D00047

複数のIPsecインタフェースを設定するとき、接続元アドレスが異なり、かつ接続先アドレスが同一となる構成に対応しました。

関係する機能
IPsec/IKE
フロートリンク
該当機種 変更適用バージョン
SEIL/X4 1.10

変更・修正内容

  • 各トンネルを構成する通信を適切な送信元アドレス(インタフェース)から送信するためにはポリシールーティングによって振り分ける必要があります。

  • フロートリンクを使用せず、かつアグレッシブモードを使用する場合は、IPsecインタフェースごとに異なる相手識別子を設定する必要があります。

  • フロートリンクを使用し、アドレス書換の検知を使用する場合は、IPsecインタフェースごとに異なる対向側ノードIDを設定する必要があります。