D00248

ループバックアドレスを割り当てる論理インタフェース(loopback0)を追加しました。

関係する機能
インタフェース
該当機種 変更適用バージョン
SEIL/X4 2.30
SEIL/x86 Ayame 2.30

変更・修正内容

loopback0インタフェースに設定したIPv4アドレスおよびIPv6アドレスは、 各機能の送信元アドレス、または受信アドレスに使用できます。

また、loopback0は以下のパラメータにインタフェースとして設定できます

  • インタフェースをUnnumberedとする場合のアドレス借り受け元インタフェース
    • interface.tunnel[].ipv4.address
    • interface.ipsec[].ipv4.address
  • OSPFv2を使用するインタフェース
    • ospf.link.[].interface