DHCP固定アドレスリストの書式

DHCPサーバの外部リスト機能で使用するDHCP固定アドレスリストファイルの書式

固定アドレスリストの書式

DHCPサーバ機能の外部リストで使用するDHCP固定アドレスリストは、CSV(RFC4180)ファイルとして記述します。

図: 記述例


11:22:33:44:55:66,192.168.0.100
22:33:44:55:66:77,192.168.0.101
#comment
33:44:55:66:77:88,192.168.0.102,comment
  • 行頭が"#"である行はコメントとなります
  • 空行は無視されます

MACアドレスに対するIPアドレスの払い出しの組み合わせはレコード(行)として記述し、各フィールド(列)の意味は以下の通りです。

アドレスリストのフィールド フィールド名 入力形式
第1フィールド MACアドレス MACアドレス形式
第2フィールド IPアドレス IPアドレス形式
  • 最大レコード数は1024です。
    • 最大レコード数を超えたレコードは無視されます
    • MACアドレスとIPアドレスの組み合わせが正常はレコードのみを有効レコード数としてカウントします。
    • 第3フィールド以降は無視されます(コメントとして使用できます)。

DHCP固定アドレスリストのエラー

DHCP固定アドレスリストファイルは以下の条件に当てはまるとエラーとなり、取得失敗とみなされます。
  • 空行を除く、MACアドレスまたは"#"(コメント)以外の文字で始まる行の含まれるファイル
  • DHCP固定アドレスリストファイルのファイルサイズが512KB以上の場合、または読み込みに必要な空きメモリが不足している場合

重複に関する注意

MACアドレスとIPアドレスのいずれかが重複した場合、リストの下方に記述された行が優先されます。