コマンドインタフェースからファームウェアを更新する手順(任意のリモートサーバを使用する)

ネットワーク上の任意のリモートサーバに設置されたファームウェアイメージをダウンロードし、更新する手順を説明します。

  1. updateコマンドを実行する
    # update firmware http://192.168.0.2/b1-390.img
    total 7161740 bytes
    running version: 3.75 (Saraband)
    update version:  3.90 (Mussette)
    write to flash ROM?[y/N] y
    erasing 7161595/7161595
    done.
    writing 7161595/7161595
    done.
    #
    注: ファームウェアの更新は数分程度かかります。故障の原因となりますのでファームウェア更新処理中に装置の電源を落とさないでください。
    • updateコマンドは、フラッシュメモリ上のファームウェア領域を書き換えます。更新後のファームウェアは、次回以降の再起動時に読み込まれます。
  2. 再起動する
    # reboot
    Really reboot system now?[y/N] y
    rebooting...
    • 新しいファームウェアを適用するため、任意のタイミングで再起動してください。
  3. バージョンを確認する
    # show system version
    SEIL/B1 IPL Monitor version 1.00
    SEIL/B1 Ver. 3.90 (Mussette)
    • ログインし、バージョンを確認してください。

以上でファームウェア更新手順は完了です。