show status route6 dynamic ospf interface

OSPFv3プロセスが動作中のインタフェース情報を参照する。

実行権限
admin, user
対象機種
SEIL/B1, SEIL/X1, SEIL/X2, SEIL/x86 Fuji, SEIL/BPV4
show status route6 dynamic ospf interface [<interface> | detail]
<interface>
インタフェース名
detail
詳細情報について表示

実行例

# show status route6 dynamic ospf interface
Interface  Area             Cost State        DR(ID)          BDR(ID)
vlan1      0.0.0.1             1 DR           0.0.0.4         0.0.0.5
vlan2      0.0.0.0            10 BDR          0.0.0.3         0.0.0.5

Note

ospfプロセスが動作中のインタフェース情報について表示します。オプション "detail" を付けると、詳細な情報が表示されます。各表示項目については、以下の通りです。
  • Interface
    • インタフェース名
  • Area
    • 所属エリア
  • Cost
    • OSPFコスト値
  • State
    • Down
      • Down
    • Loopback
      • Loopback
    • Waiting
      • Waiting
    • PointToPoint
      • Point To Point
    • DROther
      • DR Other
    • BDR
      • Backup
    • DR
      • DR
  • DR(ID)
    • Designated Router のルータID
  • BDR(ID)
    • Backup Designated Router の ルータID
"detail"オプションでの表示項目については、以下の通りです。
  • Type
    • インタフェースの種別
    • BROADCAST, POINTOPOINT, NBMA, POINTOMULTIPOINT, VIRTUALLINK, LOOPBACK
  • Address
    • アドレス, ネットマスク長
  • Nbr-count
    • ネイバの総数
  • Adj-count
    • Adjecencyの総数
  • Priority
    • Routerプライオリティ値
  • TransmitDelay
    • OSPFパケットを送信するのに必要な遅延時間(sec)
  • HelloTimer
    • Helloインターバル(sec)
  • DeadTimer
    • Deadインターバル(sec)
  • WaitTimer
    • Interfaceが Waiting状態から抜けるまでのタイマ(sec)
  • RexmitTimer
    • LSA再送までの待ち時間(sec)
  • HelloDueIn
    • 前回Helloを送信してからの経過時間