アプリケーションゲートウェイ

アプリケーションレベルでの、通信の転送先の制御やログを記録する機能を提供します。HTTPプロキシやURLフィルタ、上位プロキシサーバへのハンドオフといった機能を持ちます。

同時接続数上限
機種 上限
SEIL/B1 512
SEIL/X1 2048
SEIL/X2 4096
SEIL/x86 Fuji 4096
SEIL/BPV4 4096
IPv4/IPv6対応状況
機能 IPv4 IPv6
アプリケーションゲートウェイ 対応 非対応

アプリケーションゲートウェイ機能の構成

アプリケーションゲートウェイの制御対象となる通信は、入力インタフェースとサービス設定、またはブリッジングインタフェースとサービス設定にて指定します。

入力インタフェース
本機がIP転送を行う通信が、指定した入力インタフェースから入力され、サービス設定に設定された送信先に一致する場合に、その通信をアプリケーションゲートウェイ機能で処理します。
ブリッジングインタフェース
本機がブリッジ転送を行う通信が、指定したブリッジングインタフェースから入力され、サービス設定に設定された送信先に一致する場合に、その通信をアプリケーションゲートウェイ機能で処理します。
サービス設定
サービス設定を適用する通信を特定するために、送信先を、送信先IPv4ネットワーク(IPv4アドレスとプレフィックス長)と送信先ポート番号で指定します。さらに、中継するプロトコルに応じて、中継モードをFTP、SMTP、HTTP、POP3またはSSLから選択し、中継時の制御を設定します。中継モード共通あるいは中継モード固有の設定項目があります。