D00064

IPv6近隣キャッシュの状態遷移がIPv6の仕様と異なる不具合を修正しました。

関係する機能
IPv6
該当機種 修正適用バージョン 影響を受けるバージョン
SEIL/X4 1.10 1.00 ~ 1.01

不具合の説明

IPv6近隣キャッシュの状態が一度Staleになると、その後に当該キャッシュを用いたパケット送信があっても キャッシュの状態がReachableに遷移しません。

この不具合はキャッシュの状態遷移にのみ影響し、パケットの送受信には影響しません。