Windows 7のVPN(L2TP/IPsec)設定手順

Windows 7のVPN機能を利用して、SEILで動作するリモートアクセスサーバ(L2TP/IPsec)へアクセスする基本的な設定手順を説明します。

  1. 設定パラメータを用意する
    表 1. 用意する設定パラメータの例
    項目 備考
    インターネットアドレス vpn.example.jp リモートアクセスサーバ(SEIL)のホスト名またはIPアドレス
    ユーザー名 user_a@example.jp 認証レルムに登録されているユーザ名(@以降はサフィックスが設定されている場合のみ)
    パスワード PASSWORD 認証レルムに登録されているパスワード
    事前共有キー SecretKey L2TP/IPsec簡易設定にて設定した事前共有鍵
  2. コントロールパネルを開きネットワークとインターネットを選択する
  3. ネットワークと共有センターを選択する
  4. 新しい接続またはネットワークのセットアップを選択する
  5. 職場に接続しますを選択し、次へをクリックする
  6. インターネット接続(VPN)を使用しますを選択する
  7. 下記を設定し、次へをクリックする
    1. インターネットアドレスに用意したアドレスを入力
    2. 今は接続しない。にチェック
  8. 下記を設定し、作成をクリックする
    1. ユーザー名に用意したユーザー名を入力
    2. ここでのパスワードの入力及び記憶は任意
  9. 閉じるをクリックする

事前共有鍵の設定

  1. ネットワークと共有センターからアダプター設定の変更を選択する
  2. VPN接続を選択し、この接続の設定を変更するをクリックする
  3. 下記を設定する
    1. セキュリティタブを開く
    2. VPNの種類IPsecを利用したレイヤー2トンネリングプロトコル(L2TP/IPsec)を選択
    3. 詳細設定をクリック
  4. 下記を設定し、OKを2つクリックし、設定ダイアログを閉じる
    1. 認証に事前共有キーを使うを選択
    2. キーに用意した事前共有鍵を入力

VPN接続の開始

  1. VPN接続を選択し、この接続を開始するをクリックする
  2. ユーザー名パスワードを入力し、接続をクリックする