サポート情報の一括取得

トラブルシュート時の状況解析のための情報として、内部ステータスを含む各種の動作情報を一括で取得する機能を提供します。

SEILシリーズの運用時の動作取得の手段としては "show" コマンドによりシステム情報やログ、及び各種のステータス情報を随時個別に取得できますが、 サポート情報一括取得のための "report-to" コマンドを使用すると、"show"コマンドでの参照手段が提供されていない内部プロセスの動作情報を含む多くの情報を 一度の操作でまとめて取得することができます。

コマンド概要

report-to
サポート情報を一括出力します。リモートサーバへの送信(remote)、ストレージデバイスへの保存(storage)、または標準出力への表示(stdout)が可能です。
show tech-support
report-toコマンドで出力される内容を、コマンドシェル上で参照します。
注: showコマンドではページング機能により規定行数ごとに出力が一時停止します。 ターミナルソフトウェアのログ取得機能で情報を取得する場合は、ページング機能の続行を促すメッセージがノイズとなりますので、"report-to stdout" コマンドの利用を推奨します。 (ページング機能をoffにした場合は同等の内容となります)

サポート情報に含まれる内容

以下の情報を一括で取得します。

  • システム情報("show system" 相当)
  • コンフィグ("show config" 相当)
  • ログ("show log" 相当)
  • ARP("show status arp" 相当)
  • NDP("show status ndp" 相当)
  • 経路("show status route,route6" 相当、他)
  • 起動ログ
  • ネットワークステータス
  • プロセス動作情報
  • 統計情報
注:
  • コンフィグには設定内容によりパスワードや鍵情報等が含まれますので、取得した情報の取り扱いにご注意ください。