アカウントリストの書式

認証機能機能で使用する外部アカウントリストファイルの書式

アカウントリスト認証レルムで使用するアカウントリストは、CSV(RFC4180)ファイルとして記述します。

記述例


"User-Name","User-Password","Framed-IP-Address","Framed-IP-Netmask","(Description)"
"username1","password1","172.16.1.101"
"username2","password2","172.16.1.102"
"username3","password3","172.17.0.1","255.255.255.128","Osaka Branch"
"username4","password4"

説明

アカウントはレコード(行)として記述し、各フィールド(列)は以下に示すアカウントの属性を記述します。

表 1. アカウントリストのフィールド
フィールド アカウントの属性 説明 入力形式と長さ
第1フィールド User-Name ユーザ名 ASCII 0x20~0x7E. 1~32文字
第2フィールド User-Password パスワード ASCII 0x20~0x7E. 0~64文字
第3フィールド Framed-IP-Address 割り当てるIPアドレス .(ピリオド)区切りの10数表現
第4フィールド Framed-IP-Netmask 割り当てるIPアドレスに対するネットマスク .(ピリオド)区切りの10数表現
第5フィールド - コメント ASCII 0x20~0x7E.
第6フィールド以降 (未定義)予約    
  • 最初のレコード(1行目) は、タイトル行として無視されます
  • User-Name(第1フィールド)の入力が省略された場合や、空のフィールドだった場合には、レコード(行)全体が無視されます
  • アカウントリストの最大サイズは、256K(262,144)バイトです。最大サイズを越えたファイルは取得時にエラーとなります
  • User-Name が重複するレコードがあった場合、最初のレコードを使用します
  • 第2フィールド以降は省略可能です。フィールドが空または存在しない場合は省略したものとし、該当の属性値が不要なユーザとして扱います
  • 第6フィールド以降は、将来の拡張のための予約フィールドです
  • アカウントリストファイルの改行コードはCR+LFである必要があります