D00142

ge0およびge1インタフェースからの出力フレームがロスしやすい場合がある不具合を修正しました。

関係する機能
LAN
該当機種 修正適用バージョン 影響を受けるバージョン
SEIL/X4 2.10 1.00 ~ 1.10

不具合の説明

ge0およびge1インタフェースから出力するフレーム間の間隔がごく短期間で 外部リンク速度を超えた(マイクロバーストが発生した)場合、 SEIL/X4の内部バッファが利用されず、想定よりもフレームをロスしやすい場合があります。

他の装置間の通信を転送するフレームに比べて自身が送信元となるフレーム(アプリケーションゲートェイや通信品質測定機能からの出力パケット)に顕著な影響が現れます。

ge2インタフェースからの出力フレームはこの影響を受けません。

変更・修正内容

ge0およびge1インタフェースのフレーム出力間隔と外部リンクの速度に差がある場合に、一定量バッファリングを行い フレームロスを軽減するよう変更しました。