サポートするMIB

SEILのSNMPがサポートするMIBについて

OID OID 概要 RFC MIB
iso(1).org(3).dod(6).internet(1).mgmt(2).mib-2(1) system(1) 機種・連絡先・設置場所・対応している機能等の管理上の情報 RFC:1213 MIB-II
interfaces(2) 入出力パケット数、リンクup/down状態等のインタフェース情報 RFC:1213 MIB-II
at(3) アドレス変換テーブル(ARP) RFC:1213 MIB-II
ip(4) RFC:1213 MIB-II
icmp(5) RFC:1213 MIB-II
tcp(6) IPv4・IPv6 TCPの統計情報およびIPv4 TCPのソケット情報 RFC:1213 MIB-II
udp(7) IPv4 UDPの統計情報およびIPv4 UDPのソケット情報 RFC:1213 MIB-II
snmp(11) SNMPでのリクエスト数等の情報 RFC:1213 MIB-II
host(25) ホストのリソース情報 RFC:2790 MIB-II
ifMIB(31) インタフェースの情報 RFC:2863 MIB-II
ipv6MIB(55) IPv6インタフェース情報,インタフェース毎のIPv6パケット入出力情報 RFC:2465 IPv6 MIB
ipv6IcmpMIB(56) IPv6インタフェース毎のICMPv6パケット入出力情報 RFC:2466 IPv6 MIB

MIBの紹介

システム情報

表 1. 関連する主なMIB
OID ノード名 説明 値の例
1.3.6.1.2.1.1.1 sysDescr システム概要(機種・ファームウェアバージョン) STRING: "SEIL/X1 ver 5.40 (WallofJericho)"
1.3.6.1.2.1.25.1.1 hrSystemUptime システム稼働時間 Timeticks: (546509224) 63 days, 6:04:52.24

メモリ使用量

表 2. 関連する主なMIB
OID ノード名 説明 値の例
1.3.6.1.2.1.25.2.2.0 hrMemorySize(.0) メインメモリの搭載量 (KBytes) INTEGER: 2082924
1.3.6.1.2.1.25.2.3.1.2.1 hrStorageType(.1) ストレージタイプ OID: iso.3.6.1.2.1.25.2.1.2 (hrStorageRam: RAM)
1.3.6.1.2.1.25.2.3.1.3.1 hrStorageDescr(.1) ストレージタイプの説明 STRING: "Physical memory"
1.3.6.1.2.1.25.2.3.1.4.1 hrStorageAllocationUnits(.1) ストレージのアロケーションユニット(bytes) INTEGER: 4096
1.3.6.1.2.1.25.2.3.1.5.1 hrStorageSize(.1) ストレージのサイズ(ユニット数) INTEGER: 520731
1.3.6.1.2.1.25.2.3.1.6.1 hrStorageUsed(.1) ストレージの使用量(ユニット数) INTEGER: 54407
メモリの使用量はストレージの情報から計算する必要があります。
メモリ使用量
ストレージの使用量 × アロケーションユニット
54407 * 4096 = 222851072 (212MB)
メモリ使用率
ストレージの使用量 ÷ ストレージのサイズ × 100
54407 / 520731 * 100 ≒ 10.44(%)

CPU使用率

表 3. 関連する主なMIB
OID ノード名 説明 値の例
1.3.6.1.2.1.25.3.3.1.2.768 hrProcessorLoad(.768) CPU使用率(%) INTEGER: 5
CPU使用率は、最近の60秒間の idle でなかった時間の割合です。サンプリング間隔は5秒です。
注: SEIL/BPV4は4コアCPUを搭載していますが、hrProcessorLoadの値は全コアの平均値です。コアごとの値は取得できません。

インタフェースの統計情報

インタフェースの統計情報を取得するには、まずインタフェースのifIndex値を知る必要があります。
注:
  • ifIndex の値とインタフェース名の対応は機種ごとに異なるため、MIBを取得して確認する必要があります。
  • 仕様変更によりインタフェース数が変化したとき、ifIndexの値が変わる場合があります。
表 4. インタフェース名に関連する主なMIB
OID ノード名 説明 値の例
1.3.6.1.2.1.2.2.1.1 ifIndex 有効なインタフェースのifIndex(インデックス番号)を含むMIBのリスト
iso.3.6.1.2.1.2.2.1.1.1 = INTEGER: 1
iso.3.6.1.2.1.2.2.1.1.2 = INTEGER: 2
iso.3.6.1.2.1.2.2.1.1.3 = INTEGER: 3
iso.3.6.1.2.1.2.2.1.1.4 = INTEGER: 4
iso.3.6.1.2.1.2.2.1.1.5 = INTEGER: 5
iso.3.6.1.2.1.2.2.1.1.294 = INTEGER: 294
iso.3.6.1.2.1.2.2.1.1.295 = INTEGER: 295
iso.3.6.1.2.1.2.2.1.1.296 = INTEGER: 296
iso.3.6.1.2.1.2.2.1.1.304 = INTEGER: 304
1.3.6.1.2.1.2.2.1.2 ifDescr 有効なインタフェースのifIndexに対応するインタフェース名
iso.3.6.1.2.1.2.2.1.2.1 = STRING: "lan0"
iso.3.6.1.2.1.2.2.1.2.2 = STRING: "lan1"
iso.3.6.1.2.1.2.2.1.2.3 = STRING: "lan2"
iso.3.6.1.2.1.2.2.1.2.4 = STRING: "lo0"
iso.3.6.1.2.1.2.2.1.2.5 = STRING: "discard"
iso.3.6.1.2.1.2.2.1.2.294 = STRING: "ipsec0"
iso.3.6.1.2.1.2.2.1.2.295 = STRING: "ipsec1"
iso.3.6.1.2.1.2.2.1.2.296 = STRING: "ipsec2"
iso.3.6.1.2.1.2.2.1.2.304 = STRING: "ipsec10"

確認したifIndex値を含むOIDを指定してMIBを取得します。

表 5. インタフェースのステータスに関連する主なMIB
OID ノード名 説明
1.3.6.1.2.1.2.2.1.4.<ifIndex> ifMtu MTU
1.3.6.1.2.1.2.2.1.5.<ifIndex> ifSpeed リンク速度
1.3.6.1.2.1.2.2.1.6.<ifIndex> ifPhysAddress, ifPhyAddress MACアドレス
1.3.6.1.2.1.2.2.1.8.<ifIndex> ifOperStatus リンク状態(1:リンクアップ、2:リンクダウン)
1.3.6.1.2.1.2.2.1.13.<ifIndex> ifInDiscards 入力時の破棄回数
1.3.6.1.2.1.2.2.1.14.<ifIndex> ifInErrors 入力エラーの回数
1.3.6.1.2.1.2.2.1.15.<ifIndex> ifInUnknownProtos プロトコルが不明なパケットの入力数
1.3.6.1.2.1.2.2.1.19.<ifIndex> ifOutDiscards 出力時の破棄回数
1.3.6.1.2.1.2.2.1.20.<ifIndex> ifOutErrors 出力エラーの回数
1.3.6.1.2.1.2.2.1.21.<ifIndex> ifOutQLen 出力キューの長さ
1.3.6.1.2.1.31.1.1.1.6.<ifIndex> ifHCInOctets 入力したオクテット数
1.3.6.1.2.1.31.1.1.1.7.<ifIndex> ifHCInUcastPkts 入力したユニキャストパケット数
1.3.6.1.2.1.31.1.1.1.8.<ifIndex> ifHCInMulticastPkts 入力したマルチキャストパケット数
1.3.6.1.2.1.31.1.1.1.9.<ifIndex> iifHCInBroadcastPkts 入力したブロードキャストパケット数
1.3.6.1.2.1.31.1.1.1.10.<ifIndex> ifHCOutOctets 出力したオクテット数
1.3.6.1.2.1.31.1.1.1.11.<ifIndex> ifHCOutUcastPkts 出力したユニキャストパケット数
1.3.6.1.2.1.31.1.1.1.12.<ifIndex> ifHCOutMulticastPkts 出力したマルチキャストパケット数
1.3.6.1.2.1.31.1.1.1.13.<ifIndex> ifHCOutBroadcastPkts 出力したブロードキャストパケット数
注:
  • 入出力したパケットに関する値はエラーや破棄されたパケットを含みません。
  • SNMPマネージャからの問い合わせに対して応答内容を一時的にキャッシュするため、一度値が取得されると、30秒間は同じ値を応答します。