show status route6 dynamic ospf

OSPFv3プロセスが保持している経路情報について参照する。

実行権限
admin, user
対象機種
SEIL/B1, SEIL/X1, SEIL/X2, SEIL/x86 Fuji, SEIL/BPV4
show status route6 dynamic ospf [detail]
detail
詳細情報について表示

実行例

# show status route6 dynamic ospf
Destination                    Gateway                   Interface  Cost
2001:db8:0:1::/64              -                         lan1          1
2001:db8:0:2::/64              fe80::123:4567:89ab:cdef  lan1         20

Note

ospfプロセスが保持している経路情報について表示します。オプション "detail" を付けると、詳細な情報が表示されます。各表示項目については、以下の通りです。
  • Destination
    • 宛先ネットワーク
  • Gateway
    • ゲートウェイ(ネクストホップ)アドレス
  • Interface
    • インタフェース名
  • Cost
    • 経路のコスト値(External Type2の場合は経路生成元で付与された値)
"detail"オプションでの表示項目については、以下の通りです。
  • Area
    • エリア
  • AdvRouter
    • 経路生成元のルータID
  • DestType
    • Network
      • ネットワーク
  • PathType
    • Inter-Area
      • Inter Area(エリア間経路)
    • Intra-Area
      • Intra Area(エリア内経路)
    • External-1
      • External Type1
    • External-2
      • External Type2
  • Installed
    • 経路生成からの経過時間
  • Changed
    • 前回の経路状態変化からの経過時間