DHCP接続の設定手順(IPv4アドレス自動取得)

CATV回線やYahoo!BBなどの、DHCPにより接続を提供されるサービスを利用する設定手順を説明します。

  1. WAN側インタフェースをDHCPクライアントとして設定する
    # interface lan1 address dhcp
    #
    • WAN側インタフェースとしてlan1インタフェース(LAN1ポート)を使用します
  2. 経路を設定する
    # route add default dhcp
    # route delete default pppoe0
    #
    • ここではデフォルト経路をDHCPで取得したゲートウェイに向けています。
    • 工場出荷状態設定されているpppoe0インタフェース向けのデフォルト経路を削除します(PPPoE設定が無い状態では実害はありません)。
  3. NAPTを設定する
    # nat napt add private 192.168.0.0-192.168.255.255 interface lan1
    #
    • 工場出荷状態ではpppoe0インタフェースでのNAPTのみ設定されているため、lan1インタフェースでNAPTを適用する設定を追加します。

以上で設定は終了です。網終端装置(モデムやセットトップボックス)にLAN1ポートを接続すると、自動的にIPアドレスを取得します。

必要に応じてDHCP等の設定を追加してください。