show status ntp

NTPの動作状況を参照する。

実行権限
admin, user
対象機種
SEIL/B1, SEIL/X1, SEIL/X2, SEIL/x86 Fuji, SEIL/BPV4
show status ntp

実行例

function info:
        mode:  server

host info:
        status:   synchronized
        stratum:  3
        offset:   0.310ms
        jitter:   0.632ms

peer info:
     remote           refid      st t when poll reach   delay   offset  jitter
==============================================================================
+210.173.160.27  133.243.236.17   2 u  512 1024  377    6.451    0.526   0.341
*210.173.160.57  172.16.176.60    2 u  592 1024  377    6.119    0.929   0.712
 192.168.0.103   .INIT.          16 u    -   64    0    0.000    0.000 4000.00

説明

function info:
項目 項目の意味
mode: NTPの動作モード
server
NTPサーバモード
client
NTPクライアント
host info:
項目 項目の意味
status: 上位NTPサーバとの同期状態
not synchronized
上位のNTPサーバと同期していない
synchronized
上位のNTPサーバと同期した
stratum: 自身のNTPストレータム数
  • 上位NTPサーバが2であれば、SEILは3になる
offset: 時刻のずれの大きさ(ミリ秒)
jitter: 時刻のずれの分散(取得した情報の均一さ)(ミリ秒)
peer info:
項目 項目の意味
remote 参照先NTPサーバ。条件により行頭に符号が付加される
*
現在参照しているサーバ
+
良好なサーバ
refid NTPサーバ自身の時刻参照先またはステータス。ストレータム数が1のNTPサーバの場合には文字列で表示される場合がある
IPアドレス
参照先NTPサーバ
.INIT.
時刻情報を参照できない状態
st NTPサーバのNTPストレータム数
t タイプ
u
unicastクライアント
b
bloadcastクライアント
when 前回のポーリングからの経過時間(秒)
poll ポーリング間隔(秒)
  • NTPサーバとの通信状況に応じて変動する
reach 最近8回のポーリングの結果を記録する8進数値(377は最近の8回すべて成功を示す)
delay 通信遅延の大きさ(ミリ秒)
offset: 時刻のずれの大きさ(ミリ秒)
jitter: 時刻のずれの分散(取得した情報の均一さ)(ミリ秒)
ヒント:
reachの値について
表示された8進数値を2進数に換算すると過去8回のポーリング成否を判別しやすくなります。
reachの値 2進数換算値 ポーリング成否
377 1111 1111 最近の8回すべて成功
3 0000 0011 最近の2回のみ成功
370 1111 1000 最近の3回は失敗
  • 最新の結果が1桁目になります。