ハードウェアリビジョン

リビジョンごとに使用可能なファームウェアの対応を示します。

SEILシリーズは部品調達の情勢に応じて実装部品を変更した際にハードウェアリビジョンを更新しますが、 変更の内容によって従来のファームウェアが使用できなくなる場合があります。
注: 対応バージョンよりも古いバージョンのファームウェアはインストールできませんのでご注意ください。

SEIL/X1

ハードウェアリビジョン 対応ファームウェアバージョン 変更内容
Rev.A ver. 1.00以降
Rev.B ver. 1.40以降
  • CPU部品を変更
Rev.C ver. 1.40以降
  • フラッシュROM部品を変更
Rev.D ver. 3.70以降
  • フラッシュROM部品を変更
  • RAM搭載量を128MBから256MBに変更

SEIL/X2

ハードウェアリビジョン 対応ファームウェアバージョン 変更内容
Rev.A ver. 1.00以降
Rev.C ver. 1.40以降
  • フラッシュROM部品を変更

SEIL/B1

ハードウェアリビジョン 対応ファームウェアバージョン 変更内容
Rev.A ver. 1.00以降
Rev.B ver. 1.00以降
  • ISDNコントローラ部品を変更