コンフィグのバックアップ(Secure Shellのリモートコマンド実行からファイルへのリダイレクト)

Secure Shellのリモートコマンド実行機能を利用し、標準出力へのコンフィグ出力をファイルにリダイレクト保存する手順を説明します。

  1. Secure Shellでリモートコマンドを実行する
    $ ssh -t admin@192.168.0.1 'save-to stdout' > config.txt
    The authenticity of host '192.168.0.1 (192.168.0.1)' can't be established.
    RSA1 key fingerprint is 72:7c:cb:d9:30:28:c8:8e:30:7f:f2:3d:44:af:bc:bc.
    Are you sure you want to continue connecting (yes/no)? yes
    Warning: Permanently added '192.168.0.2' (RSA1) to the list of known hosts.
    admin@192.168.0.1's password:
    Connection to 192.168.0.1 closed.
    $
    • ユーザ名は"admin"を指定します
    • IPアドレス(またはホスト名)は接続先のSEILに、ファイル名は任意に置き換えてください
    • SEILの管理者権限のパスワードを入力すると、'save-to stdout'コマンドの実行結果(コンフィグの内容の出力)がファイル(config.txt)にリダイレクトされます。
  2. ファイルを確認する
    $ ls -l config.txt
    -rw-rw-r-- 1 user user 21930 Dec 14 12:42 config.txt
    $
注: 保存したコンフィグはプレーンテキストであり、内容には設定されている各種パスワードや鍵等の情報が含まれますので、取り扱いにご注意ください。