option ip fragment-requeueing

フラグメントパケットの受信時にパケットを再キューイングするか否か設定する。

実行権限
admin
対象機種
SEIL/B1, SEIL/X1, SEIL/X2, SEIL/x86 Fuji, SEIL/BPV4
option ip fragment-requeueing { on | off }
既定値
off
on
再キューイングする
off
再キューイングしない

Note

フラグメントされたoffset 0以外のパケットの受信処理を、offset 0のパケットを受信するまで保持し、遅延させます。 これにより、offset 0のパケットが必ず最初に処理されるようになります。

ただし、5秒間の間にoffset 0のパケットが受信できなかった場合は、offset 0以外のパケットは破棄されます。保持できるフラグメントパケットは256パケットです。それ以上のフラグメントパケットを受信した場合は破棄されます。