nat napt

NAPTを設定する。

実行権限
admin
対象機種
SEIL/B1, SEIL/X1, SEIL/X2, SEIL/x86 Fuji, SEIL/BPV4

nat napt add global

NAPTおよび静的NAPT適用時に変換先とするグローバルIPアドレスの設定を追加する。

設定上限
機種 上限
SEIL/B1 1
SEIL/X1 1
SEIL/X2 1
SEIL/x86 Fuji 1
SEIL/BPV4 1
nat napt add global <global_IPaddress> [interface <interface>]
<global_IPaddress>
グローバルIPアドレスを指定する
interface
適用するインタフェース
既定値
lan1
<interface>
インタフェース名を指定する

Note

変換先グローバルIPアドレスが設定されていない場合、NAPT適用に使用されるグローバルアドレスは "nat napt add privare"コマンドの interface に指定されたインタフェースのIPアドレスが使用されます。

注: 設定したグローバルIPアドレスを送信先とする外部からのTCP/UDP接続は、指定したインタフェースのアドレス宛へと変換されます。

NAT(natコマンド)によるアドレス変換の設定が有効である場合、fastforward機能は無効になります。

nat napt delete global

NAPT適用時に変換先とするグローバルIPアドレスの設定を削除する。

nat napt delete global <global_IPaddress> interface <interface>
nat napt delete global all
nat napt delete global
NAPTの対象グローバルアドレスの設定を削除する
<global_IPaddress>
NAPTでプライベートIPアドレスに対応付けるグローバルIPアドレス
interface
適用するインタフェース
既定値
lan1
<interface>
インタフェース名を指定する
all
すべてのエントリ

nat napt add private

NAPTを適用するプライベートIPアドレスの設定を追加する。

設定上限
機種 上限
SEIL/B1 8
SEIL/X1 8
SEIL/X2 8
SEIL/x86 Fuji 8
SEIL/BPV4 8
nat napt add private <private_IPaddress> [interface <interface>]
<private_IPaddress>
プライベートIPアドレスを指定する(範囲指定可)
192.0.2.0-192.0.2.99
interface
適用するインタフェース
既定値
lan1
<interface>
インタフェース名を指定する

Note

NAT(natコマンド)によるアドレス変換の設定が有効である場合、fastforward機能は無効になります。

nat napt delete private

NAPTを適用するプライベートIPアドレスの設定を削除する。

nat napt delete private <private_IPaddress> interface <interface>
nat napt delete private all
nat napt delete private
NAPTの対象プライベートアドレスの設定を削除する
<private_IPaddress>
NAPTの対象プライベートIPアドレス(範囲指定可能)
interface
適用するインタフェース
既定値
lan1
<interface>
インタフェース名を指定する
all
すべてのエントリ

nat napt delete all

すべてのNAPT設定を削除する。

nat napt delete all
nat napt delete
NAPTの設定を削除する
all
すべてのエントリ