Windows 8.1のVPN接続時のデフォルトゲートウェイを変更する

Windows 8.1からSEILへVPN接続するとき、デフォルトゲートウェイにVPN接続を使用しない設定方法を紹介します。経路を個別に設定する必要があるため、Windowsおよびネットワーク設定に関する知識を有する上級者向けの方法となります。

  1. デスクトップ画面で「設定」チャームを開き、「コントロールパネル」をクリック(タップ)する
    • 「コントロールパネル」が表示されます。
  2. 「ネットワークとインターネット」をクリック(タップ)する
  3. 「ネットワークと共有センター」をクリック(タップ)する
  4. 「アダプター設定の変更」をクリック(タップ)する
    • 「ネットワーク接続」が表示されます。

  5. 「VPN 接続」を選択し、「この接続の設定を変更する」をクリック(タップ)する
    • 「VPN 接続のプロパティ」が表示されます。
  6. 「ネットワーク」タブを表示し、「インターネットプロトコル バージョン4」の「プロパティ」をクリック(タップ)する
    • 「詳細プロパティ」が表示されます。
  7. 「詳細設定」をクリック(タップ)する
    • 「詳細プロパティ」が表示されます。
  8. 「リモートネットワークでデフォルトゲートウェイを使う」のチェックを外す
    • 入力後、「OK」をクリック(タップ)し設定ダイアログを閉じてください。
    • 「ネットワーク接続」に戻ります。