dhcp6 client

一つのインタフェースにDHCPv6クライアントを設定する。

実行権限
admin
対象機種
SEIL/B1, SEIL/X1, SEIL/X2, SEIL/x86 Fuji, SEIL/BPV4

dhcp6 client

DHCPv6クライアントの有効化または無効化を設定する。

dhcp6 client { enable | disable }
既定値
disable
enable
有効化する
disable
無効化する

dhcp6 client interface

DHCPv6クライアントを使用するインタフェースを設定する。

dhcp6 client interface { <lan> | <ipsec> | <ppp> | <pppoe> | <tunnel> | <vlan> }
既定値
pppoe0
<lan>, <ipsec>, <ppp>, <pppoe>, <tunnel> <vlan>
動作対象インタフェース
注: いずれか1つのインタフェースのみ指定できます。

Note

Prefix Delegationが設定されていない場合は、Stateless DHCPv6クライアントとして動作します。

dhcp6 client prefix-delegation

Prefix Delegationを設定する。

dhcp6 client prefix-delegation subnet { <lan> | <vlan> }
  sla-id { none | <sla-id> }
  [ interface-id { <interface-id> | system-default } ]
  [ enable | disable ]
既定値
disable
subnet
Prefix Delegationで使用するサブネットを指定する
<lan>, <vlan>
サブネットとして使用するインタフェース
sla-id
SLA IDの指定
既定値
none
<sla-id>
SLA IDを指定する
設定範囲
0x0000-0xffff
none
SLA IDを指定しない
interface-id

Prefix Delegationによって自身に付与するアドレスのInterface IDを指定する。

<interface-id>
IPv6アドレス形式のInterface ID
system-default
既定値を使用する
既定値
::1
enable
有効にする
disable
無効にする

Note

別途ルータ広告を設定することにより、委譲されたプレフィックスをサブネット上で広告できます。

SLA ID の値は、複数のサブネットで重複してはなりません。

Prefix Delegationが動作可能なSLA IDのビット長はサーバより配布されるプレフィックス長によって異なります。 プレフィックス長が/56の場合、動作するSLA IDのビット長は8ビットまでで値の範囲は0x0000から0x00ffまでです。

また、SLA ID 設定の削除 (none) は、disable されているサブネット設定に対してのみ行なうことができます。

dhcp6 client prefix-delegation force-option

他の設定に関係なく prefix delegation をDHCPv6サーバに要求するか否かを設定する。

dhcp6 client interface <interface> prefix-delegation force-option { on | off }
既定値
off
on
要求する
off
要求しない

Note

  • "prefix-delegation subnet ~ "の有無に関わらず、IA_PDオプションをsolicit/requestパケット加えます。
  • "prefix-delegation subnet ~ "を設定せず、force-optionを有効にすることで、プレフィックスの取得のみを行うことができます。

dhcp6 client rapid-commit

DHCPv6クライアントでのRapid Commitオプションの使用有無を設定する。

dhcp6 client rapid-commit { on | off }
既定値
off
on
Rapid Commit オプションを使用する
off
Rapid Commit オプションを使用しない

dhcp6 client reconf-accept

DHCPv6クライアントでのReconfigure Acceptオプションの使用有無を設定する。

dhcp6 client reconf-accept { on | off }
既定値
off
on
Reconfigure Acceptオプションを使用する
off
Reconfigure Acceptオプションを使用しない

Note

offに設定された場合はサーバからのReconfigureメッセージを受け付けません。