ファームウェアとモジュール

システムソフトウェア(OS)であるファームウェアと、SMFv2におけるモジュールについて。

ファームウェアとは
ファームウェアとは一般に電子機器に組み込まれたコンピュータシステム(ハードウェア)を制御するためのソフトウェアを指します。本装置はOSやアプリケーションなど様々なソフトウェアコンポーネントを組み込んでいますが、個別のインストール・アンインストールに対応せずソフトウェアシステム全体を一つのパッケージ(ディスクイメージ)として配布することから、これをファームウェアと呼びます。
モジュールとは
本ドキュメントにおけるモジュールとは、SMFv2システムにおけるサービスアダプタの機能管理単位を指します。SMFv2システムは、管理対象となるコンピュータシステム上のソフトウェアを単一のバイナリイメージのみではなくLinux OSにおけるrpmやdebパッケージのようなコンポーネント単位で管理することができます。詳細はモジュールの概念(manual.sacm.jp)をご覧ください。
SEILおよびSA-Wシリーズはファームウェアイメージ内に単一または複数のモジュールを含みます。基本的にモジュールをファームウェアと読み替えても問題ありません。
ヒント: 本装置をスタンドアローンモードで使用する場合はモジュールの概念を無視して差し支えありません。
表 1. 機種と搭載モジュール
機種 モジュールID 機能
SEIL/X4 モジュール 0 基本機能
SEIL/X1, X2, B1, x86 Fuji, BPV4 モジュール 0 基本機能
モジュール 1 ファームウェア更新機能
SA-W1, W2 モジュール 0 基本機能

ファームウェアの提供

SMFv2モード用
SACMコントロールパネルのモジュール変更機能にて提供します。SMFv2モードではコンフィグに指定されたモージュールバージョンに従いファームウェアイメージを自動的にダウンロードして反映します。
スタンドアローンモード用
配布用Webページにて最新版ファームウェアイメージを提供します。
出荷時期により最新ファームウェアでない場合があります。コマンド操作等によりバージョンを確認し更新する必要があります。

ファームウェアのリリースサイクル

本装置は概ね3~4ヶ月のサイクルで新しいファームウェアをリリースします。リリースには次のような内容が含まれます。

  • 機能上の不備などの不具合の修正
  • セキュリティ情報機関に報告された脆弱性の修正
  • 既存機能の利便性改善を目的とした機能追加および変更

既知の不具合および脆弱性に起因する障害を予防するにはモジュールの更新が必要です。

なお、緊急性の高い問題への対処のために上記のサイクルによらず新しいバージョンをリリースする場合があります。

また、報告された不具合について次回のリリースでの修正が困難な場合は制限事項としてリリースノートに掲載します。