URLフィルタでブロックした際のブロック画面

アプリケーションゲートウェイ機能のURLフィルタによりHTTPの中継をブロックした時にクライアントのWebブラウザに表示する画面(ブロック画面)について説明します。

デフォルトでは 本機内蔵のメッセージが表示されます。URLフィルタオプションの ''redirect-url-on-block'' の設定により、 カスタマイズした任意のメッセージに変更(指定URLへリダイレクト)することもできます。

本機内蔵のメッセージ

本機に内蔵されたメッセージを使用した場合、次のような画面がクライアントのWebブラウザに表示されます。 日本語と英語のメッセージが内蔵されており、Webブラウザの言語設定にしたがった言語を選択して表示します。

図: 規制画面

内蔵している表示画面(HTMLページ)のメッセージには、以下の内容が含まれます。

表 1. 内蔵メッセージの内容
項目 備考
ページタイトル(title要素)

アクセスをブロックした旨を示す短い説明

見出し(h1要素)

ページタイトルと同じ

概要(冒頭のp要素)

ブロック理由の説明

  • URLカテゴリで設定された URLフィルタによりアクセスをブロックした場合は、該当したURLカテゴリの名称が表示される
アクセスしたWebサイトのURL  
アクセスした Webサイトのカテゴリ(*1)  
IPアドレス アクセス元のIPアドレス
現在の日時  
ホスト名 本機に設定されたホスト名
URLフィルタ製品名 本機の製品名
URLフィルタサービス名(*1)  
URLカテゴリ識別子(*1)
URLフィルタ設定名(*2)  

*1 URLカテゴリで設定された URLフィルタでブロックした場合のみ

*2 IPアドレス指定によりアクセスをブロックした場合を除く

リダイレクトによるメッセージのカスタマイズ

設定した URL にリクエストをリダイレクトすることで、メッセージをカスタマイズすることができます。

  1. リダイレクト先の Web サーバ上に、規制画面として表示する Webコンテンツを配置します
  2. 本機の設定として、配置した Webコンテンツの URL を指定します

図: 設定例

# application-gateway url-filter option redirect-url-on-block http://192.168.0.2/block.html

本機は、リダイレクト時の URL パラメータとして、以下の変数を指定します。Webサーバに CGI を配置し、リダイレクト先の URL にその CGI を指定することで、これらの変数を用いたブロック画面を作成することができます。

表 2. 設定可能なパラメータ
変数名 内容
url ブロックしたURL
filter_name ブロックの根拠となったURLフィルタの設定名
cause ブロックした理由。以下のいずれかの値で示します
category URLカテゴリによるフィルタが一致
pattern パターンによるフィルタが一致
ip_address_access IPアドレスを用いたアクセス
category URLカテゴリ識別子
is_browse_only 「閲覧のみ」と設定されたフィルタでブロックした場合にtrue
provider URLフィルタサービス提供者。以下のいずれかの値で示します
netstar サイトアンパイアサービス

リダイレクト先にパラメータ付きのURLを指定すると、本機はそのパラメータを残したままリダイレクトします。 これにより、以下のように機器の識別情報を含むURLを設定することで、ブロックした機器の識別情報をCGIに渡すことができます。

図: 設定例

# application-gateway url-filter option redirect-url-on-block
   http://192.168.0.2/block.cgi?gwid=OSAKAGW