で行います。サーバ/クライアントとしてそれぞれ1台のSEILを使用します。

同時に複数のサーバまたはクライアントを使用する測定はサポートしていません。

クライアント/サーバ間で送受信する測定用トラフィックの量に応じて、実行時のCPU負荷が変動します。

サーバ側
測定の待ちうけポート番号は5001
動作開始後、1回の測定が終了すると自動的にサーバ動作を停止する
クライアント側
サーバに向けて測定用トラフィックを送信する
測定時のパラメータとして以下の項目を指定可能
  • 測定用トラフィックに用いる UDP データグラムのペイロード長
  • 測定用トラフィックの送信時間
  • 測定用トラフィックの送出レート
  • 測定用トラフィックの送信先アドレス
  • 測定用トラフィックの送信元アドレス
ユーザが指定したパラメータで測定を行う前に、サーバの存在を確認する為の測定 (試験測定) を行う。
  • 試験測定では、1 秒間、20 kbps の送出レートでトラフィックを送出する。
  • 試験測定でサーバの存在が確認できない場合には測定を中止する。

測定用トラフィック

測定用トラフィックには UDP プロトコルを使用します。

測定用トラフィックは帯域制御/優先制御機能の対象となります。

本機能の実装について

NLANR/DAST製のIperfの実装をベースにしています。