VMware環境でLANインタフェースのpromiscuousモードが必要な機能を使用する場合の注意

ブリッジやL2TPv3、tcpdumpといった機能は、その性質上「自分宛以外のMACを受信する」動作を行います。 このため、LANインタフェース(VMware上の仮想スイッチ)が promiscuousモードで動作する必要があります。

VMwareの仮想スイッチはデフォルトで promiscuousモードが無効であることが確認されています。 次の機能を使用する場合は、VMwareの仮想スイッチのpromiscuousモード(無差別モード)を有効化してください

promiscuousモードの有効化手順

仮想スイッチのプロパティにて、セキュリティ > 無差別モード の値に「拒否」が設定されている場合には「承諾」に変更してください。

注: SEILをブリッジとして構成する場合は、同一の仮想ネットワークを構成する全ての仮想スイッチで設定が必要です