interface <ppp>

PPPインタフェースを設定する。

実行権限
admin
対象機種
SEIL/B1, SEIL/X1, SEIL/X2, SEIL/x86 Fuji, SEIL/BPV4
設定上限
機種 上限 設定値
SEIL/B1 4 ppp0 - ppp3
SEIL/X1 4 ppp0 - ppp3
SEIL/X2 4 ppp0 - ppp3
SEIL/x86 Fuji 4 ppp0 - ppp3
SEIL/BPV4 4 ppp0 - ppp3

Note

注:
  • インタフェースの設定(または設定変更)を実行すると、動作に反映させるために該当のPPPインタフェースは自動的に接続(再接続)されます。
  • "ppp-configuration" パラメータが設定されていない場合、一部のパラメータは設定できません。

interface <ppp> ppp-configuration

インタフェースにPPP設定との関連付けを設定する。

interface <ppp> ppp-configuration { <ppp_name> | none }
既定値
none
<ppp_name>
関連付けるPPP設定名
none
関連付けを解除する

interface <ppp> over

インタフェースを関連付けるダイアルアップデバイスを設定する。

interface <ppp> over { <dialup-device> | <dialup-network> | none }
既定値
none
<dialup-device>
関連付けるダイアルアップデバイス名
注: モバイルデータ通信端末を使用する場合、emobile0,foma0,softbank0, kddi0, mdm0 (それぞれの0番)のみ使用可能です。
<dialup-network>
関連付けるダイアルアップネットワーク名
none
関連付けを解除する

interface <ppp> address

インタフェースのIPアドレスを設定する。アドレスが設定済みの場合は1つ目のアドレスを上書きする。

interface <ppp> address <IPaddress>[/<prefixlen>] [remote <IPaddress>]
<IPaddress>[/<prefixlen>]
インタフェースのIPアドレスとプレフィックス長
remote
<IPaddress>
Point to Point 接続の対向ルータのIPアドレス

Note

  • prefixlenを省略すると、IPv4アドレスはそのアドレスが属するクラスのプレフィックス長が、IPv6アドレスは/64が設定されます。
  • unnumberedが設定されている場合はunnumberedが解除されます。
  • IPv4アドレスは最大4個まで、IPv6アドレスは最大8個まで設定できます。

interface <ppp> add

インタフェースのIPアドレスを設定する。アドレスが設定済みの場合はエイリアスアドレスとして追加する。

interface <ppp> add <IPaddress>[/<prefixlen>] [remote <IPaddress>]
<IPaddress>[/<prefixlen>]
インタフェースのIPアドレスとプレフィックス長
remote
<IPaddress>
Point to Point 接続の対向ルータのIPアドレス

Note

  • prefixlenを省略すると、IPv4アドレスはそのアドレスが属するクラスのプレフィックス長が、IPv6アドレスは/64が設定されます。
  • unnumberedが設定されている場合はunnumberedが解除されます。
  • IPv4アドレスは最大4個まで、IPv6アドレスは最大8個まで設定できます。

interface <ppp> delete

インタフェースのIPアドレスを削除する。

interface <ppp> delete { <IPaddress> | all }
<IPaddress>
削除するIPアドレス
all
すべてのIPアドレスを削除する

Note

IPv6リンクローカルアドレスは削除できません。

interface <ppp> tx-queue-length

インタフェースの送信キューの長さを設定する。

interface <ppp> tx-queue-length { <length> | auto | system-default }
<length>
送信キューの長さ
設定範囲
16 - 512
auto
自動調整値を使用する
デバイス名 設定値
bri0 16
bri0以外のデバイス 512
  • ダイアルアップデバイスまたはダイアルアップネットワークに応じた値に調整されます
system-default
既定値を使用する
既定値
auto

interface <ppp> mtu

インタフェースのMTUを設定する。

interface <ppp> mtu { system-default | <size> | auto }
<size>
MTU値
設定範囲 単位
1280 - 2000 Byte
  • 指定した値をPPPインタフェースのMRUとして相手に通知します。
  • 指定した値と相手から通知されるMRUを比較し、小さい値を動作に反映します。
  • 接続中に値を変更した場合は変更後の値を動作に反映します。
auto
自動設定値を使用する
デバイス名 自動設定値
l2tp-dn0 - l2tp-dn3 1400
上記以外のデバイス 1500
  • 使用する通信デバイスに応じた値を使用します。
  • 自動設定値をPPPインタフェースのMRUとして接続相手に通知します。
  • 自動設定値と接続相手から通知されるMRUを比較し、小さい値を動作に反映します。
system-default
既定値を使用する
既定値
auto

interface <ppp> description

インタフェースの説明文を設定する。

interface <ppp> description <description>
<description>
説明文
設定範囲 備考
1 - 64文字 空文字列("")指定可
  • 空白文字を含む場合は全体を ' ' (シングルクォーテーション)で囲みます。

Note

  • 説明文は動作に影響しません。