show status rtadvd

ルータ広告(ルータ通知)の動作情報を参照する。

実行権限
admin, user
対象機種
SEIL/B1, SEIL/X1, SEIL/X2, SEIL/x86 Fuji, SEIL/BPV4
show status rtadvd

実行例

# show status rtadvd
lan0:
  Interface Status: UP
  Last RA sent: Wed Mar  7 05:01:58 2001
  Next RA will be sent: Wed Mar  7 05:02:14 2001
  VRRPv3: NONE (not configured)
  Cancel out unknown RAs (anti-rogue): OFF
  waits: 0, initcount: 2
  statistics: RA(out/in/inconsistent): 5/0/0, RS(input): 0
  Link-layer address: xx:xx:xx:xx:xx:xx
  DefaultLifetime: 1800, MaxAdvInterval: 600, MinAdvInterval: 200
  Flags: (none), Preference: medium, MTU: (none)
  ReachableTime: 0, RetransTimer: 0, CurHopLimit: 64
  Prefixes:
    2001:DB8::/64(CONFIG, vltime: 2592000, pltime: 604800, flags: LA)

説明

項目 項目の意味
Interface Status インタフェースの動作状況
Last RA sent ルータ広告を最後に送信した日時
Next RA will be sent 次回のルータ広告を送信する予定日時
VRRPv3 VRRPv3の動作状況
Cancel out unknown RAs (anti-rogue) ルータ広告打消し機能の動作状況
waits 応答待ち数
initcount 初期化回数
statistics: RA(out/in/inconsistent) ルータ広告の統計情報(送信数/受信数/不整合なルータ広告数)
RS(input) ルータ要請の受信数
Link-layer address リンク層のアドレス
DefaultLifetime ルータ広告で広告するルータ生存時間
MaxAdvInterval ルータ広告を送信する最大送信間隔
MinAdvInterval ルータ広告を送信する最小送信間隔
Flags ルータ広告のフラグ情報
MO
管理フラグ・広告外情報取得フラグを設定
M
管理フラグのみ設定
O
広告外情報取得フラグのみ設定
Preference 優先度
MTU ルータ広告で広告するMTU値
ReachableTime ルータ広告で広告する到達性情報の有効期限
RetransTimer ルータ広告で広告する制御情報の再送間隔
CurHopLimit ルータ広告で広告するホップ限界の値
Prefixes プレフィックス情報(取得元、プレフィックス、最終有効期間、推奨有効期間、ルータ広告フラグ)