IPv4静的ルーティング 設定例

IPv4静的ルーティング機能を用いる場合の設定例

IPv4静的ルーティング機能の設定例について解説します。

静的ルーティングを設定するコマンドは次のような書式になります。

route add <destination network> <nxthop>

  1. デフォルト経路を 192.168.0.100 に設定する場合
    route add default 192.168.0.100
  2. ネクストホップにインタフェース名を指定する場合
    route add 10.0.0.0/24 pppoe0

SEILの静的ルーティングでは、各ルーティングプロトコルに対する重みづけ情報として distance を設定することができます。

  1. distance を設定する場合

    次のようにネクストホップに続けて "distance (distance値)"を指定します。

    route add default 10.0.0.254 distance 10

    静的ルーティングのディスタンス値は、デフォルトは 1 になります。動的ルーティングプロトコルのディスタンス値についてはリファレンスを参照してください。