D00088

ICMPv6 Echo Request/Reply を送信するとき、インタフェースのMTUによらず1280 byteを上限にフラグメンテーションしてしまう不具合を修正しました。

関係する機能
システム
該当機種 修正適用バージョン 影響を受けるバージョン
SEIL/X4 2.01 1.00 ~ 1.02

不具合発生の条件

ping6コマンドのサイズ指定により1280 byteより大きなEcho Requestを送信する場合や、 1280 byteより大きな ICMPv6 Echo Request に応答する(同サイズの ICMP6 Echo Replyを送信する)場合に発生します。

変更・修正内容

送信インタフェースのMTUに従うように変更しました。