dhcp6 client (multiple)

一つまたは複数のインタフェースにDHCPv6クライアントを設定する。

実行権限
admin
対象機種
SEIL/B1, SEIL/X1, SEIL/X2, SEIL/x86 Fuji, SEIL/BPV4
対応バージョン
ver.5.10以降
注: multipleモードで設定する場合は dhcp6 client enable を設定しないでください。

dhcp6 client multiple

複数インタフェースへのDHCPv6クライアント設定の有効化または無効化を設定する。

dhcp6 client multiple { enable | disable }
既定値
disable
enable
有効化する
注: multipleモードに対応しない dhcp6 client コマンドは削除されます。
disable
無効化する
注: multipleモードの dhcp6 client コマンドは削除されます。

dhcp6 client primary-interface

優先的なDHCPv6クライアントとして扱うインタフェースを設定する。

dhcp6 client interface { <interface> | system-default }
<lan>, <ipsec>, <ppp>, <pppoe>, <tunnel> <vlan>
優先的に扱うDHCPv6クライアントインタフェース
注: DHCPv6クライアントとして動作するいずれか1つのインタフェースを指定します。
system-default
既定値を使用する
既定値
DHCPv6クライアントを使用するインタフェースのうちshow configで最上位に表示されるインタフェース

Note

他の機能がDHCPv6クライアントでのアドレス情報取得を必要とする場合に提供元となるDHCPv6クライアントインタフェースを指定します。

dhcp6 client interface

DHCPv6クライアントをインタフェース毎に有効化または無効化する。

設定上限
機種 上限
SEIL/B1 4
SEIL/X1 4
SEIL/X2 4
SEIL/x86 Fuji 4
SEIL/BPV4 4
dhcp6 client interface <interface> { enable | disable | none }
既定値
disable
enable
有効化する
disable
無効化する
none
無効化し、関連する設定を削除する

dhcp6 client interface rapid-commit

DHCPv6クライアントでのRapid Commitオプションの使用有無を設定する。

dhcp6 client interface <interface> rapid-commit { on | off }
既定値
off
on
Rapid Commit オプションを使用する
off
Rapid Commit オプションを使用しない

Note

Prefix Delegationが設定されていない場合は、Stateless DHCPv6クライアントとして動作します。

dhcp6 client reconf-accept

DHCPv6クライアントでのReconfigure Acceptオプションの使用有無を設定する。

dhcp6 client interface <interface> reconf-accept { on | off }
既定値
off
on
Reconfigure Acceptオプションを使用する
off
Reconfigure Acceptオプションを使用しない

Note

offに設定された場合はサーバからのReconfigureメッセージを受け付けません。

dhcp6 client prefix-delegation add

インタフェース毎のPrefix Delegationの設定を追加する。

dhcp6 client interface <interface> prefix-delegation add { <lan> | <vlan> }
  sla-id <sla-id>
  [ interface-id { <interface-id> | system-default } ]
  [ enable | disable ]
既定値
disable
add
Prefix Delegationで使用するサブネットを指定する
<lan>, <vlan>
サブネットとして使用するインタフェース
sla-id
SLA IDの指定
既定値
none
<sla-id>
SLA IDを指定する
設定範囲
0x0000-0xffff
interface-id

Prefix Delegationによって自身に付与するアドレスのInterface IDを指定する。

<interface-id>
IPv6アドレス形式のInterface ID
system-default
既定値を使用する
既定値
::1
enable
有効にする
disable
無効にする

Note

別途ルータ広告を設定することにより、委譲されたプレフィックスをサブネット上で広告できます。

SLA ID の値は、複数のサブネットで重複してはなりません。

Prefix Delegationが動作可能なSLA IDのビット長はサーバより配布されるプレフィックス長によって異なります。 プレフィックス長が/56の場合、動作するSLA IDのビット長は8ビットまでで値の範囲は0x0000から0x00ffまでです。

dhcp6 client prefix-delegation delete

インタフェース毎のPrefix Delegationの設定を削除する。

dhcp6 client interface <interface> prefix-delegation delete { <lan> | <vlan> | all }
<lan> | <vlan>
対象のLANまたはVLANインタフェース
all
すべて

dhcp6 client prefix-delegation force-option

他の設定に関係なく prefix delegation をDHCPv6サーバに要求するか否かを設定する。

dhcp6 client interface <interface> prefix-delegation force-option { on | off }
既定値
off
on
要求する
off
要求しない

Note

  • "prefix-delegation add ~ "の有無に関わらず、IA_PDオプションをsolicit/requestパケット加えます。
  • "prefix-delegation add ~ "を設定せず、force-optionを有効にすることで、プレフィックスの取得のみを行うことができます。