スループットの測定

2つの拠点に設置されたSEIL間のネットワークのスループットを測定することができます。

測定には、サーバ側及びクライアント側それぞれにSEILが設置されている必要があります。

注: 機種の組み合わせにより互換性がありません。ここではSEIL/X4のスループット測定機能について説明します。
表 1. 互換性がある組み合わせ同じ行の機種と互換性があります
サーバ クライアント ベース実装
SEIL/X1, X2, B1, x86 Fuji, BPV4 SEIL/X1, X2, B1, x86 Fuji, BPV4 Iperf2 (NLANR/DAST)
SEIL/X4 SEIL/X4 Iperf3 (ESnet/Lawrence Barkeley National Laboratory iperf 3.1.7)

測定内容

  • ネットワークのスループット(bps)、ジッター(ms)、及びドロップ率 (%)が測定できます。
    • ジッターの計算方法はRFC1889に準拠します。
    • リオーダが発生したパケットはドロップと見なします。

測定方式

測定はサーバ/クライアント方式で行います。サーバ/クライアントとしてそれぞれ1台のSEILを使用します。

同時に複数のサーバまたはクライアントを使用する測定はサポートしていません。

クライアント/サーバ間で送受信する測定用トラフィックの量に応じて、実行時のCPU負荷が変動します。

サーバ側
測定の待ちうけポート番号は5001(UDP)
測定の待ち受けポート番号は5021(UDP/TCP)
動作開始後、1回の測定が終了すると自動的にサーバ動作を停止する
クライアント側
サーバに向けて測定用トラフィックを送信する
測定時のパラメータとして以下の項目を指定可能
  • 測定用パケットのペイロード長
  • 測定用トラフィックのバッファ長
  • 測定用トラフィックの送信時間
  • 測定用トラフィックの送出レート
  • 測定用トラフィックの送信先アドレス
  • 測定用トラフィックの送信元アドレス
  • 測定用トラフィックの方向(Upload/Download)
  • 測定用トラフィックのプロトコル(UDP/TCP)
ユーザが指定したパラメータで測定を行う前に、サーバの存在を確認する為の測定 (試験測定) を行う。
  • 試験測定では、1 秒間、20 kbps の送出レートでトラフィックを送出する。
  • 試験測定でサーバの存在が確認できない場合には測定を中止する。

測定用トラフィック

測定用トラフィックは帯域制御/優先制御機能の対象となります。