D00289

SMFv2モードで動作しサービスホストとの接続が「接続持続型」で確立しているとき、オペレーションを実行すると、ごく稀に次回以降のオペレーションが実行できなくなることがある不具合を修正しました。

関係する機能
SMFv2
該当機種 修正適用バージョン 影響を受けるバージョン
SEIL/X4 2.32 未確認
SEIL/x86 Ayame 2.32 未確認

不具合の説明

サービスホストとの接続が「接続持続型」で確立しているとき、オペレーションを実行するとごく稀に「操作用接続確認」に関するメッセージを送信しない状態に陥ることがあります。 この場合は操作用接続セッションを失うと次回以降のオペレーションが実行できなくなります。