VLANインタフェース

VLANインタフェースは、物理インタフェース上で仮想的に複数のLANインタフェースを構成するためのインタフェースです。

SEIL自身がend-to-endでIEEE802.1Qフレームを送受信するための機能を提供します。

特徴

各VLANインタフェースに対して物理インタフェースとVLANタグを設定できます。

E-RIFには対応してません。また、VLANインタフェースから送信されるフレームのpriority及びCFIの値は0となります。

注: 物理インタフェース間でのブリッジにおけるIEEE 802.1Qフレーム透過機能は、VLANインタフェースの設定に関わらず可能です。

設定範囲

機種 設定可能な値 最大設定数
SEIL/B1 vlan0 - vlan7 8
SEIL/X1 vlan0 - vlan31 32
SEIL/X2 vlan0 - vlan31 32
SEIL/x86 Fuji vlan0 - vlan31 32
BPV4 vlan0 - vlan31 32