リゾルバの設定手順(ホスト名データベース)

SEIL自身が、定義されたホスト名データベースにより名前解決を行うためのリゾルバ設定の手順を説明します。

pingコマンドの実行やコンフィグを記述する際に、<URL>や<hostname>を指定する場合、SEIL自身が名前解決を行うために、リゾルバを設定する必要があります。

ホスト名データベースを定義すると、DNS登録されていないホストについても名前解決可能になります。

  1. 設定パラメータを用意する
    表 1. 用意する設定パラメータの例
    項目 備考
    登録するホストのホスト名 host.example.jp  
    登録するホストのIPアドレス 172.16.1.1  
  2. リゾルバの設定
    # resolver host-database add host.example.jp address 172.16.1.1
    # resolver enable
    # 
    • 用意したホスト名とIPアドレスが対になるよう設定し、リゾルバを有効化します。

設定手順は以上です。