D00076

同一の隣接機器と複数のインタフェースで接続されている場合、LLDP隣接機器の情報が誤って表示されることがあります。

関係する機能
LLDP
該当機種 修正適用バージョン 影響を受けるバージョン
SEIL/X4 未提供 1.10以降
SEIL/x86 Ayame 未提供 2.01

不具合の説明

同一の隣接機器と複数のインタフェースで接続されているとき、 1つのインタフェースからTTL=0のShutdown LLDPDUを受け取ると、show status lldpd において他のインタフェースでの情報が不足して表示される状態になります。

不具合発生の確認方法

正常時に次のような情報が参照されるものとします。

# show status lldp
...
-------------------------------------------------------------------------------
Neighbors:
-------------------------------------------------------------------------------
Interface:    ge0, Time: 0 day, 00:00:47
  Chassis:
    ChassisID:    mac 00:e0:4d:00:00:00
    SysName:      RT0
    SysDescr:     System0
    MgmtIP:       192.0.2.1
  Port:
    PortID:       ifname eth0
    TTL:          121
-------------------------------------------------------------------------------
Interface:    ge1, Time: 0 day, 00:00:47
  Chassis:
    ChassisID:    mac 00:e0:4d:00:00:00
    SysName:      RT0
    SysDescr:     System0
    MgmtIP:       192.0.2.1
  Port:
    PortID:       ifname eth1
    TTL:          121
-------------------------------------------------------------------------------

このときRT0の装置からからge0インタフェース経由でShutdown LLDPDUを受け取ると、 次のようにge0での情報が不足して表示される状態になります。

# show status lldp
...
-------------------------------------------------------------------------------
Neighbors:
-------------------------------------------------------------------------------
Interface:    ge0, Time: 0 day, 00:00:47
  Chassis:
    ChassisID:    mac 00:e0:4d:00:00:00
  Port:
    PortID:       ifname eth0
    TTL:          121
-------------------------------------------------------------------------------

回避・復旧手段

clear lldp を実行後、対向機器からLLDPフレームを受け取ると正常化します。

関連情報