コマンドリファレンス

application-gateway

application-gateway input-interface

入力インタフェースの設定を追加する。 [詳細]

application-gateway input-interface add { <interface> | <interface*> | any }

入力インタフェースの設定を削除する。 [詳細]

application-gateway input-interface delete { <interface> | all }

application-gateway bridging-interface

ブリッジングインタフェースの設定を追加する。 [詳細]

application-gateway bridging-interface add { <lan> | lan* | <vlan> | vlan* | <l2tp> | l2tp* | any }

ブリッジングインタフェースの設定を削除する。 [詳細]

application-gateway bridging-interface delete { <interface> | all }

application-gateway service

HTTPモードで中継するサービスの設定を追加する。 [詳細]

application-gateway service add <name> mode http
  [destination-port { <port> | system-default }]
  [destination { any | <IPv4address/prefixlen> }]
  [idle-timer { none | <idle_time> | system-default }]
  [handoff { on | off }]
  [handoff-address { none | <IPv4address> }]
  [handoff-port { <port> | system-default }]
  [handoff-for <hostname-pattern>,...]
  [http-allow-method { all | no-webdav | browse-only | <method>,...| system-default }]
  [http-referer-removal { none | all | cross-site | use-pattern }]
  [http-referer-removal-pattern { <referer-pattern>,... }]
  [http-hostname-verification { on | off | system-default }]
  [source-selection { self | original | system-default }]
  [logging { [tcp-usage | http-usage | url-filter-pass | url-filter-block],... | all | none | system-default }]
  [label <label>]
  [url-filter { on | off }]]

FTPモードで中継するサービスの設定を追加する [詳細]

application-gateway service add <name> mode ftp
  [destination-port { <port> | system-default }]
  [destination { any | <IPv4address/prefixlen> }]
  [idle-timer { none | <idle_time> | system-default }]
  [ftp-data-command { all | <command>,...| system-default }]
  [ftp-data-port { well-known | any | system-default }]
  [source-selection { self | original | system-default }]
  [logging { [tcp-usage | login],... | all | none | system-default }]
  [label <label>]]

SMTPモードで中継するサービスの設定を追加する。 [詳細]

application-gateway service add <name> mode smtp
  [destination-port { <port> | system-default }]
  [destination { any | <IPv4address/prefixlen> }]
  [idle-timer { none | <idle_time> | system-default }]
  [handoff { on | off }]
  [handoff-address { none | <IPv4address> }]
  [handoff-port { <port> | system-default }]
  [smtp-relay-mode { mx | normal }]
  [smtp-mx-local-domain <domain-pattern>,...]
  [smtp-mx-local-part-prefix <local-part>,...]
  [smtp-mx-deny-code { 553 | 451 | system-default }]
  [source-selection { self | original | system-default }]
  [logging { [tcp-usage | login | smtp-relay-pass | smtp-relay-block],... | all | none | system-default }]
  [label <label>]

アプリケーションサービス設定(POP3モード)の追加 [詳細]

application-gateway service add <name> mode pop3
  [destination-port { <port> | system-default }]
  [destination { any | <IPv4address/prefixlen> }]
  [idle-timer { none | <idle_time> | system-default }]
  [source-selection { self | original | system-default }]
  [logging { [tcp-usage | login],... | all | none | system-default }]
  [label <label>]

SSLモードで中継するサービスの設定を追加する。 [詳細]

application-gateway service add <name> mode ssl
  [destination-port { <port> | system-default }]
  [destination { any | <IPv4address/prefixlen> }]
  [idle-timer { none | <idle_time> | system-default }]
  [handoff { on | off }]
  [handoff-address { none | <IPv4address> }]
  [handoff-port { <port> | system-default }]
  [source-selection { self | original | system-default }]
  [logging { tcp-usage | all | none | system-default }]
  [label <label>]

サービスの設定を削除する。 [詳細]

application-gateway service delete { all | <name> }

サービスの設定を変更する。 [詳細]

[mode ftp]
application-gateway service modify <name>
  [destination-port { <port> | system-default }]
  [destination { any | <IPv4address/prefixlen> }]
  [idle-timer { none | <idle_time> | system-default }]
  [ftp-data-command { all | <command>,... | system-default }]
  [ftp-data-port { well-known | any | system-default }]
  [source-selection { self | original | system-default }]
  [logging { <logging-option>,... | all | none | system-default }]
  [label <label>]

[mode smtp]
application-gateway service modify <name>
  [destination-port { <port> | system-default }]
  [destination { any | <IPv4address/prefixlen> }]
  [idle-timer { none | <idle_time> | system-default }]
  [handoff { on | off }] [handoff-address { none | <IPv4address> }]
  [handoff-port { <port> | system-default }]
  [smtp-relay-mode { mx | normal }]
  [smtp-mx-local-domain <domain-pattern>,...]
  [smtp-mx-local-part-prefix <local-part>,...]
  [smtp-mx-deny-code { 553 | 451 | system-default }]
  [source-selection { self | original | system-default }]
  [logging { <logging-option>,... | all | none | system-default }]
  [label <label>]

[mode http]
application-gateway service modify <name>
  [destination-port { <port> | system-default }]
  [destination { any | <IPv4address/prefixlen> }]
  [idle-timer { none | <idle_time> | system-default }]
  [handoff { on | off }] [handoff-address { none | <IPv4address> }]
  [handoff-port { <port> | system-default }]
  [http-allow-method { all | no-webdav | browse-only | <method>,... | system-default }]
  [http-referer-removal { none | all | cross-site | use-pattern }]
  [http-referer-removal-pattern { <referer-pattern>,... }]
  [http-hostname-verification { on | off | system-default }]
  [source-selection { self | original | system-default }]
  [logging { <logging-option>,... | all | none | system-default }]
  [label <label>] [url-filter { on | off }]

[mode pop3]
application-gateway service modify <name>
  [destination-port { <port> | system-default }]
  [destination { any | <IPv4address/prefixlen> }]
  [idle-timer { none | <idle_time> | system-default }]
  [source-selection { self | original | system-default }]
  [logging { <logging-option>,... | all | none | system-default }]
  [label <label>]

[mode ssl]
application-gateway service modify <name>
  [destination-port { <port> | system-default }]
  [destination { any | <IPv4address/prefixlen> }]
  [idle-timer { none | <idle_time> | system-default }]
  [handoff { on | off }] [handoff-address { none | <IPaddress> }]
  [handoff-port { <port> | system-default }]
  [source-selection { self | original | system-default }]
  [logging { <logging-option>,... | all | none | system-default }]
  [label <label>]

application-gateway url-filter

URLフィルタの設定を追加する。 [詳細]

application-gateway url-filter add <name>
  { url-category { <category>,... | unknown | any } |  url-pattern <pattern> }
  action { pass | browse-only | block }
  [source { <IPv4address/prefix> | <IPv4address_range> | any }]
  [{ top | bottom | above <base_name> | below <base_name> }]

URLフィルタの設定を削除する。 [詳細]

application-gateway url-filter delete { <name> | all }

URLフィルタの設定を変更する。 [詳細]

(url-category を指定した場合)
application-gateway url-filter modify <name>
 [url-category <category>,...] [action { pass | browse-only | block }]
 [source { <IPv4address/prefix> | <IPv4address_range> | any }]

(url-pattern を指定した場合)
application-gateway url-filter modify <name>
 [url-pattern <pattern>] [action { pass | browse-only | block }]
 [source { <IPv4address/prefix> | <IPv4address_range> | any }]

URLフィルタの評価順位を移動する。 [詳細]

application-gateway url-filter move <name>
  { top | bottom | above <basel_name> | below <base_name> }

application-gateway url-filter external

外部のシステムに配置されたURLフィルタリストのURLを指定する。 [詳細]

application-gateway url-filter external url { none | <URL> }

外部のシステムに配置されたURLフィルタリストの取得間隔を設定する。 [詳細]

application-gateway url-filter external interval { system-default | <time> }

外部のシステムから取得したURLフィルタリストのマージ方式を設定する。 [詳細]

application-gateway url-filter external merge-policy { append | prepend | replace | system-default}

application-gateway url-filter option

URLフィルタのオプションを設定する。 [詳細]

application-gateway url-filter option
  [block-ip-address-access { on | off | system-default }]
  [redirect-url-on-block { <redirect_url> | internal | system-default }]

application-gateway url-filter service

URLフィルタ機能が使用するURLフィルタリングサービスを設定する。 [詳細]

application-gateway url-filter service
  { site-umpire authentication-id <authentication_id> | none }

application-gateway http-proxy

HTTPプロキシを設定する。 [詳細]

application-gateway http-proxy { enable | disable }

HTTPプロキシが接続を待ち受けるポート番号を設定する。 [詳細]

application-gateway http-proxy listen-port { none | <port> }

HTTPプロキシが接続を受け付けるインタフェースを設定する。 [詳細]

application-gateway http-proxy accept-interface { any | none | <interface>,...}

HTTPプロキシが要求されたホスト名をDNS解決できない場合のハンドオフ動作について設定する。 [詳細]

application-gateway http-proxy handoff-on-dns-failure { on | off }

arp

arp

静的ARPの設定を追加する。 [詳細]

arp add <IPv4address> <MACaddress> [proxy { on | off }]

静的ARPの設定を削除する。 [詳細]

arp delete { <IPv4address> | all }

静的ARPの設定を変更する。 [詳細]

arp modify <IPv4address> [<MACaddress>] [proxy { on | off }]

NAT連動Proxy ARPを設定する。 [詳細]

arp reply-nat { on | off }

authentication

authentication realm

認証レルムの設定を追加する。 [詳細]

authentication realm add <name> type { radius | local | account-list }
  [username-suffix <suffix>]

認証レルムの設定を削除する。 [詳細]

authentication realm delete <name>
authentication realm delete all

認証レルムの設定を変更する。 [詳細]

authentication realm modify <name> username-suffix <suffix>

authentication local

ローカル認証レルムにユーザの設定を追加する [詳細]

authentication local <realm_name> user add <name> password <password>
  [framed-ip-address { <IPv4address> | nas-select | user-select | system-default }]
  [framed-ip-netmask { <netmask> | system-default }]

ユーザの設定を削除する。 [詳細]

authentication local <realm_name> user delete { <name> | all }

ユーザの設定を変更する。 [詳細]

authentication local <realm_name> user modify <name>
  password <password>
  [framed-ip-address { <IPv4address> | nas-select | user-select | system-default }]
  [framed-ip-netmask { <netmask> | system-default }]

authentication radius

RADIUS認証レルムにアカウンティングサーバの設定を追加する。 [詳細]

authentication radius <realm_name> accounting-server add <IPv4address>
 secret <secret> [port { <port> | system-default }]

RADIUSアカウンティングサーバの設定を削除する。 [詳細]

authentication radius <realm_name> accounting-server delete { <IPv4address> | all }

RADIUSアカウンティングサーバの設定を変更する。 [詳細]

authentication radius <realm_name> accounting-server modify <IPv4address>
 [secret <secret>] [port { <port> | system-default }]

RADIUS認証サーバの設定を追加する。 [詳細]

authentication radius <realm_name> authentication-server add <IPv4address>
 secret <secret> [port { <port> | system-default }]

RADIUS認証サーバの設定を削除する。 [詳細]

authentication radius <realm_name> authentication-server delete { <IPv4address> | all }

RADIUS認証サーバの設定を変更する。 [詳細]

authentication radius <realm_name> authentication-server modify <IPv4address>
 secret <secret> [port { <port> | system-default }]

RADIUSリクエストのタイムアウトに関する設定 [詳細]

authentication radius <realm_name>
  request-timeout { <timeout> | system-default }
authentication radius <realm_name>
  max-tries { <count> | auto | system-default }

authentication account-list

アカウントリスト認証レルムを設定する。 [詳細]

authentication account-list <realm_name> url { none | <URL> interval <time> }

bridge

bridge (ブリッジモード)

ブリッジを有効化する。 [詳細]

bridge enable

ブリッジを無効化する。 [詳細]

bridge disable

IPv4パケット(ARPを含む)のブリッジ転送について設定する。 [詳細]

bridge ip-bridging { on | off }

IPv6パケットのブリッジ転送について設定する。 [詳細]

bridge ipv6-bridging { on | off }

PPPoEパケットのブリッジ転送について設定する。 [詳細]

bridge pppoe-bridging { on | off }

IPv4,IPv6,PPPoE以外のパケットのブリッジ転送について設定する。 [詳細]

bridge default-bridging { on | off }

ブリッジ対象インタフェースにおけるIPv4/Pv6パケットフィルタの適用について設定する。 [詳細]

bridge filter { on | off }

ブリッジ転送するイーサネットフレームのVMAN TPIDを設定する。 [詳細]

bridge vman-tpid { none | <vman_tpid> }

bridge group

ブリッジグループの設定を追加する。 [詳細]

bridge group add <name>
  [loop-detection { on | off }]
  [stp { on | off }]
  [priority <num>]
  [max-age <num>]
  [hello-time <num>]
  [forward-delay <num>]
  [aging-time <num>]

ブリッジグループの設定を削除する。 [詳細]

bridge group delete <name> ...
bridge group delete all

ブリッジグループの設定を変更する。 [詳細]

bridge group modify <name>
  [stp { on | off }]
  [priority <num>]
  [max-age <num>]
  [hello-time <num>]
  [forward-delay <num>]
  [aging-time <num>]

bridge interface

ブリッジインタフェースを設定する。 [詳細]

bridge interface { <lan> | <vlan> | <l2tp> } group <group_name>
  [stp { on | off }] [priority <num>] [path-cost <num>]
  [port-fast { on | off }]

ブリッジインタフェースを設定する。 [詳細]

bridge interface { <lan> | <vlan> | <l2tp> } group none

ブリッジインタフェースを設定する。 [詳細]

bridge interface { <lan> | <vlan> | <l2tp> }
  [stp { on | off }] [priority <num>] [path-cost <num>]
  [port-fast { on | off }]

cbq

cbq class

CBQのクラス設定を追加する。 [詳細]

cbq class add <name>
  parent <parent_name>
  pbandwidth <percent>
  [borrow { on | off }]
  [priority { normal | <priority> }]
  [maxburst { normal | <maxburst> }]
  [minburst { normal | <minburst> }]
  [packetsize { normal | <size> }]
  [maxdelay { normal | <delay> }]

CBQのクラス設定を削除する。 [詳細]

cbq class delete { <name> ... | all }

CBQのクラス設定を変更する。 [詳細]

cbq class modify <name>
  [pbandwidth <percent>]
  [borrow { on | off }]
  [priority { normal | <priority> }]
  [maxburst { normal | <maxburst> }]
  [minburst { normal | <minburst> }]
  [packetsize { normal | <size> }]
  [maxdelay { normal | <delay> }]

cbq filter

CBQのクラス分けフィルタの設定を追加する。 [詳細]

cbq filter add <name> class <class_name>
  [length { any | <length_range> }]
  [vlan-id {any | <vlan_id_range>}]
  [vlan-pri { any | <vlan_priority_range>}]
  [category { ip | ipv6 | ether }]
  [tos { any | <tos/mask>} ]
  [protocol { any | tcp | tcp-ack | udp | icmp | ipv6-icmp | igmp | <protocol> }]
  [src { any | <src_IPaddress/prefixlen>}]
  [srcport { any | <src_port_range> }]
  [dst { any | <dst_IPaddress/prefixlen> }]
  [dstport { any | <dst_port_range> }]
  [mactype { any | arp | sna | <mactype>}]
  [enable | disable]

CBQのクラス分けフィルタの設定を削除する。 [詳細]

cbq filter delete { <name> ... | all }

CBQのクラス分けフィルタ情報の変更 [詳細]

cbq filter modify <name> [class <class_name>]
  [length { any | <length_range> }]
  [vlan-id {any | <vlan_id_range>}]
  [vlan-pri { any | <vlan_priority_range>}]
  [category { ip | ipv6 | ether }]
  [tos { any | <tos/mask>} ]
  [protocol { any | tcp | tcp-ack | udp | icmp | ipv6-icmp | igmp | <protocol> }]
  [src { any | <src_IPaddress/prefixlen>}]
  [srcport { any | <src_port_range> }]
  [dst { any | <dst_IPaddress/prefixlen> }]
  [dstport { any | <dst_port_range> }]
  [mactype { any | arp | sna | <mactype>}]
  [enable | disable]

CBQのクラス分けフィルタの設定を有効化する。 [詳細]

cbq filter enable { <name> ... | all }

CBQのクラス分けフィルタの設定を無効化する。 [詳細]

cbq filter disable { <name> ... | all }

CBQのクラス分けフィルタの評価順位を移動する。 [詳細]

cbq filter move <name>
 { top | bottom | above <base_name> | below <base_name> }

cbq link-bandwidth

帯域制御における計算上の回線速度(帯域幅100%)を設定する。 [詳細]

cbq link-bandwidth { 1Gbps | 100Mbps | 10Mbps }

帯域制御における計算上の回線速度(帯域幅100%)を設定する。 [詳細]

cbq link-bandwidth { 100Mbps | 10Mbps }

certificate

certificate

X.509 証明書(サーバ証明書)を追加する。 [詳細]

certificate my add <name> certificate "<string>" private-key "<string>"
certificate my add <name> load-from remote { <IPaddress> | <URL> | <hostname> }
certificate my add <name> load-from stdin

X.509 証明書を削除する。 [詳細]

certificate my delete { <name> | all }

X.509 証明書を変更する。 [詳細]

certificate my modify <name> [certificate <string>] [private-key <string>]
certificate my modify <name> load-from remote { <IPaddress> | <URL> | <hostname> }
certificate my modify <name> load-from stdin

clear

clear arp-cache

ARPキャッシュをクリアする。 [詳細]

clear arp-cache

clear counter interface

インタフェースの各種カウンタ値を初期値にする。 [詳細]

clear counter interface { <interface> | all }

clear counter route

経路の参照数を初期値にする。 [詳細]

clear counter route

clear counter route6

IPv6経路の参照数を初期値にする。 [詳細]

clear counter route6

clear dhcp6 client

DHCPv6クライアントの動作状態をクリアする。 [詳細]

clear dhcp6 client interface <interface>

clear dialup-device auto-reset-timer

モバイルデータ通信端末の自動リセットのタイマーを初期化する。 [詳細]

clear dialup-device { <foma> | <emobile> | <softbank> | <mdm> } auto-reset-timer

clear dialup-device pin

モバイルデータ通信端末がPIN1入力を必要としている場合に、それを解除する。 [詳細]

clear dialup-device { <foma> | <emobile> | <softbank> } pin <pin>

clear filter / filter6

IPv4/IPv6動的フィルタにより生成されたルールをクリアする。 [詳細]

clear filter state
clear filter6 state

clear ike

IKEフェーズ1で確立したIKEセキュリティアソシエーションをクリアする。 [詳細]

clear ike [peer { <peer_name> | all }]

clear ipsec security-association

IKEで確立したIPsecセキュリティアソシエーションをクリアする。 [詳細]

clear ipsec security-association { <SA_name> | all }

clear ipsec security-policy

IPsecセキュリティポリシーを初期状態にする。 [詳細]

clear ipsec security-policy

clear l2tp session

L2TPv3セッションを初期状態にする。インタフェースが指定された場合は、該当する セッションのみを初期状態にする。 [詳細]

clear l2tp session { interface <L2TP_ifname> | all }

clear l2tp tunnel

L2TPv3トンネルを初期状態にする。アドレスが指定された場合は、該当する トンネルのみを初期状態にする。 [詳細]

clear l2tp tunnel { <L2TP_remote_IPaddress> | all }

clear log

SEILが保持しているログを消去する。 [詳細]

clear log

clear nat-session

NATにより動的に生成されたすべてのNATルールを消去する。 [詳細]

clear nat-session

clear nat6-session

NAT6のセッションをクリアする。 [詳細]

clear nat6-session

clear ndp-cache

SEILの持つNDPキャッシュをクリアする。 [詳細]

clear ndp-cache

clear pppac session

PPPACセッションを切断する。 [詳細]

clear pppac session all
clear pppac session ppp-id <ppp-id>
clear pppac session address <IPaddress>
clear pppac session [interface <interface-name>]
  [protocol { l2tp | pptp | pppoe }] [realm <realm-name>]
  [username <username>]

PPPACセッションを切断する。 [詳細]

# clear pppac session all
Really disconnect the sessions? [y/N] y
Successfully disconnected 2 sessions.
#
# clear pppac session ppp-id 173
Really disconnect the sessions? [y/N] y
Successfully disconnected 1 session.
#

clear route

動的経路制御で受けた経路を削除する。 [詳細]

clear route { all | bgp { all | <neighbor_IPv4address> }}

clear route6

動的経路制御で受けたIPv6経路を削除する。 [詳細]

clear route6 all

clear router-advertisement

ルータ広告で取得した情報をクリアし、RSを送信する。 [詳細]

clear router-advertisement

clear ssh known-hosts-cache

Secure Shell クライアント機能で用いる、known hosts キャッシュデータベースをクリアする。 [詳細]

clear ssh known-hosts-cache

clear statistics

show statistics コマンドにより参照する統計情報をクリアする [詳細]

clear statistics <function>

connect

connect, disconnect, reconnect

インタフェースに関連付けられたPPPセッションの接続状態を制御する。 [詳細]

connect { <pppoe> | <ppp> | <wwan> }
disconnect { <pppoe> | <ppp> | <wwan> }
reconnect { <pppoe> | <ppp> | <wwan>}

date

date

現在のシステム時刻を表示または変更する。 [詳細]

date [ntp | <time>]

dhcp

dhcp (mode server)

DHCP(DHCPサーバまたはDHCPリレーエージェント)の有効化または無効化を設定する。 [詳細]

dhcp { enable | disable }

DHCPの動作モード(DHCPサーバまたはDHCPリレーエージェント)を設定する。 [詳細]

dhcp mode { server | relay }

DHCP(DHCPサーバまたはDHCPリレーエージェント)をインタフェース毎に有効化または無効化する。 [詳細]

dhcp interface { <lan> | <vlan> } { enable | disable }
<lan>, <vlan>インタフェース名enable有効にするdisable無効にする

DHCPサーバが配布するIPアドレスの範囲を設定する。 [詳細]

dhcp interface { <lan> | <vlan> } pool <IPv4address>[/<prefixlen>] <count>
dhcp interface { <lan> | <vlan> } pool none

DHCPサーバが配布するデフォルト経路を設定する。 [詳細]

dhcp interface { <lan> | <vlan> } gateway { <IPv4address> | system-default }

DHCPサーバが配布するDNSサーバのIPアドレスを設定する。 [詳細]

dhcp interface { <lan> | <vlan> }
  dns { add <IPv4address> | delete { <IPv4address> | all } } 

DHCPサーバが配布するドメイン名を設定する。 [詳細]

dhcp interface { <lan> | <vlan> } domain <name>

DHCPサーバが配布するアドレス情報の有効期間を設定する。 [詳細]

dhcp interface { <lan> | <vlan> } expire <period>

DHCPサーバが配布するNTPサーバのIPアドレスを追加する。 [詳細]

dhcp interface { <lan> | <vlan> } ntp add <IPv4address>
dhcp interface { <lan> | <vlan> } ntp delete { <IPv4address> | all }

DHCPサーバが配布するWINSノードタイプの設定を行なう。 [詳細]

dhcp interface { <lan> | <vlan> } wins-node { b-node | p-node | m-node | h-node }
dhcp interface { <lan> | <vlan> } wins-node none

DHCPサーバが配布するWINSサーバのIPアドレスを設定する。 [詳細]

dhcp interface { <lan> | <vlan> } wins-server add <IPv4address>
dhcp interface { <lan> | <vlan> } wins-server delete { <IPv4address> | all }

DHCPサーバが配布するWPAD URLを設定する。 [詳細]

dhcp interface { <lan> | <vlan> } wpad <URL>

DHCPクライアントのMACアドレスと配布IPアドレスの静的な対応を設定する。 [詳細]

dhcp interface { <lan> | <vlan> } static add <MACaddress> <IPv4address>
dhcp interface { <lan> | <vlan> } static delete { <MACaddress> | all }

DHCPクライアントのMACアドレスと配布IPアドレスの対応リストを外部システムから取得するよう設定する。 [詳細]

dhcp interface { <lan> | <vlan> } static external url { <URL> | none }
dhcp interface { <lan> | <vlan> } static external interval { <time> | system-default }

dhcp (mode relay)

DHCPリレーエージェントが転送先とするDHCPサーバを設定する。 [詳細]

dhcp interface { <lan> | <vlan> } server add <IPv4address>
dhcp interface { <lan> | <vlan> } server delete { <IPv4address> | all }

dhcp6

dhcp6 client (multiple)

複数インタフェースへのDHCPv6クライアント設定の有効化または無効化を設定する。 [詳細]

dhcp6 client multiple { enable | disable }

優先的なDHCPv6クライアントとして扱うインタフェースを設定する。 [詳細]

dhcp6 client interface { <interface> | system-default }

DHCPv6クライアントをインタフェース毎に有効化または無効化する。 [詳細]

dhcp6 client interface <interface> { enable | disable | none }

DHCPv6クライアントでのRapid Commitオプションの使用有無を設定する。 [詳細]

dhcp6 client interface <interface> rapid-commit { on | off }

DHCPv6クライアントでのReconfigure Acceptオプションの使用有無を設定する。 [詳細]

dhcp6 client interface <interface> reconf-accept { on | off }
onReconfigure Acceptオプションを使用するoffReconfigure Acceptオプションを使用しない

インタフェース毎のPrefix Delegationの設定を追加する。 [詳細]

dhcp6 client interface <interface> prefix-delegation add { <lan> | <vlan> }
  sla-id <sla-id>
  [ interface-id { <interface-id> | system-default } ]
  [ enable | disable ]

インタフェース毎のPrefix Delegationの設定を削除する。 [詳細]

dhcp6 client interface <interface> prefix-delegation delete { <lan> | <vlan> | all }

他の設定に関係なく prefix delegation をDHCPv6サーバに要求するか否かを設定する。 [詳細]

dhcp6 client interface <interface> prefix-delegation force-option { on | off }

dhcp6 client

DHCPv6クライアントの有効化または無効化を設定する。 [詳細]

dhcp6 client { enable | disable }

DHCPv6クライアントを使用するインタフェースを設定する。 [詳細]

dhcp6 client interface { <lan> | <ipsec> | <ppp> | <pppoe> | <tunnel> | <vlan> }

Prefix Delegationを設定する。 [詳細]

dhcp6 client prefix-delegation subnet { <lan> | <vlan> }
  sla-id { none | <sla-id> }
  [ interface-id { <interface-id> | system-default } ]
  [ enable | disable ]

他の設定に関係なく prefix delegation をDHCPv6サーバに要求するか否かを設定する。 [詳細]

dhcp6 client interface <interface> prefix-delegation force-option { on | off }

DHCPv6クライアントでのRapid Commitオプションの使用有無を設定する。 [詳細]

dhcp6 client rapid-commit { on | off }

DHCPv6クライアントでのReconfigure Acceptオプションの使用有無を設定する。 [詳細]

dhcp6 client reconf-accept { on | off }
onReconfigure Acceptオプションを使用するoffReconfigure Acceptオプションを使用しない

dhcp6 relay

DHCPv6リレーエージェントについてインタフェース毎に有効化または無効化を設定する。 [詳細]

dhcp6 relay interface { <lan> | <vlan> } { enable | disable }

DHCPv6リレーエージェントが転送先とするDHCPv6サーバを追加または削除する。 [詳細]

dhcp6 relay interface { <lan> | <vlan> } server add <ipaddr>
dhcp6 relay interface { <lan> | <vlan> } server delete { all | <IPv6address> }

dhcp6 server

DHCPv6サーバについてインタフェース毎に有効化または無効化を設定する。 [詳細]

dhcp6 server interface { <lan> | <vlan> } { enable | disable }
<lan>, <vlan>DHCPv6サーバ機能を設定するインタフェース名enable有効化するdisable無効化する

DHCPv6サーバが配布するDNSサーバのIPアドレスを追加または削除する。 [詳細]

dhcp6 server interface { <lan> | <vlan> } dns add { dhcp6 | <IPv6address> } [ from <interface> ]
dhcp6 server interface { <lan> | <vlan> } dns delete { all | dhcp6 | <IPv6address> }

DHCPv6サーバが配布するドメイン名を追加または削除する。 [詳細]

dhcp6 server interface { <lan> | <vlan> } domain add <domain>
dhcp6 server interface { <lan> | <vlan> } domain delete { all | <domain> }

DHCPv6サーバが配布するDHCPv6サーバの優先度を設定する。 [詳細]

dhcp6 server interface { <lan> | <vlan> } preference { <preference> | system-default }

DHCPv6サーバが配布するSNTPサーバのIPアドレスを追加または削除する。 [詳細]

dhcp6 server interface { <lan> | <vlan> } sntp add { dhcp6 | <IPv6address> }
dhcp6 server interface { <lan> | <vlan> } sntp delete { all | dhcp6 | <IPv6address> }
<lan>, <vlan> 配布を行うLAN又はVLANインタフェース名adddhcp6 DHCPv6クライアント機能で取得したSNTPサーバのIPv6アドレスを追加する<IPv6address> SNTPサーバのIPv6アドレスを指定して追加するdeleteallすべての設定済みのSNTPサーバのIPv6アドレスを削除するdhcp6DHCPv6クライアント機能で取得したSNTPサーバのIPv6アドレスを削除する<IPv6address>SNTPサーバのIPv6アドレスを指定して削除する

dialup-device

dialup-device (Mobile PPP)

ダイアルアップデバイスを設定する。 [詳細]

dialup-device { <foma> | <emobile> | <softbank> | <kddi> | <mdm> }
  [connect-to { <access-point-name> | none }]
  [pin { <pin> | none }]
  [auto-reset-interval { auto | <interval> | none }]
  [auto-reset-fail-count { <count> | none }]

ダイアルアップデバイスが接続するアクセスポイントの設定を追加する。 [詳細]

dialup-device access-point add <name>
  [phone-number { <phone-number> | none }] [subaddress { <address> | none }]
  [apn <apn>] [cid { <cid> | none }]
  [pdp-type { ppp | ip | system-default }]

アクセスポイントの設定を削除する。 [詳細]

dialup-device access-point delete { <name> | all }

アクセスポイントの設定を変更する。 [詳細]

dialup-device access-point modify <name>
 [phone-number { <phone-number> | none }] [subaddress <address>]
 [apn <apn>] [cid { <cid> | none }]
 [pdp-type { ppp | ip | system-default }]

dialup-device (Mobile WWAN)

ダイアルアップデバイスを設定する。 [詳細]

dialup-device <mdm>
  [authentication-method { pap | chap | none }]
  [username <username>] [password <password>]
  [auto-connect { always | ondemand | system-default }]
  [idle-timer { <idle-timer> | none }]

dialup-device (BRI)

ダイアルアップデバイスを設定する。 [詳細]

dialup-device bri0
  [connect-to { <access-point-name> | none }]
  [slots { 1 | 2 | system-default }]
  [mode { leased | isdn-outgoing | isdn-incoming | isdn-bidirect | local-loopback | remote-loopback }]
  [local-number { <number> | none }]
  [subaddress { <address> | none }]
  [calltrap { <number> | none }]

ISDN着信におけるPPP認証設定を追加する [詳細]

dialup-device bri0 incoming-configuration add <name>
  [identifier <userid>]
  [passphrase <pass_phrase>]

ISDN着信におけるPPP認証設定を削除する。 [詳細]

dialup-device bri0 incoming-configuration delete { <name> | all }

ISDN着信におけるPPP認証設定を変更する。 [詳細]

dialup-device bri0 incoming-configuration modify <name>
  [identifier <userid>]
  [passphrase <pass_phrase>]

dialup-device keepalive

死活監視の設定を追加する。 [詳細]

dialup-device { <foma> | <emobile> | <softbank> | <kddi> |<mdm> } keepalive add <IPv4address>

死活監視の設定を削除する。 [詳細]

dialup-device { <foma> | <emobile> | <softbank> | <kddi> | <mdm> }
  keepalive delete { <IPv4address> | all }

死活監視パケットの送信間隔を設定する。 [詳細]

dialup-device keepalive-send-interval { <interval> | system-default }

死活監視によりダウンと判定する連続無応答回数を設定する。 [詳細]

dialup-device keepalive-down-count { <count> | system-default }

死活監視パケットの応答待ち時間を設定する。 [詳細]

dialup-device keepalive-timeout { <timeout> | system-default }

dialup-network

dialup-network

L2TP接続によるダイアルアップネットワークを設定する。 [詳細]

dialup-network <dialup-network> connect-to { <IPaddress> | <hostname> | "" }
 [ipsec-preshared-key { <preshared-key> | "" }]

disconnect

connect, disconnect, reconnect

インタフェースに関連付けられたPPPセッションの接続状態を制御する。 [詳細]

connect { <pppoe> | <ppp> | <wwan> }
disconnect { <pppoe> | <ppp> | <wwan> }
reconnect { <pppoe> | <ppp> | <wwan>}

dns_forwarder

dns forwarder

DNS中継を有効化または無効化する。 [詳細]

dns forwarder { enable | disable }

DNS要求の中継先設定を追加する。 [詳細]

dns forwarder add { dhcp | dhcp6 | ipcp | ipcp-auto | <IPaddress> }

DNS要求の中継先設定を削除する。 [詳細]

dns forwarder delete { dhcp | dhcp6 | ipcp | ipcp-auto | <IPaddress> }
dns forwarder delete all

DNSクエリのIPv4-IPv6変換を有効化または無効化する。 [詳細]

dns forwarder query-translation { enable | disable }

DNSクエリのIPv4-IPv6変換に使用するIPv6プレフィックスを設定する。 [詳細]

dns forwarder query-translation prefix { <prefix> | system-default }

DNS中継におけるAAAAフィルタを有効化または無効化する。 [詳細]

dns forwarder aaaa-filter { enable | disable }

PPPoE、PPP、WWANインタフェースから受信したUDPのDNSクエリ中継を有効化または無効化する。 [詳細]

dns forwarder accept-from-wan { enable | disable }

environment

environment

コマンドインタフェース無操作時の自動ログアウトタイマーを設定する。 [詳細]

environment login-timer { <period> | none }

"show" コマンド実行時のページャを使用するか否か設定する。 [詳細]

environment pager { on | off }

ターミナル(シリアルコンソール)の画面サイズを設定する。 [詳細]

environment terminal auto-size { on | off }
environment terminal column { <column> | system-default }
environment terminal row { <row> | system-default }

factory-config

factory-config

フラッシュメモリ上のコンフィグを初期化(消去)する。 [詳細]

factory-config

filter

filter

IPv4パケットフィルタの設定を追加する。 [詳細]

filter add <name>
  interface <interface>
  direction { in | out | in/out | redirect}
  action { block | pass | forward { <IPv4address> | <ppp> | <pppoe> | <tunnel> | <ipsec> | discard }}
  [protocol { any | icmp | igmp | tcp | tcp-established | tcp-synonly | tcpudp | udp | ah | esp | <num> }]
  [icmp-type { any | <num> }]
  [application { any | winny }]
  [src { <IPv4address>[/<prefixlen>] | <IPv4address_range> | <interface> | self }]
  [srcport <port_range>]
  [dst { <IPv4address>[/<prefixlen>] | <IPv4address_range> | <interface> | self }]
  [dstport <port_range>]
  [ipopts { none | any | <num> }]
  [state { disable | enable [state-ttl { normal | <ttl> }]}]
  [keepalive { <IPv4address> | none }]
  [logging { on | off | state-only }]
  [label <label>]
  [top | bottom | above <base_name> | below <base_name>]
  [enable | disable]

IPv4パケットフィルタの設定を削除する。 [詳細]

filter delete { <name> ... | all }

IPv4パケットフィルタの設定を変更する。 [詳細]

filter modify <name>
  [interface <interface>]
  [direction { in | out | in/out | redirect}]
  [action { block | pass | forward { <IPv4address> | <interface> }}]
  [protocol { any | icmp | igmp | tcp | tcp-established | tcp-synonly | tcpudp | udp | ah | esp | <num> }]
  [icmp-type { any | <num> }]
  [application { any | winny }]
  [src { <IPv4address>[/<prefixlen>] | <IPv4address_range> | <interface> | self }]
  [srcport <port_range>]
  [dst { <IPv4address>[/<prefixlen>] | <IPv4address_range> | <interface> | self }]
  [dstport <port_range>]
  [ipopts { none | any | <num> }]
  [state { disable | enable [state-ttl { normal | <ttl> }] }]
  [keepalive { <IPv4address> | none }]
  [logging { on | off | state-only }]
  [label <label>]
  [enable | disable]

IPv4パケットフィルタの評価順位を移動する。 [詳細]

filter move <name>
 { top | bottom | above <base_name> | below <base_name> }

IPv4パケットフィルタを有効化する。 [詳細]

filter enable { <name> ... | all }

IPv4パケットフィルタを無効化する。 [詳細]

filter disable { <name> ... | all }

filte6

filter6

IPv6パケットフィルタの設定を追加する。 [詳細]

filter6 add <name>
  action { block | pass }
  interface <interface>
  direction { in | out | in/out | redirect}
  [protocol { any | ipv6-icmp | igmp | tcp | tcp-established | tcp-synonly | tcpudp | udp | ah | esp | <num> }]
  [icmp-type { any | <num> }]
  [src { <IPv6address>[/<prefixlen>] | <interface> | self }]
  [srcport <port_range>]
  [dst { <IPv6address>[/<prefixlen>] | <interface> | self }]
  [dstport <port_range>]
  [exthdr { none | any | <num> }]
  [state { disable | enable [state-ttl { normal | <ttl> }]}]
  [logging { on | off | state-only }]
  [label <label>]
  [top | bottom | above <base_name> | below <base_name>]
  [enable | disable]

filter6 add <name>
  action forward { <IPv6address> | <ppp> | <pppoe> | <tunnel> | <ipsec> | discard }
  [protocol { any | ipv6-icmp | igmp | tcp | tcp-established | tcp-synonly | tcpudp | udp | ah | esp | <num> }]
  [icmp-type { any | <num> }]
  [src { <IPv6address>[/<prefixlen>] | <interface> | self }]
  [srcport <port_range>]
  [dst { <IPv6address>[/<prefixlen>] | <interface> | self }]
  [dstport <port_range>]
  [exthdr { none | any | <num> }]
  [logging { on | off | state-only }]
  [label <label>]
  [top | bottom | above <base_name> | below <bass_name>]
  [enable | disable]

IPv6パケットフィルタの設定を削除する。 [詳細]

filter6 delete { <name> ... | all }

IPv6パケットフィルタの設定を変更する。 [詳細]

filter6 modify <name> [action <action>] [interface <interface>]
  [direction <direct_mode>] [protocol <protocol>] [icmp-type <icmp_type>]
  [src { <src_IPaddress/prefixlen> | <src_interface> | self }]
  [srcport <src_port_range>]
  [dst { <dst_IPaddress/prefixlen> | <dst_interface> | self }]
  [dstport <dst_port_range>]
  [exthdr { none | any | <num> }]
  [state { disable | enable [state-ttl <ttl>] }]
  [logging <log_mode>] [enable | disable]
  [label <label>]

IPv6パケットフィルタの評価順位を移動する。 [詳細]

filter6 move <name>
 { top | bottom | above <base_name> | below <base_name> }

IPv6パケットフィルタを有効化する。 [詳細]

filter6 enable { <name> ... | all }

IPv6パケットフィルタを無効化する。 [詳細]

filter6 disable { <name> ... | all }

help

help

コマンドの書式を表示する。 [詳細]

help [<command>]

hostname

hostname

システムのホスト名を表示または変更する。 [詳細]

hostname [<hostname>]

httpd

httpd

Webインタフェースを有効化または無効化する。 [詳細]

httpd { enable | disable }

Wake on LAN Webインタフェースを有効化または無効化する。 [詳細]

httpd module wol { enable | disable }

Wake on LAN Webインタフェースのパスワードを設定する。 [詳細]

httpd module wol password { <password> | none }

アクセス元ホストによるWebインタフェースへのアクセス制御の設定を追加する。 [詳細]

httpd access { allow | deny } add { <client-pattern> | ALL }

アクセス元ホストによるWebインタフェースへのアクセス制御の設定を削除する。 [詳細]

httpd access { allow | deny } delete { <client-pattern> | all }

ike

ike

IKEセッションの自動始動を設定する。 [詳細]

ike auto-initiation { enable | disable | system-default }

NAT-Traversal使用時にNATルールを維持するためのキープアライブパケットの送信を設定する。 [詳細]

ike nat-keepalive-interval { none | <interval> | system-default }

DPD(Dead Peer Detection)パケットの送信間隔を設定する。 [詳細]

ike dpd-interval { <interval> | system-default }

DPD(Dead Peer Detection)でセッション断とみなす失敗回数を設定する。 [詳細]

ike dpd-maxfail { <maxfail> | system-default }

IKEフェーズ1のタイムアウト値を設定する。 [詳細]

ike phase1-timeout { <time> | system-default }

IKEフェーズ2のタイムアウト値を設定する。 [詳細]

ike phase2-timeout { <time> | system-default }

IKEパケットの再送回数を設定する。 [詳細]

ike retry { <number> | system-default }

IKEパケットの再送間隔を設定する。 [詳細]

ike interval { <interval> | system-default }

IKEパケットの送信個数を設定する。 [詳細]

ike per-send { <packets> | system-default }

IKEパケットのパディング値のランダム化を設定する。 [詳細]

ike randomize-padding-value { enable | disable | system-default }

IKEパケットのパディング長のランダム化について設定する。 [詳細]

ike randomize-padding-length { enable | disable | system-default }

IKEパケットのランダム化したパディング長の最大値を設定する。 [詳細]

ike maximum-padding-length { <length> | system-default }

IKEパケットのパディング末尾のパディング長付加を設定する。 [詳細]

ike exclusive-tail { enable | disable | system-default }

IKEパケットのパディング長の厳密な検査を設定する。 [詳細]

ike strict-padding-byte-check { enable | disable | system-default }

ike preshared-key

IKEの事前共有鍵の設定を追加する。 [詳細]

ike preshared-key add <peers-identifier> <key>

IKEの事前共有鍵の設定を削除する。 [詳細]

ike preshared-key delete <peers-identifier> ...
ike preshared-key delete all

IKE事前共有鍵の設定を変更する。 [詳細]

ike preshared-key modify <peers-identifier> <key>

ike proposal

IKEプロポーザルの設定を追加する。 [詳細]

ike proposal add <name>
  authentication { preshared-key }
  encryption { 3des | des | blowfish | cast128 | aes | aes128 | aes192 | aes256 }
  hash { md5 | sha1 | sha256 | sha384 | sha512 }
  dh-group { modp768 | modp1024 | modp1536 | modp2048 | modp3072 | modp4096 | modp6144 | modp8192 }
  [lifetime-of-time { <time> | system-default }]

IKEプロポーザルの設定を削除する。 [詳細]

ike proposal delete { <name> ... | all }

IKEプロポーザルの設定を変更する。 [詳細]

ike proposal modify <name>
 [authentication preshared-key] [encryption <enc_algo>]
 [hash <hash_algo>] [dh-group <pfs-group>]
 [lifetime-of-time { <time> | system-default }]

ike peer

IKE peerの設定を追加する。 [詳細]

ike peer add <name>
  exchange-mode { main | aggressive }
  proposals <proposal>,...
  address { <IPaddress> | dynamic }
  [port { <port> | system-default }]
  [check-level { obey | claim | strict | exact | system-default }]
  [initial-contact { enable | disable | system-default }]
  [my-identifier { fqdn <identifier> | user-fqdn <identifier> | address | system-default }]
  [peers-identifier { fqdn <peers-identifier> | user-fqdn <peers-identifier> | address | system-default }]
  [nonce-size { <size> | system-default }]
  [variable-size-key-exchange-payload { enable | disable | system-default }]
  [tunnel-interface { enable | disable | system-default }]
  [dpd { enable | disable | system-default }]
  [esp-fragment-size { none | system-default | <size> }]
  [nat-traversal { enable | disable | force | system-default }]
  [send-transport-phase2-id { disable | enable | system-default }]
  [responder-only { on | off | system-default }]

IKE peerの設定を削除する。 [詳細]

ike peer delete { <name> ... | all }

IKE peerの設定を変更する。 [詳細]

ike peer modify <name>
  [exchange-mode { main | aggressive }]
  [proposals <proposal>,...]
  [address { <IPaddress> | dynamic }]
  [port { <port> | system-default }]
  [check-level { obey | claim | strict | exact | system-default }]
  [initial-contact { enable | disable | system-default }]
  [my-identifier { fqdn <identifier> | user-fqdn <identifier> | address | system-default }]
  [peers-identifier { fqdn <peers-identifier> | user-fqdn <peers-identifier> | address | system-default }]
  [nonce-size { <size> | system-default }]
  [variable-size-key-exchange-payload { enable | disable | system-default }]
  [tunnel-interface { enable | disable }]
  [dpd { enable | disable | system-default }]
  [esp-fragment-size { none | system-default | <size> }]
  [nat-traversal { enable | disable | force | system-default }]
  [send-transport-phase2-id { disable | enable | system-default }]
  [responder-only {on | off | system-default }]

install-key

install-key

ライセンスキーをインストールする。 [詳細]

install-key from { stdin | remote <URL> }

interface

interface <lan>

LANインタフェースの結線タイプ(MDI/MDI-X)を設定する。 [詳細]

interface <lan> mdi { auto | normal }
interface lan0 port <l2sw_port> mdi { auto | normal }

LANインタフェースのメディアタイプ(回線速度)を設定する。 [詳細]

interface <lan> media  { <media> | auto }
interface lan0 port <l2sw_port> media { <media> | auto }

インタフェースのIPアドレスを設定する。アドレスが設定済みの場合は1つ目のアドレスを上書きする。 [詳細]

interface <lan> address { <IPaddress>[/<prefixlen>] | dhcp | router-advertisement | dhcp6 }

インタフェースのIPアドレスを設定する。アドレスが設定済みの場合はエイリアスアドレスとして追加する。 [詳細]

interface <lan> add { <IPaddress>[/<prefixlen>] | dhcp | router-advertisement | dhcp6 }

インタフェースのIPアドレスを削除する。 [詳細]

interface <lan> delete { <IPaddress> | all | dhcp | router-advertisement | dhcp6 }

キューイング方式を設定する。 [詳細]

interface <lan> queue { normal | cbq }

インタフェースのMTUを設定する。 [詳細]

interface <lan> mtu { system-default | <size> }

[詳細]

interface <lan> tcp-mss { <size> | off | auto }

[詳細]

interface <lan> tcp-mss6 { <size> | off | auto }

[詳細]

interface <lan> description <description>

interface <ipsec>

インタフェースのトンネルの始点と終点を設定する。 [詳細]

interface <ipsec> tunnel { <start_IPaddress> <end_IPaddress> | none }

[詳細]

interface <ipsec> address <IPaddress>[/<prefixlen>] remote <IPaddress>

[詳細]

interface <ipsec> add <IPaddress>[/<prefixlen>] remote <IPaddress>

[詳細]

interface <ipsec> delete { <IPaddress> | all }

[詳細]

interface <ipsec> unnumbered [on { <leased-interface> | system-default }]

[詳細]

interface <ipsec> numbered

インタフェースのMTUを設定する。 [詳細]

interface <ipsec> mtu { system-default | <size> }

IPv4 TCP MSS調整を設定する。 [詳細]

interface <ipsec> tcp-mss { <size> | off }

IPv6 TCP MSS調整を設定する。 [詳細]

interface <ipsec> tcp-mss6 { <size> | off }

[詳細]

interface <ipsec> tx-tos-set { <tos> | copy | system-default }

[詳細]

interface <ipsec> description <description>

interface <ipsec> (フロートリンクを使用する)

フロートリンクで使用する自分のノードIDを設定する。 [詳細]

interface <ipsec> floatlink my-node-id { <node-id> | none }

フロートリンクで使用するVPN対向のノードIDを設定する。 [詳細]

interface <ipsec> floatlink peer-node-id { <node-id> | none }

フロートリンクで使用するIKE事前共有鍵を設定する。 [詳細]

interface <ipsec> floatlink preshared-key { <key> | none }

フロートリンクによるIPsecトンネル上でのIPv6通信を有効または無効に設定する。 [詳細]

interface <ipsec> floatlink ipv6 { disable | enable | system-default }

フロートリンクで使用するグループキーを設定する。 [詳細]

interface <ipsec> floatlink floatlink-key { <key> | none }

フロートリンクのネームサーバに登録するIPアドレスを設定する。 [詳細]

interface <ipsec> floatlink my-address { <interface> | <IPaddress> | none }

フロートリンクのネームサーバに登録するIPアドレスのアドレスファミリを設定する。 [詳細]

interface <ipsec> floatlink address-family { ipv4 | ipv6 | system-default }

フロートリンク利用時にローカルアドレスの書き換えの検知を有効または無効に設定する。 [詳細]

interface <ipsec> floatlink dynamic-local-address { disable | enable | system-default }

フロートリンク利用時にリモートアドレスの書き換えの検知を有効または無効に設定する。 [詳細]

interface <ipsec> floatlink dynamic-remote-address { disable | enable | system-default }

インタフェースのフロートリンク設定を解除する(フロートリンクに関する設定をすべて削除する)。 [詳細]

interface <ipsec> floatlink none

interface <ppp>

[詳細]

interface <ppp> ppp-configuration { <ppp_name> | none }

インタフェースを関連付けるダイアルアップデバイスを設定する。 [詳細]

interface <ppp> over { <dialup-device> | <dialup-network> | none }

[詳細]

interface <ppp> address <IPaddress>[/<prefixlen>] [remote <IPaddress>]

[詳細]

interface <ppp> add <IPaddress>[/<prefixlen>] [remote <IPaddress>]

[詳細]

interface <ppp> delete { <IPaddress> | all }

インタフェースの送信キューの長さを設定する。 [詳細]

interface <ppp> tx-queue-length { <length> | auto | system-default }

インタフェースのMTUを設定する。 [詳細]

interface <ppp> mtu { system-default | <size> | auto }

[詳細]

interface <ppp> description <description>

interface <wwan>

インタフェースを関連付けるダイアルアップデバイスを設定する。 [詳細]

interface <wwan> over { <dialup-device> | none }

インタフェースのIPアドレスを設定する。アドレスが設定済みの場合は1つ目のアドレスを上書きする。 [詳細]

interface <wwan> address { <IPaddress>[/<prefixlen>] | dhcp } [remote <IPaddress>[/<prefixlen> ]

インタフェースのIPアドレスを設定する。アドレスが設定済みの場合はエイリアスアドレスとして追加する。 [詳細]

interface <wwan> add { <IPaddress>[/<prefixlen>] | dhcp } [remote <IPaddress>[/<prefixlen> ]

[詳細]

interface <wwan> delete { <IPaddress> | all }

インタフェースのMTUを設定する。 [詳細]

interface <wwan> mtu { system-default | <size> }

[詳細]

interface <wwan> tcp-mss { <size> | off | auto }

[詳細]

interface <wwan> tcp-mss6 { <size> | off | auto }

[詳細]

interface <wwan> description <description>

interface <pppac>

PPPのトンネル終端アドレスを設定する。 [詳細]

interface <pppac> tunnel-end-address { none | <IPv4address> }

トンネルプロトコル設定の結びつけを設定する。 [詳細]

interface <pppac> bind-tunnel-protocol { none | <protocol_config_name>,...}

認証レルム設定の結びつけを設定する。 [詳細]

interface <pppac> bind-realm { none | <realm_name>,...}

使用するIPCP設定を設定する。 [詳細]

interface <pppac> ipcp-configuration { none | <pppac_ipcp_config_name> }

集約する最大セッション数(同時接続数)を設定する。 [詳細]

interface <pppac> max-session { <number_of_sessions> | unlimit }

ユーザごとに許可する最大セッション数(同時接続数)を設定する。 [詳細]

interface <pppac> user-max-session { <number_of_sessions> | unlimit }

[詳細]

interface <pppac> description <description>

interface <pppoe>

インタフェースを関連付けるLANインタフェースを設定する。 [詳細]

interface <pppoe> over { <lan> | none }

[詳細]

interface <pppoe> ppp-configuration { <ppp_name> | none }

[詳細]

interface <pppoe> address <IPaddress>[/<prefixlen>] remote <IPaddress>

[詳細]

interface <pppoe> add <IPaddress>[/<prefixlen>] remote <IPaddress>

[詳細]

interface <pppoe> delete { <IPaddress> | all }

[詳細]

interface <pppoe> unnumbered [on { <leased-interface> | system-default }]

[詳細]

interface <pppoe> numbered

インタフェースのMTUを設定する。 [詳細]

interface <pppoe> mtu { system-default | <size> }

[詳細]

interface <pppoe> description <description>

interface <tunnel>

インタフェースのトンネルの始点と終点を設定する。 [詳細]

interface <tunnel> tunnel { <start_IPaddress> <end_IPaddress> | dslite <aftr> | none }

[詳細]

interface <tunnel> address <IPaddress>[/<prefixlen>] remote <IPaddress>

[詳細]

interface <tunnel> add <IPaddress>[/<prefixlen>] remote <IPaddress>

[詳細]

interface <tunnel> delete { <IPaddress> | all }

[詳細]

interface <tunnel> unnumbered [on { <leased-interface> | system-default }]

[詳細]

interface <tunnel> numbered

インタフェースのMTUを設定する。 [詳細]

interface <tunnel> mtu { system-default | <size> }

[詳細]

interface <tunnel> tcp-mss { <size> | off | auto }

[詳細]

interface <tunnel> tcp-mss6 { <size> | off | auto }

[詳細]

interface <tunnel> tx-tos-set { <tos> | copy | system-default }

[詳細]

interface <tunnel> description <description>

interface <tunnel> (フロートリンクを使用する)

[詳細]

interface <tunnel> floatlink my-node-id { <node-id> | none }

[詳細]

interface <tunnel> floatlink peer-node-id { <node-id> | none }

[詳細]

interface <tunnel> floatlink floatlink-key { <key> | none }

[詳細]

interface <tunnel> floatlink my-address { <interface> | <IPaddress> | none }

[詳細]

interface <tunnel> floatlink address-family { ipv4 | ipv6 | system-default }

[詳細]

interface <tunnel> floatlink none

interface <vlan>

インタフェースのVLANタグを設定する。 [詳細]

interface <vlan> tag { <tag> [over <lan>] | none }

インタフェースのIPアドレスを設定する。アドレスが設定済みの場合は1つ目のアドレスを上書きする。 [詳細]

interface <vlan> address <IPaddress>[/<prefixlen>]

インタフェースのIPアドレスを設定する。アドレスが設定済みの場合はエイリアスアドレスとして追加する。 [詳細]

interface <vlan> add <IPaddress>[/<prefixlen>]

[詳細]

interface <vlan> delete { <IPaddress> | all }

インタフェースのMTUを設定する。 [詳細]

interface <vlan> mtu { system-default | <size> }

[詳細]

interface <vlan> tcp-mss { <size> | off | auto }

[詳細]

interface <vlan> tcp-mss6 { <size> | off | auto }

[詳細]

interface <vlan> description <description>

ipsec

ipsec security-association add(IKEを使用しない)

IPsecで通信を行うためのセキュリティアソシエーションを設定する。 [詳細]

ipsec security-association add <SA_name>
  { { tunnel | transport }
   { <start_IPaddress> <end_IPaddress> | <start_Interface> <end_IPaddress> | dynamic | auto | any } |
    tunnel-interface <ipsec_Interface> }
  [to-auth { none | ah <spi> <ah_auth_algorithm> <auth_keyphrase> }]
  [to-encap { esp <spi> <esp_algorithm> <esp_keyphrase> |
    esp-auth <spi> <esp_algorithm> <esp_keyphrase>
    <auth_algorithm> <auth_keyphrase> }]
  [from-auth { none | ah <spi> <auth_algorithm> <auth_keyphrase> }]
  [from-encap { esp <spi> <esp_algorithm> <esp_keyphrase> |
    esp-auth <spi> <esp_algorithm> <esp_keyphrase>
    <auth_algorithm> <auth_keyphrase> }]

IPsecセキュリティアソシエーションを削除する。 [詳細]

ipsec security-association delete { <SA_name> ... | all }

IPsecセキュリティアソシエーションを変更する。 [詳細]

ipsec security-association modify <name>
  [to-auth { none | ah <spi> <ah_auth_algorithm> <auth_keyphrase> }]
  [to-encap { esp <spi> <esp_algorithm> <esp_keyphrase> |
    esp-auth <spi> <esp_algorithm> <esp_keyphrase>
    <auth_algorithm> <auth_keyphrase> }]
  [from-auth { none | ah <spi> <auth_algorithm> <auth_keyphrase> }]
  [from-encap { esp <spi> <esp_algorithm> <esp_keyphrase> |
    esp-auth <spi> <esp_algorithm> <esp_keyphrase>
    <auth_algorithm> <auth_keyphrase> }]

ipsec security-association add(IKEを使用する)

ポリシーベースIPsecのIPsecセキュリティアソシエーションを追加する。 [詳細]

ipsec security-association add <name>
  { tunnel | transport } 
  { <start_IPaddress> <end_IPaddress> | <start_Interface> <end_IPaddress> | dynamic | auto }
  ike <SAP_name> ah { enable | disable } esp { enable | disable }

ルーティングベースIPsecのIPsecセキュリティアソシエーションを追加する。 [詳細]

ipsec security-association add <name>
  tunnel-interface <IPsec>
  ike <SAP_name> ah { enable | disable } esp { enable | disable }
  [ipv6 { pass | block }]
  [proxy-id-local { <IPaddress/prefixlen> | any }]
  [proxy-id-remote { <IPaddress/prefixlen> | any }]
  [proxy-id-protocol { <protocol> | any }]

暗号化せずにパス(フォワーディング)する特殊なIPsecセキュリティアソシエーションを追加する。 [詳細]

ipsec security-association add <name> pass

暗号化せずにブロック(破棄)する特殊なIPsecセキュリティアソシエーションを追加する。 [詳細]

ipsec security-association add <name> block

IPsecセキュリティアソシエーションを削除する。 [詳細]

ipsec security-association delete { <SA_name> ... | all }

IPsecセキュリティアソシエーションを変更する。 [詳細]

ipsec security-association modify <name>
  [ike <SAP_name>] [ah { enable | disable }] [esp { enable | disable }]
  [ipv6 { pass | block }]
  [proxy-id-local { <IPaddress/prefixlen> | any }]
  [proxy-id-remote { <IPaddress/prefixlen> | any }]
  [proxy-id-protocol { <protocol> | any }]

ipsec security-association proposal add

IPsecセキュリティアソシエーションプロポーザルの設定を追加する。 [詳細]

ipsec security-association proposal add <name>
  authentication-algorithm { hmac-md5 | hmac-sha1 | hmac-sha256 | hmac-sha384 | hmac-sha512 },...
  encryption-algorithm { 3des | des | blowfish | cast128 | aes | aes128 | aes192 | aes256, null },...
  [lifetime-of-time { <time> | system-default }]
  [pfs-group { modp768 | modp1024 | modp1536 | modp2048 | modp3072 | modp4096 | modp6144 | modp8192 | none }]

IPsecセキュリティアソシエーションプロポーザルの設定を削除する。 [詳細]

ipsec security-association proposal delete { <name> ... | all }

IPsecセキュリティアソシエーションプロポーザルの設定を変更する。 [詳細]

ipsec security-association proposal modify <name>
 [authentication-algorithm <auth_algo>[,<auth_algo>...]]
 [encryption-algorithm <enc_algo>[,<enc_algo>...]]
 [lifetime-of-time { <time> | system-default }]
 [pfs-group { <pfs-group> | none }]

ipsec security-policy add

IPsecセキュリティポリシーの設定を追加する。 [詳細]

ipsec security-policy add <name> security-association <SA_name>
 src { <IPaddress>[/<prefixlen>] | <interface> | any}
 dst { <IPaddress>[/<prefixlen>] | any }
 [srcport { <port> | any }]
 [dstport { <port> | any }]
 [protocol <protocol>]
 [enable | disable]

IPsecセキュリティポリシーの設定を削除する。 [詳細]

ipsec security-policy delete { <name> ... | all }

IPsecセキュリティポリシーの設定を変更する。 [詳細]

ipsec security-policy modify <name>
 [security-association <SA_name>] [protocol <protocol>]
 [src { <src_IPaddress/prefixlen> | <src_Interface> }] [srcport <src_port>]
 [dst <dst_IPaddress/prefixlen>] [dstport <dst_port>] [enable | disable]

IPsecセキュリティポリシーの評価順位を移動する。 [詳細]

ipsec security-policy move <name>
  { top | bottom | above <base_name> | below <base_name> }

ipsec anonymous-l2tp-transport

L2TP/IPsecクライアントとの接続のためのIKEとIPsecの簡易設定を行う。 [詳細]

ipsec anonymous-l2tp-transport { enable | disable }

L2TP/IPsecクライアントとの接続のための事前共有鍵を設定する。 [詳細]

ipsec anonymous-l2tp-transport preshared-key <preshared-key>

L2TP/IPsecクライアントとの接続のためのIKEフェーズ1の有効時間を設定する。 [詳細]

ipsec anonymous-l2tp-transport lifetime-of-time-phase1 { <time> | system-default }

L2TP/IPsecクライアントとの接続のためのIKEフェーズ2の有効時間を設定する。 [詳細]

ipsec anonymous-l2tp-transport lifetime-of-time-phase2 { <time> | system-default }

l2tp

l2tp

L2TPv3のトンネルパラメータ設定を追加する。 [詳細]

l2tp add <name>
  hostname <hostname>
  router-id <router_id>
  [password <password>]
  [cookie { on | off }]
  [retry <num>]
  [hello-interval { <interval> | none }]
  [compatibility { auto | cisco }]

L2TPv3のトンネルパラメータ設定を削除する。 [詳細]

l2tp delete <name>
l2tp delete all

L2TPv3のトンネルパラメータ設定を変更する。 [詳細]

l2tp modify <name>
  hostname <hostname>
  router-id <router_id>
  [password <password>]
  [cookie { on | off }]
  [retry <num>]
  [hello-interval <sec>]
  [compatibility { auto | cisco }]

L2TPv3のホスト名を設定する。 [詳細]

l2tp hostname <hostname>

L2TPv3のRouter-IDを設定する。 [詳細]

l2tp router-id <router_id>
l2tp router-id none

load-from

load-from

SEILのメモリ上にコンフィグを読み込み、現在の動作に反映させる。 [詳細]

load-from flashrom
load-from remote { <IPaddress> | <URL> | <hostname> }
load-from stdin
load-from storage <device> <filename>

macfilter

macfilter

MACアドレスフィルタの設定を追加する。 [詳細]

macfilter add <name>
  [action { block | pass }]
  [on { <lan> | <vlan> | bridge }]
  src { any | <MACaddress> | <URL> interval <time> }
  [logging { on | off }]
  [block-dhcp { on | off }]

MACアドレスフィルタ設定を削除する。 [詳細]

macfilter delete { all | <name> [<name> ...]}

MACアドレスフィルタ設定を変更する。 [詳細]

macfilter modify <name>
  [action <action>]
  [on { <lan> | <vlan> | bridge }]
  [src { any | <MACaddress> | <url> interval <time> }]
  [logging { on | off }]
  [block-dhcp { on | off }]

measure

measure download

HTTPまたはFTPサーバからのダウンロードスピードを測定する。 [詳細]

measure download <URL> [src <IPaddress>]

measure iperf client

Iperfクライアント機能を使用し、Iperfサーバとの間のネットワークのスループットを測定する。 [詳細]

measure iperf client <IPaddress>
 [duration <duration>]
 [transfer-rate <rate>]
 [length <length>]
 [src <IPaddress>]

measure iperf server

Iperfサーバ機能による測定を開始または停止する。 [詳細]

measure iperf server { start | stop }

monitor

monitor

モニタを有効化または無効化する。 [詳細]

monitor { enable | disable }

監視項目の設定を追加する。 [詳細]

LANインタフェースの監視
monitor source add <name> type physical-interface-link
 [interface { <lan_interface_name>,... | all | system-default }]
 [watch-interval { <interval> | system-default }]
 [event { enable | disable | system-default }]
 [trigger { <trigger>,... | all | system-default }]

PPP/PPPoE接続の監視
monitor source add <name> type ppp-connection
 [interface { <ppp_interface_name>,.... | all | system-default }]
 [watch-interval { <interval> | system-default }]
 [event { enable | disable | system-default }]
 [trigger { <trigger>,... | all | system-default }]

USBポートの監視
monitor source add <name> type usb-port
 [watch-interval { <interval> | system-default }]
 [event { enable | disable | system-default }]
 [trigger { <trigger>,... | all | system-default }]

システム起動の監視
monitor source add <name> type boot-information
 [event { enable | disable | system-default }] 
 [trigger { <trigger>,... | all | system-default }]

ping応答の監視
monitor source add <name> type ping
 target-host <host_address>
 [source-address <source_address>]
 [description <target_descr>]
 [down-count <down_count>] 
 [watch-interval <interval>]
 [event { enable | disable | system-default }] 
 [trigger { <trigger>,... | all | system-default }]

監視項目の設定を削除する。 [詳細]

monitor source delete { <name> | all }

監視グループの設定を追加する。 [詳細]

monitor source-group-name add <name>

監視グループの設定を削除する。 [詳細]

monitor source-group-name delete { <name> | all }

監視グループに監視項目を追加する。 [詳細]

monitor source-group <source_group_name> source add <name>

監視グループから監視項目を削除する。 [詳細]

monitor source-group <source_group_name> source delete { <name> | all }

通知先グループの設定を追加する。 [詳細]

monitor notification-server-group-name add <name>

通知先グループの設定を削除する。 [詳細]

monitor notification-server-group-name delete { <notification_server_group_name> | all }

通知先グループに通知先サーバの設定を追加する。 [詳細]

(protocol snmp-trap-v1 又は protocol snmp-trap-v2c の場合)
monitor notification-server-group <notification_server_group_name>
 server add <notification_server_name>
  protocol { snmp-trap-v1 | snmp-trap-v2c } community <community_name>
   destination-address <destination_address>
    [port { <port> | system-default }]
    [source-address { auto | <address> | system-default }]
    [send-count { <count> | system-default }]
    [send-interval { <interval> | system-default }]

(protocol snmp-trap-v3 の場合)
monitor notification-server-group <notification_server_group_name>
 server add <notification_server_name>
  protocol snmp-trap-v3 user-name <user_name>
   destination-address <destination_address>
    [engine-id { auto | <engineid> | system-default }]
    [security { none | auth | authpriv | system-default }]
    [authentication-method { hmac-md5-96 | hmac-sha-96 | system-default }]
    [authentication-password <authentication_password>]
    [privacy-algorithm { cbc-des | cfb128-aes-128 | system-default }]
    [privacy-password <privacy_password>]
    [port { <port> | system-default }]
    [source-address { auto | <address> | system-default }]
    [send-count { <count> | system-default }]
    [send-interval { <interval> | system-default }]

通知先グループから通知先サーバの設定を削除する。 [詳細]

monitor notification-server-group <notification_server_group_name> 
  server delete { <server_name> | all }

監視グループと通知先グループとの結び付けの設定を追加する。 [詳細]

monitor binding add <binding_name>
  source-group <source_group_name>
  [notification-server-group { <notification_server_group_name> | none }]

監視項目グループと通知先グループとの結び付けの設定を削除する。 [詳細]

monitor binding delete { <binding_name> | all }

監視項目グループと通知先グループとの結び付けの設定を変更する。 [詳細]

monitor binding modify <binding_name>
 [source-group <source_group_name>]
 [notification-servergroup-name { <notification_server_group_name> | none }]

nat

nat dynamic

動的NATの変換先とするグローバルIPアドレスを追加する。 [詳細]

nat dynamic add global <global_IPaddress> [interface <interface>]

動的NATの変換先とするグローバルIPアドレスの設定を削除する。 [詳細]

nat dynamic delete global <global_IPaddress> interface <interface>

動的NATを適用するプライベートIPアドレスの設定を追加する。 [詳細]

nat dynamic add private <private_IPaddress> [interface <interface>]

動的NATを適用するプライベートアドレスの設定を削除する。 [詳細]

nat dynamic delete private <private_IPaddress> interface <interface>

すべての動的NATの設定を削除する。 [詳細]

nat dynamic delete all

nat static

静的NATの設定を追加する。 [詳細]

nat static add <private_IPaddress> <global_IPaddress>
  [interface <interface>]

静的NATの設定を削除する。 [詳細]

nat static delete <private_IPaddress> <global_IPaddress>
 interface <interface>
nat static delete all

nat napt

NAPTおよび静的NAPT適用時に変換先とするグローバルIPアドレスの設定を追加する。 [詳細]

nat napt add global <global_IPaddress> [interface <interface>]

NAPT適用時に変換先とするグローバルIPアドレスの設定を削除する。 [詳細]

nat napt delete global <global_IPaddress> interface <interface>
nat napt delete global all

NAPTを適用するプライベートIPアドレスの設定を追加する。 [詳細]

nat napt add private <private_IPaddress> [interface <interface>]

NAPTを適用するプライベートIPアドレスの設定を削除する。 [詳細]

nat napt delete private <private_IPaddress> interface <interface>
nat napt delete private all

すべてのNAPT設定を削除する。 [詳細]

nat napt delete all

nat snapt

静的NAPTの設定を追加する。 [詳細]

nat snapt add protocol { tcp | udp | tcpudp }
  listen <listen_port> [interface <interface>] forward <IPv4address> [<forward_port>] [enable | disable]
nat snapt add protocol <protocol> [interface <interface>] forward <IPv4address> { enable | disable } 

静的NAPT適用時のデフォルト転送先の設定を追加する。 [詳細]

nat snapt add default <IPv4address> [interface <interface>]

静的NAPTの設定を有効化または無効化する。 [詳細]

nat snapt { enable | disable } interface <interface>
  protocol [tcp | udp | tcpudp] listen <listen_port>
nat snapt { enable | disable } interface <interface>
  protocol <protocol>

静的NAPTの設定を削除する。 [詳細]

nat snapt delete all
nat snapt delete default
nat snapt delete protocol { tcp | udp | tcpudp | <protocol>} listen <listen_port> interface <interface>
nat snapt delete interface <interface> all

nat upnp

UPnPを使用するか否か設定する。 [詳細]

nat upnp { on | off }

UPnPによる静的NAPTを適用するインタフェースを設定する。 [詳細]

nat upnp interface { lan1 | <pppoe> | <ppp> }

UPnPエントリのタイムアウトを設定する。 [詳細]

nat upnp timeout { <time> | none }

UPnPエントリのタイムアウトのタイマーの種類を設定する。 [詳細]

nat upnp timeout type { normal | arp }

nat bypass add

bypass NATの設定を追加する。 [詳細]

nat bypass add <private_IPv4address> <global_IPv4address> [interface <interface>]

bypass NATの設定を削除する。 [詳細]

nat bypass delete { <private_IPaddress> <global_IPaddress> interface <interface> | all }

nat reflect

Reflection NATの設定を追加する。 [詳細]

nat reflect add interface <interface>

Reflection NATの設定を削除する。 [詳細]

nat reflect delete interface { <interface> | all }

nat timeout

NATルールのデフォルトのタイムアウト値を設定する。 [詳細]

nat timeout <time>

動的NATのセッションのタイムアウト値を設定する。 [詳細]

nat timeout dynamic { <time> | system-default }

プロトコル毎のNATルールのタイムアウト値を設定する。 [詳細]

nat timeout protocol
   { tcp-synonly | tcp-established | udp | ismp } { <time> | system-default }

nat proxy

SIPプロキシの設定を追加する。 [詳細]

nat proxy sip add port <port> [protocol { tcp | udp | tcpudp } 

SIPプロキシの設定を削除する。 [詳細]

nat proxy sip delete { port <port> [protocol { tcp | udp | tcpudp }] | all }

nat session

送信元IPアドレスごとのNATルール数の上限を設定する。 [詳細]

nat session restricted-per-ip { <max> | system-default }

プライベートIPアドレスごとのNATルール数の上限を設定する。 [詳細]

nat session restricted-per-private-ip { <max> | system-default }

nat logging

NATに関するログ記録を使用するか否か設定する。 [詳細]

nat logging { on | off }

nat option port-assignment

NAPTを適用する際に用いる送信元ポート番号の割当てアルゴリズムを設定する。 [詳細]

nat option port-assignment { auto | random | non-privileged | system-default }

nat6

nat6

NAT6の設定を追加する。 [詳細]

nat6 add <name> type { ngn | transparent }
  internal <prefix/prefixlen>
  external <prefix/prefixlen>
  interface <interface>
  [ndproxy { on | off | system-default }]

NAT6の設定を削除する。 [詳細]

nat6 delete { <name> | all }

NAT6の設定を変更する。 [詳細]

nat6 modify <name>
  [internal <prefix/prefixlen>]
  [external <prefix/prefixlen>]
  [interface <interface>]
  [ndproxy { on | off | system-default }]

ntp

ntp

NTPを有効化または無効化する。 [詳細]

ntp { enable | disable }

NTPの動作モードを設定する。 [詳細]

ntp mode { client | server | system-default }

SEILの時刻の基準となるNTPサーバ、またはSEILと時刻同期を行うPeerサーバのIPアドレスを設定する。 [詳細]

ntp { server | peer } add { <IPaddress> | dhcp6 } [prefer { on | off }]

SEILの時刻の基準となるNTPサーバ、またはPeerサーバの設定を削除する。 [詳細]

ntp { server | peer } delete { all | <IPaddress> }

option

option ip accept-redirect

ICMPv4リダイレクトメッセージを受信するか否か設定する。 [詳細]

option ip accept-redirect { on | off }

option ip broadcast-icmp

IPブロードキャストアドレス宛てのICMPv4パケットに応答するか否か設定する。 [詳細]

option ip broadcast-icmp { accept | ignore }

option ip directed-broadcast

受信したDirected Broadcastパケットを、接続されているネットワークにブロードキャストするか否か設定する。 [詳細]

option ip directed-broadcast { on | off }

option ip fragment-requeueing

フラグメントパケットの受信時にパケットを再キューイングするか否か設定する。 [詳細]

option ip fragment-requeueing { on | off }

option ip mask-reply

ICMPv4アドレスマスク要求に応答するか否か設定する。 [詳細]

option ip mask-reply { on | off }

option ip monitor-linkstate

リンク状態監視機能を使用するか否か設定する。インタフェースのリンク状態によって当該インタフェースのIPv4アドレスを送信先とするパケットの受信可否を制御できる。 [詳細]

option ip monitor-linkstate { on | off }

option ip multipath-selection

Multipath 経路の選択基準を設定する。 [詳細]

option ip multipath-selection [src | dst | src-dst | system-default]

option ip redirects

ICMPv4リダイレクトメッセージを発行するか否か設定する。 [詳細]

option ip redirects { on | off }

option ip unicast-rpf

IPv4 uRPF (Unicast Reverse Path Forwarding) を設定する。 [詳細]

option ip unicast-rpf { none | loose | strict } [logging { on | off }]

option ip update-connected-route

インタフェースのリンクダウン時にIPv4のconnected経路を削除するか否か設定する。 [詳細]

option ip update-connected-route { on | off }

option ipv6 avoid-path-mtu-discovery

経路MTU探索の抑制を試みるか否か設定する。 [詳細]

option ipv6 avoid-path-mtu-discovery { on | off }

option ipv6 monitor-linkstate

リンク状態監視機能を使用するか否か設定する。インタフェースのリンク状態によって当該インタフェースのIPv6アドレスを送信先とするパケットの受信可否を制御できる。 [詳細]

option ipv6 monitor-linkstate { on | off }

option ipv6 redirects

ICMPv6リダイレクトメッセージを発行するか否か設定する。 [詳細]

option ipv6 redirects { on | off }

option ipv6 unicast-rpf

IPv6 uRPF (Unicast Reverse Path Forwarding) を設定する。 [詳細]

option ipv6 unicast-rpf { none | loose | strict } [logging { on | off }]

option ipv6 update-connected-route

インタフェースのリンクダウン時にIPv6のconnected経路を削除するか否か設定する。 [詳細]

option ipv6 update-connected-route { on | off }

option statistics access

アクセス統計情報を記録するか否か設定する。 [詳細]

option statistics access { on | off }

password

password

ユーザインタフェースのログインパスワードを設定する。 [詳細]

password [admin | user] [algorithm <algorithm> [compatibility { on | off }]]

ping

ping

ICMP Echo(IPv4)を利用し、指定したホストへの通信の到達性を調査する。 [詳細]

ping { <IPv4address> | <hostname> } [count <count>] [do-not-fragment]
  [record-route] [size <size>] [src <src_IPv4address>] [ttl <ttl>]

ping6

ping6

ICMP Echo(IPv4)を利用し、指定したホストへの通信の到達性を調査する。 [詳細]

ping6 { <IPv6address> | <hostname> } [count <count>] [hoplimit <hoplimit>]
 [size <size>] [src <src_IPv6address>]

ppp

ppp

PPP接続の設定を追加する。 [詳細]

ppp add <name> [ipcp { enable | disable }] [ipv6cp { enable | disable }]
  [keepalive { <time> | none }] [ipcp-address { on | off }]
  [ipcp-dns { on | off }] [acname <ac_name>] [servicename <service_name>]
  [authentication-method { auto | pap | chap | mschapv2 | none }]
  [identifier <userid>] [passphrase <phrase>]
  [tcp-mss { auto | <mss> | none }]
  [tcp-mss6 { auto | <mss> | none }]
  [auto-connect { vrrp | always | ondemand | none }]
  [idle-timer { <idle-timer> | none }]
  [mppe { require | optional | disable | auto | system-default }]

PPP接続の設定を削除する。 [詳細]

ppp delete { <name> | all }

PPP接続の設定を変更する。 [詳細]

ppp modify <name> [ipcp { enable | disable }] [ipv6cp { enable | disable }]
  [keepalive { <time> | none }] [ipcp-address { on | off }]
  [ipcp-dns { on | off }] [acname <ac_name>] [servicename <service_name>]
  [authentication-method { auto | pap | chap | mschapv2 | none }]
  [identifier <userid>] [passphrase <phrase>]
  [tcp-mss { auto | <mss> | none }]
  [tcp-mss6 { auto | <mss> | none }]
  [auto-connect { vrrp | always | ondemand | none }]
  [idle-timer { <idle-timer> | none }]
  [mppe { require | optional | disable | auto | system-default }]

pppac

pppac pool

アドレスプールの設定を追加する。 [詳細]

pppac pool add <name> address <IPv4address>/<prefixlen>
 [type { static | dynamic }]

アドレスプールの設定を削除する。 [詳細]

pppac pool delete { <name> | all }

アドレスプールの設定を変更する。 [詳細]

pppac pool modify <name> [address <IPv4address/prefixlen>]
  [type { static | dynamic }]

pppac ipcp-configuration

IPCPの設定を追加する。 [詳細]

pppac ipcp-configuration add <name> pool <pppac_pool_name>,...
 [dns-use-forwarder { on | off | system-default }]
 [dns-primary { <IPv4address> | none }]
 [dns-secondary { <IPv4address> | none }]
 [wins-server-primary { <IPv4address> | none }]
 [wins-server-secondary { <IPv4address> | none }]
 [accept-user-address { on | off | system-default }]

IPCPの設定を削除する。 [詳細]

pppac ipcp-configuration delete { <name> | all }

IPCPの設定を変更する。 [詳細]

pppac ipcp-configuration modify <name>
  [pool <pppac_pool_name>,...]
  [dns-use-forwarder { on | off | system-default }]
  [dns-primary { <IPv4address> | none }]
  [dns-secondary { <IPv4address> | none }]
  [wins-server-primary { <IPv4address> | none }]
  [wins-server-secondary { <IPv4address> | none }]
  [accept-user-address { on | off | system-default }]

pppac option session-limit

PPPACの最大セッション数を制限するか否かを設定する。 [詳細]

pppac option session-limit { on | off | system-default }

pppac protocol l2tp

L2TPの設定を追加する。 [詳細]

pppac protocol l2tp add <name>
  accept-interface { any | <interface>,... }
  [authentication-method { pap | chap | mschapv2 | eap-radius | system-default },...]
  [accept-dialin { on | off | system-default }]
  [authentication-timeout { <timeout> | system-default }]
  [mppe { require | optional | disable | system-default }]
  [mppe-key-length { 40 | 56 | 128 | system-default } ,...]
  [mppe-key-change { stateful | stateless | auto | system-default }]
  [l2tp-keepalive-interval { <interval> | system-default }]
  [l2tp-keepalive-timeout { <timeout> | system-default }]
  [lcp-keepalive { on | off | system-default }]
  [lcp-keepalive-interval { <interval> | system-default }]
  [lcp-keepalive-retry-interval { <interval> | system-default }]
  [lcp-keepalive-max-retries { <count> | system-default }]
  [tcp-mss-adjust { on | off | system-default }]
  [mru { <mru> | system-default }]
  [idle-timer { <idle-time> | none | system-default }]

L2TPの設定を削除する。 [詳細]

pppac protocol l2tp delete { <name> | all }

L2TPの設定を変更する。 [詳細]

pppac protocol l2tp modify <name>
  [accept-interface { any | <interface>,...}]
  [authentication-method {
    pap | chap | mschapv2 | eap-radius | system-default },...]
  [accept-dialin { on | off | system-default }]
  [authentication-timeout { <timeout> | system-default }]
  [mppe { require | optional | disable | system-default }]
  [mppe-key-length { 40 | 56 | 128 | system-default },...]
  [mppe-key-change { stateful | stateless | auto | system-default }]
  [l2tp-keepalive-interval { <interval> | system-default }]
  [l2tp-keepalive-timeout { <timeout> | system-default }]
  [lcp-keepalive { on | off | system-default }]
  [lcp-keepalive-interval { <interval> | system-default }]
  [lcp-keepalive-retry-interval { <interval> | system-default }]
  [lcp-keepalive-max-retries { <count> | system-default }]
  [tcp-mss-adjust { on | off | system-default }]
  [mru { <mru> | system-default }]
  [idle-timer { <idle-time> | none | system-default }]

L2TP(PPPAC)使用時の、IPsecによる保護を必須とするか否かを設定する。 [詳細]

pppac protocol l2tp require-ipsec { on | off | system-default }

pppac protocol pptp

PPTPの設定を追加する。 [詳細]

pppac protocol pptp add <name>
  accept-interface { any | <interface>,...}
  [authentication-method { pap | chap | mschapv2 | eap-radius | system-default },...]
  [authentication-timeout { <timeout> | system-default }]
  [mppe { require | optional | disable | system-default }]
  [mppe-key-length { 40 | 56 | 128 | system-default },...]
  [mppe-key-change { stateful | stateless | auto | system-default }]
  [pptp-keepalive-interval { <interval> | system-default }]
  [pptp-keepalive-timeout { <timeout> | system-default }]
  [lcp-keepalive { on | off | system-default }]
  [lcp-keepalive-interval { <interval> | system-default }]
  [lcp-keepalive-retry-interval { <interval> | system-default }]
  [lcp-keepalive-max-retries { <count> | system-default }]
  [tcp-mss-adjust { on | off | system-default }]
  [mru { <mru> | system-default }]
  [idle-timer { <idle-time> | none | system-default }]

PPTPの設定を削除する。 [詳細]

pppac protocol pptp delete <name>
pppac protocol pptp delete all

PPTPの設定を変更する。 [詳細]

pppac protocol pptp modify <name>
 [accept-interface { any | <interface>,...}]
 [authentication-method {
   pap | chap | mschapv2 | eap-radius | system-default },...]
 [authentication-timeout { <timeout> | none }]
 [mppe { require | optional | disable | auto }]
 [mppe-key-length { 40 | 56 | 128 | system-default },...]
 [mppe-key-change { stateful | stateless | auto | system-default }]
 [pptp-keepalive-interval { <interval> | system-default }]
 [pptp-keepalive-timeout { <timeout> | system-default }]
 [lcp-keepalive { on | off | system-default }]
 [lcp-keepalive-interval { <interval> | system-default }]
 [lcp-keepalive-retry-interval { <interval> | system-default }]
 [lcp-keepalive-max-retries { <count> | system-default }]
 [tcp-mss-adjust { on | off | system-default }]
 [mru { <mru> | system-default }]
 [idle-timer { <idle-time> | none | system-default }]

pppac protocol sstp

SSTPの設定を追加する [詳細]

pppac protocol sstp add <name>
  accept-interface { any | <interface>,...}
  certificate <my-certificate-name>
  [authentication-method { pap | chap | mschapv2 | eap-radius | system-default },...]
  [authentication-timeout { <timeout> | system-default }]
  [sstp-keepalive-interval { <interval> | system-default }]
  [sstp-keepalive-timeout { <timeout> | system-default }]
  [lcp-keepalive { on | off | system-default }]
  [lcp-keepalive-interval { <interval> | system-default }]
  [lcp-keepalive-retry-interval { <interval> | system-default }]
  [lcp-keepalive-max-retries { <count> | system-default }]
  [tcp-mss-adjust { on | off | system-default }]
  [mru { <mru> | system-default }]
  [idle-timer { <idle-time> | none | system-default }]

SSTPの設定を削除する。 [詳細]

pppac protocol sstp delete <name>
pppac protocol sstp delete all

SSTPの設定を変更する。 [詳細]

pppac protocol sstp modify <name>
  [accept-interface { any | <interface>,...}]
  [certificate <my-certificate-name>]
  [authentication-method { pap|chap | mschapv2 | eap-radius|system-default },...]
  [authentication-timeout { <timeout> | system-default }]
  [sstp-keepalive-interval { <interval> | system-default }]
  [sstp-keepalive-timeout { <timeout> | system-default }]
  [lcp-keepalive { on | off | system-default }]
  [lcp-keepalive-interval { <interval> | system-default }]
  [lcp-keepalive-retry-interval { <interval> | system-default }]
  [lcp-keepalive-max-retries { <count> | system-default }]
  [tcp-mss-adjust { on | off | system-default }]
  [mru { <mru> | system-default }]
  [idle-timer { <idle-time> | none | system-default }]

pppac protocol pppoe

PPPoEの設定を追加する。 [詳細]

pppac protocol pppoe add <name>
 accept-interface <interface>,...
 [access-concentrator-name <ac-name> ]
 [service-name <service-name> ]
 [service-name-accept-any { on | off | system-default }]
 [authentication-method { pap | chap | mschapv2 | eap-radius | system-default },...]
 [authentication-timeout { <timeout> | system-default }]
 [mppe { require | optional | disable | system-default }]
 [mppe-key-length { 40 | 56 | 128 | system-default },...]
 [mppe-key-change { stateful | stateless | auto | system-default }]
 [lcp-keepalive { on | off | system-default }]
 [lcp-keepalive-interval { <interval> | system-default }]
 [lcp-keepalive-retry-interval { <interval> | system-default }]
 [lcp-keepalive-max-retries { <count> | system-default }]
 [tcp-mss-adjust { on | off | system-default }]
 [mru { <mru> | system-default }]
 [idle-timer { <idle-time> | none | system-default }]

PPPoEの設定を削除する。 [詳細]

pppac protocol pppoe delete <name>
pppac protocol pppoe delete all

PPPoEの設定を変更する。 [詳細]

pppac protocol pppoe modify <name>
 [accept-interface <interface>,...]
 [access-concentrator-name <ac-name> ]
 [service-name <service-name> ]
 [service-name-accept-any { on | off }]
 [authentication-method {
   pap | chap | mschapv2 | eap-radius | system-default },...]
 [authentication-timeout { <timeout> | system-default }]
 [mppe { require | optional | disable | system-default }]
 [mppe-key-length { 40 | 56 | 128 | system-default },...]
 [mppe-key-change { stateful | stateless | auto | system-default }]
 [lcp-keepalive { on | off | system-default }]
 [lcp-keepalive-interval { <interval> | system-default }]
 [lcp-keepalive-retry-interval { <interval> | system-default }]
 [lcp-keepalive-max-retries { <count> | system-default }]
 [tcp-mss-adjust { on | off | system-default }]
 [mru { <mru> | system-default }]
 [idle-timer { <idle-time> | none | system-default }]

proxyarp

proxyarp

Proxy ARPの有効化または無効化を設定する。 [詳細]

proxyarp { enable | disable }

Proxy ARPの設定を追加する。 [詳細]

proxyarp add <name>
  interface <interface>
  address { <IPv4address> | <IPv4address_range> }
  [mac-address { <MACaddress> | auto | system-default }]

Proxy ARPの設定を削除する。 [詳細]

proxyarp delete <name>
proxyarp delete all

Proxy ARPの設定を変更する。 [詳細]

proxyarp modify <name>
  interface <interface>
  address <IPaddress-range>
  [mac-address { <MACaddress> | auto | system-default }]

reboot

reboot

システムを再起動する。 [詳細]

reboot

reconnect

connect, disconnect, reconnect

インタフェースに関連付けられたPPPセッションの接続状態を制御する。 [詳細]

connect { <pppoe> | <ppp> | <wwan> }
disconnect { <pppoe> | <ppp> | <wwan> }
reconnect { <pppoe> | <ppp> | <wwan>}

report-to

report-to

テクニカルサポートを受けるときに必要となる情報を一括取得する。 [詳細]

report-to remote { <IPaddress> | <URL> | <hostname> }
report-to stdout
report-to storage <device> <filename>

reset_dialup-device

reset dialup-device

モバイルデータ通信端末をリセットする。 [詳細]

reset dialup-device { <foma> | <emobile> | <softbank> | <mdm> }

resolver

resolver

リゾルバを有効化または無効化する。 [詳細]

resolver { enable | disable }

ホスト名解決に使用するDNSサーバの設定を追加する。 [詳細]

resolver address add { <IPaddress> | ipcp | ipcp-auto | dhcp | dhcp6 }

ホスト名解決に使用するDNSサーバの設定を削除する。 [詳細]

resolver address delete { <IPaddress> | ipcp | ipcp-auto | dhcp | dhcp6 | all }

DNSへの問い合わせに使用するデフォルトドメインを設定する。 [詳細]

resolver domain <domainname>
既定値無指定<domainname>ドメイン名設定範囲文字種備考1 - 32文字[ a-zA-Z0-9 . - ]空文字列("")指定可

リゾルバのホストデータベースにホスト情報を追加する。 [詳細]

resolver host-database add <hostname> address <IPaddress>[,<IPaddress>]...

リゾルバのホストデータベースからホスト情報を削除する。 [詳細]

resolver host-database delete { <hostname> | all }

リゾルバのホストデータベースのホストを変更する。 [詳細]

resolver host-database modify <hostname> address <IPaddress>[,<IPaddress>]...

ホスト名の解決手段の優先順を設定する。 [詳細]

resolver order { dns-hosts | hosts-dns | system-default }

route

route

IPv4静的経路の設定を追加する。 [詳細]

route add { <IPv4address>[/<prefixlen>] | default }
  { <gateway_IPv4address> | <interface> | dhcp | discard }
  [distance { <distance> | system-default }]
  [metric { <metric> | system-default }]
  [keepalive { on | off }
    [target { <IPv4address> | none }]
    [send-interval { <interval> | system-default }]
    [down-count { <count> | system-default }]
    [ src { <IPv4address> | none }]]

IPv4静的経路の設定を削除する。 [詳細]

route delete <dst_IPv4address/prefixlen>
route delete default
route delete all

MultiPathとなっているIPv4静的経路の設定を削除する。 [詳細]

route delete <dst_address/prefixlen>
 { <gateway_address> | <interface> | discard }
route delete <dst_address/prefixlen> all
route delete default { <gateway_address> | <interface> | discard }
route delete default all

IPv4静的経路の設定を変更する。 [詳細]

route modify { <IPv4address/prefixlen> | default }
  [<gateway_address> | <interface> | dhcp | discard]
  [distance { <distance> | system-default }]
  [metric { <metric> | system-default }]
  [keepalive { on | off }
    [target { <target> | none }]
    [send-interval { <interval> | system-default }]
    [down-count { <count> | system-default }]]

route dynamic auth-key

認証鍵の設定を追加する。 [詳細]

route dynamic auth-key add <name>
 type plain-text password <password>
route dynamic auth-key add <name>
 type md5 keyid <keyid> password <password>

認証鍵の設定を削除する。 [詳細]

route dynamic auth-key delete { <name> | all }

route dynamic ospf

OSPFv2を有効化または無効化する。 [詳細]

route dynamic ospf { disable | enable }

SEILのルータIDを設定する。 [詳細]

route dynamic ospf router-id { <my-router-id> | none }

エリアの設定を追加する。 [詳細]

route dynamic ospf area add <area-id>
  [range <IPaddress/prefixlen>]
  [stub { disable | enable
    [no-summary { on | off }]
    [default-cost { <cost> | system-default }] }]

エリアの設定を削除する。 [詳細]

route dynamic ospf area delete <area-id>

リンクの設定を追加する。 [詳細]

route dynamic ospf link add <interface> area <area-id>
  [authentication auth-key { <key-name> | none }]
  [cost { <cost> | system-default }]
  [hello-interval { <hello-interval> | system-default }]
  [dead-interval { <dead-interval> | system-default }]
  [retransmit-interval { <retransmit-interval> | system-default }]
  [transmit-delay { <transmit-delay> | system-default }]
  [priority { <priority> | system-default }]
  [passive-interface { on | off }]
route dynamic ospf link add <peer-router-id> area <area-id>
  [authentication auth-key { <key-name> | none }]
  [hello-interval { <hello-interval> | system-default }]
  [dead-interval { <dead-interval> | system-default }]
  [retransmit-interval { <retransmit-interval> | system-default }]
  [transmit-delay { <transmit-delay> | system-default }] 

リンクの設定を削除する。 [詳細]

route dynamic ospf link delete { <interface> | <peer-router-id> }

リンクの設定を変更する。 [詳細]

route dynamic ospf link modify { <peer-router-id> | <interface> }
 [authentication auth-key { <key-name> | none }]
 [cost { <cost> | system-default }]
 [hello-interval { <hello-interval> | system-default }]
 [dead-interval { <dead-interval> | system-default }]
 [retransmit-interval { <retransmit-interval> | system-default }]
 [transmit-delay { <transmit-delay> | system-default }]
 [priority { <priority> | system-default }]
 [passive-interface { on | off }]

経路生成時のデフォルトのdistanceを設定する。 [詳細]

route dynamic ospf administrative-distance
 { external | inter-area | intra-area }
 { <number> | system-default }

OSPFv2でデフォルト経路の配布の有無を設定する。 [詳細]

route dynamic ospf default-route-originate { disable | enable
 [metric <metric>] [metric-type <metric-type>] }

OSPFv2のNexthopの計算方法を指定する。 [詳細]

route dynamic ospf nexthop-calculation-type { 1 | 2 | system-default }

route dynamic bgp

BGPを有効化または無効化する。 [詳細]

route dynamic bgp { disable | enable }

本装置が属する自律システムのAS番号を設定する。 [詳細]

route dynamic bgp my-as-number { none | <as-number>}

BGP識別子を設定する。 [詳細]

route dynamic bgp router-id { none | <router-id> }

BGPピアの設定を追加する。 [詳細]

route dynamic bgp neighbor add <neighbor_IPv4address> remote-as <as-number>
  [hold-timer { <hold_time> | none | system-default }]
  [in-route-filter { none | <route-filter-name>[,<route-filter-name>...] }]
  [out-route-filter { none | <route-filter-name>[,<route-filter-name>...] }]
  [disable | enable]

BGPピアの設定を削除する。 [詳細]

route dynamic bgp neighbor delete <neighbor_IPv4address>
route dynamic bgp neighbor delete all

BGPネイバ(ピア)の設定を変更する。 [詳細]

route dynamic bgp neighbor modify <neighbor_IPv4address>
  [hold-timer { <hold_time> | none | system-default }]
  [in-route-filter { none | <route-filter-name>[,<route-filter-name>...] }]
  [out-route-filter { none | <route-filter-name>[,<route-filter-name>...] }]
  [disable | enable]

ネットワークアドレスの設定を追加する。 [詳細]

route dynamic bgp network add <network_IPv4address/prefixlen>

ネットワークアドレスの設定を削除する。 [詳細]

route dynamic bgp network delete <network_IPv4address/prefixlen>
route dynamic bgp network delete all

route dynamic pim-sparse

IPv4マルチキャストルーティング(PIM-SM)を有効化または無効化する。 [詳細]

route dynamic pim-sparse { enable | disable }

インタフェースごとのIPv4マルチキャストルーティング(PIM-SM)の動作の設定 [詳細]

route dynamic pim-sparse interface <interface> { enable | disable }
route dynamic pim-sparse interface <interface> { dr-priority { none | <dr-priority> } }

BSRメッセージを使用しない静的ランデブーポイントの設定を追加する。 [詳細]

route dynamic pim-sparse static-rp add <group address/prefixlen> <RP address>
 [priority <priority>]

静的ランデブーポイントの設定を削除する。 [詳細]

route dynamic pim-sparse static-rp delete { <group address/prefixlen> | all }

route dynamic rip

RIPを有効化または無効化する。 [詳細]

route dynamic rip { enable | disable }

RIPv2での認証を設定する。 [詳細]

route dynamic rip interface <interface>
 authentication { enable | disable }
route dynamic rip interface <interface>
 authentication auth-key { <key-name> | none }

RIPでデフォルト経路の配布を有効化または無効化する。 [詳細]

route dynamic rip default-route-originate { enable | disable }

指定したインタフェースに対してRIPの使用/不使用を設定する。 [詳細]

route dynamic rip interface <interface>
 { enable | disable | supply-only | listen-only }

RIPの各種タイマー値を設定する。 [詳細]

route dynamic rip update-timer { <update-timer> | system-default }
route dynamic rip expire-timer { <expire-timer> | system-default }
route dynamic rip
 garbage-collection-timer { <garbage-collection-timer> | system-default }

指定したインタフェースに対して、RIPのバージョンを指定する。 [詳細]

route dynamic rip interface <interface> version { ripv1 | ripv2 | ripv2-broadcast }

RIPで送受信する経路情報に経路フィルタを設定する。 [詳細]

route dynamic rip interface <interface>
  route-filter { in | out } <route-filter-name>[,<route-filter-name>...]
route dynamic rip interface <interface>
  route-filter { in | out } none

route dynamic route-filter

IPv4経路フィルタの設定を追加する。 [詳細]

route dynamic route-filter add <filter-name>
  [network <IPaddress>[/<prefixlen>] [{ prefix <prefixlen-prefixlen> | exact-match }]]
  [interface <ifname>]
  [metric <number>] 
  { pass | block }
  [set-metric <number>]
  [set-metric-type <number>]

IPv4経路フィルタの設定を削除する。 [詳細]

route dynamic route-filter delete <filter-name>
route dynamic route-filter delete all

route dynamic redistribute

Connected経路、静的経路、RIP・OSPF・BGPから、RIP・OSPF・BGPへの経路情報の再配布を設定する。 [詳細]

route dynamic redistribute { static-to-rip | ospf-to-rip | bgp-to-rip }
  { disable | enable [metric <metric>]
    [route-filter <route-filter-name>[,<route-filter-name>...]] }
route dynamic redistribute connected-to-rip
  { disable | enable [metric <metric>] }

route dynamic redistribute { static-to-ospf | rip-to-ospf | bgp-to-ospf }
  { disable | enable [metric <metric>] [metric-type <metric-type>]
    [route-filter <route-filter-name>[,<route-filter-name>...]] }
route dynamic redistribute connected-to-ospf
  { disable | enable [metric <metric>] [metric-type <metric-type>] }

route dynamic redistribute { static-to-bgp | rip-to-bgp | ospf-to-bgp }
  { disable | enable [metric <metric>]
    [route-filter <route-filter-name>[,<route-filter-name>...]] }
route dynamic redistribute connected-to-bgp
  { disable | enable [metric <metric>] }

route6

route6

IPv6静的経路の設定を追加する。 [詳細]

route6 add <dst_IPv6address/prefixlen>
  { <gateway_IPv6address> | <interface> | discard }
    [distance { <distance> | system-default }]
    [keepalive { on | off }
      [target { <IPv6address> | none }]
      [send-interval { <interval> | system-default }]
      [down-count { <count> | system-default }]]
route6 add default
  { <gateway_IPv6address> | <interface> | discard }
    [distance { <distance> | system-default }]
    [keepalive { on | off }
      [target { <IPv6address> | none }]
      [send-interval { <interval> | system-default }]
      [down-count { <count> | system-default }]]
route6 add default router-advertisement interface <lan>
  [distance { <distance> | system-default }]

IPv6静的経路の設定を削除する。 [詳細]

route6 delete <dst_IPv6address/prefixlen>
route6 delete default
route6 delete all

MultiPathとなっているIPv6静的経路の設定を削除する。 [詳細]

route6 delete<dst_IPv6address/prefixlen>
 { <gateway_IPv6address> | <interface> | discard }
route6 delete <dst_IPv6address/prefixlen> all
route6 delete default { <gateway_IPv6address> | <interface> | discard }
route6 delete default router-advertisement [interface <lan>]
route6 delete default all

IPv6静的経路の設定を変更する。 [詳細]

route6 modify <dst_IPv6address/prefixlen>
  [<gateway_IPv6address> | <interface> | discard]
  [distance { <distance> | system-default }]
  [keepalive { on | off }
    [target { <IPv6address> | none }]
    [send-interval {<interval> | system-default }]
    [down-count {<count> | system-default }]]
route6 modify default
  [<gateway_IPaddress> | <interface> | discard]
  [distance {<distance> | system-default }]
    [keepalive { on | off }
    [target {<IPv6address> | none }]
    [send-interval {<interval> | system-default }]
    [down-count {<count> | system-default }]]

route6 dynamic ospf

OSPFv3を有効化または無効化する。 [詳細]

route6 dynamic ospf { disable | enable }

ルータIDを設定する。 [詳細]

route6 dynamic ospf router-id { <my-router-id> | none }

エリアの設定を追加する。 [詳細]

route6 dynamic ospf area add <area-id>
 [range <IPv6address/prefixlen>]

エリアの設定を削除する。 [詳細]

route6 dynamic ospf area delete <area-id>

リンクの設定を追加する。 [詳細]

route6 dynamic ospf link add <interface>
 area <area-id>
 [cost { <cost> | system-default }]
 [hello-interval { <hello-interval> | system-default }]
 [dead-interval { <dead-interval> | system-default }]
 [retransmit-interval { <retransmit-interval> | system-default }]
 [transmit-delay { <transmit-delay> | system-default }]
 [priority { <priority> | system-default }]
 [instance-id { <instance-id> | system-default }]
 [passive-interface { on | off }]

リンクの設定を削除する。 [詳細]

route6 dynamic ospf link delete <interface>

リンクの設定を変更する。 [詳細]

route6 dynamic ospf link modify <interface>
 [area <area-id>]
 [cost { <cost> | system-default }]
 [hello-interval { <hello-interval> | system-default }]
 [dead-interval { <dead-interval> | system-default }]
 [retransmit-interval { <retransmit-interval> | system-default }]
 [transmit-delay { <transmit-delay> | system-default }]
 [priority { <priority> | system-default }]
 [instance-id { <instance-id> | system-default }]
 [passive-interface { on | off }]

route6 dynamic pim-sparse

IPv6マルチキャストルーティング(PIM-SM)を有効化または無効化する。 [詳細]

route6 dynamic pim-sparse { enable | disable }

インタフェースごとのIPv6マルチキャストルーティング(PIM-SM)の動作 [詳細]

route6 dynamic pim-sparse interface <interface> { enable | disable }

BSRメッセージを使用しない静的ランデブーポイントの設定を追加する。 [詳細]

route6 dynamic pim-sparse static-rp add <group_IPv6address/prefixlen> <RP_IPv6address>
 [priority <priority>]

静的ランデブーポイントの設定を削除する。 [詳細]

route6 dynamic pim-sparse static-rp delete { <group_IPv6address/prefixlen> | all }

route6 dynamic ripng

RIPngを有効化または無効化する。 [詳細]

route6 dynamic ripng { enable | disable }

指定したインタフェースから送信する経路情報の集約を設定する。 [詳細]

route6 dynamic ripng interface <interface>
 aggregate add <prefix/prefixlen> metric <metric>
route6 dynamic ripng interface <interface>
 aggregate delete <prefix/prefixlen>

RIPngでデフォルト経路の配布の有無を設定する。 [詳細]

route6 dynamic ripng default-route-originate { enable | disable }

指定したインタフェースに対して、RIPngの動作を設定する。 [詳細]

route6 dynamic ripng interface <interface>
 { enable | disable | supply-only | listen-only }

RIPngで送受信する経路情報に経路フィルタを設定する。 [詳細]

route6 dynamic ripng interface <interface>
 route-filter { in | out } <route-filter-name>[,<route-filter-name>...]
route6 dynamic ripng interface <interface>
 route-filter { in | out } none

route6 dynamic route-filter

IPv6経路フィルタの設定を追加する。 [詳細]

route6 dynamic route-filter add <filter-name>
  [network <IPv6address>/<prefixlen> [{ prefix <prefixlen-prefixlen> | exact-match }]]
  [metric <number>]
  { pass | block }
  [set-metric <number>]

経路フィルタの設定を削除する。 [詳細]

route6 dynamic route-filter delete <filter-name>
route6 dynamic route-filter delete all

route6 dynamic redistribute

Connected経路、静的経路、RIPng・OSPFv3から、RIPng・OSPFv3への経路情報の再配布を設定する。 [詳細]

route6 dynamic redistribute { static-to-ripng | ospf-to-ripng }
 { disable | enable [metric <metric>] }
route6 dynamic redistribute connected-to-ripng
 { disable | enable [metric <metric>] }
route6 dynamic redistribute { static-to-ospf | ripng-to-ospf }
 { disable | enable [metric <metric>] [metric-type <metric-type>] }
route6 dynamic redistribute connected-to-ospf
 { disable | enable [metric <metric>] [metric-type <metric-type>] }

rtadvd

rtadvd

ルータ広告(Router Advertisement)の有効化または無効化を設定する。 [詳細]

rtadvd { enable | disable }

rtadvd - advertise

ルータ広告の動作モードを設定する。 [詳細]

rtadvd interface { <lan> | <vlan> } advertise { auto | manual }

広告するプレフィックスの設定を追加する。 [詳細]

rtadvd interface { <lan> | <vlan> } advertise add { interface-prefix | <prefix>[/<prefixlen>] }
 [valid-lifetime { infinity | system-default | <lifetime> }]
 [fixed-valid-lifetime { on | off }]
 [preferred-lifetime { infinity | system-default | <lifetime> }]
 [fixed-preferred-lifetime { on | off }]
 [autonomous-flag { on | off }]
 [onlink-flag { on | off }]

広告するプレフィックスの設定を削除する。 [詳細]

rtadvd interface { <lan> | <vlan> } advertise delete
 { all | interface-prefix | <prefix>[/<prefixlen>] }

広告するプレフィックスの設定を変更する。 [詳細]

rtadvd interface { <lan> | <vlan> } advertise modify { interface-prefix | <prefix/prefixlen> }
  [valid-lifetime { infinity | system-default | <lifetime> }]
  [fixed-valid-lifetime { on | off }]
  [preferred-lifetime { infinity | system-default | <lifetime> }]
  [fixed-preferred-lifetime { on | off }]
  [autonomous-flag { on | off }]
  [onlink-flag { on | off }]

rtadvd interface

ルータ広告について、インタフェース毎に有効化または無効化を設定する。 [詳細]

rtadvd interface { <lan> | <vlan> } { enable | disable }

ルータ広告(Router Advertisement)で広告するホップ限界の値(Current Hop Limit)の設定 [詳細]

rtadvd interface { <lan> | <vlan> }  curhoplimit { none | system-default | <number> }

ルータ広告(Router Advertisement)で広告する広告外アドレス管理フラグ(Managed Flag)の設定 [詳細]

rtadvd interface { <lan> | <vlan> } managed-flag { on | off }

ルータ広告(Router Advertisement)を送信する最大送信間隔の設定 [詳細]

rtadvd interface { <lan> | <vlan> } max-interval { auto | <number> }

ルータ広告(Router Advertisement)を送信する最小送信間隔の設定 [詳細]

rtadvd interface { <lan> | <vlan> }  min-interval { auto | <number> }

ルータ広告(Router Advertisemnt)で広告する MTU 値の設定 [詳細]

rtadvd interface { <lan> | <vlan> } mtu { auto | none | <number> }

ルータ広告(Router Advertisement)で広告する広告外情報取得フラグ(Other Flag)の設定 [詳細]

rtadvd interface { <lan> | <vlan> } other-flag { on | off }

ルータ広告(Router Advertisement)で広告する到達性情報の有効期間(reachable Time)の設定 [詳細]

rtadvd interface <interface> reachable-time { none | <number> }

ルータ広告(Router Advertisement)で広告する制御情報の再送間隔(Retrasnmit Timer)の設定 [詳細]

rtadvd interface { <lan> | <vlan> } retransmit-timer { none | <number> }

ルータ広告(Router Advertisement)で広告するルータ生存時間(Router Lifetime)の設定 [詳細]

rtadvd interface { <lan> | <vlan> } router-lifetime { none | system-default | <number> }

他のルータから送信されるルータ広告(Router Advertisement)を打ち消す機能の設定 [詳細]

rtadvd interface { <lan> | <vlan> } anti-rogue { on | off }

rtadvd - dns

ルータ広告で配布するDNSの設定を追加する。 [詳細]

rtadvd interface { <lan> | <vlan> } dns add <IPaddress>
  [lifetime { <lifetime> | infinity | system-default }]

ルータ広告で配布するDNSの設定を削除する。 [詳細]

rtadvd interface { <lan> | <vlan> } dns delete { <IPaddress> | all }

ルータ広告で配布するDNSの設定を変更する。 [詳細]

rtadvd interface { <lan> | <vlan> } dns modify <IPaddress>
  [lifetime { <lifetime> | infinity | system-default }]

rtadvd - domain

ルータ広告で配布するドメインの設定を追加する。 [詳細]

rtadvd interface { <lan> | <vlan> } domain add <domain>
  [lifetime { <lifetime> | infinity | system-default }]

ルータ広告で配布するドメインの設定を削除する。 [詳細]

rtadvd interface { <lan> | <vlan> } domain delete { <domain> | all }

ルータ広告で配布するドメインの設定を変更する。 [詳細]

rtadvd interface { <lan> | <vlan> } domain modify <domain>
  [lifetime { <lifetime> | infinity | system-default }]

save-to

save-to

コンフィグを保存する。 [詳細]

save-to flashrom [from { stdin | remote { <IPaddress> | <hostname> | <URL> } }]
save-to remote { <IPaddress> | <hostname> | <URL> }
save-to stdout
save-to storage <device> <filename>

set

set boot mode

起動モードを設定する。 [詳細]

set boot mode { smfv1 | smfv2 | standalone }

set smfv1 network

SMFv1モードでの優先ネットワークの設定を追加する。 [詳細]

set smfv1 network add static address <IPaddress>[/<prefixlen>] gateway <IPaddress>

SMFv1モードでの優先ネットワークの設定を削除する。 [詳細]

set smfv1 network delete static address

set smfv2 network

SMFv2モードでの優先ネットワークの設定を追加する。 [詳細]

set smfv2 network add static address <IPaddress>[/<prefixlen>] gateway <IPaddress>

SMFv2モードでの優先ネットワークの設定を削除する。 [詳細]

set smfv2 network delete static address

show

show boot mode

起動モードを参照する。 [詳細]

show boot mode

show certificate

登録されている証明書の情報を参照する。 [詳細]

show certificate [my { all | <name> }]

show config

コンフィグを参照する。 [詳細]

show config [current | flashrom] [<option>]

show date

現在のシステム時刻を参照する。 [詳細]

show date

show license

ファームウェアに含まれるソフトウェアに関するライセンス情報を参照する。 [詳細]

show license

show key

インストールされているライセンスキーを参照する。 [詳細]

show key

show log

メモリ上に保存されているログメッセージを参照する。 [詳細]

show log [function <function>...] [level <level>...] [regexp <regexp>]

show smfv1 network

SMFv1モードでiSUP/uSUP への接続に利用するネットワーク設定を参照する。 [詳細]

show smfv1 network

show smfv2 network

SMFv2モードで使用する優先ネットワークの動作情報の参照 [詳細]

show smfv2 network

show system

SEILのシステム情報を参照する。 [詳細]

show system [<option>]

SEILのシステム情報を参照する。 [詳細]

# show system
SEIL/X1 IPL Monitor version 1.03
SEIL/X1 Ver. 4.20 (VanDaminator)

Arch    : SEIL/X1 Rev. A
CPU     : CN30XX (0xd0202) Rev. 2
Vendor  : OEM
Serial  : AD9010J-BAA###000899

Host    : "SEIL/X1"
Bootinfo: rebooting by software reset
Bootdev : flash

Date    : 2013/05/21 17:27:18 (JST)
Up      : 35 days 22:50  (since 2013/04/15 18:37:26)

Users   : 1 user
Loadavg : 0.08 (1min), 0.02 (5min), 0.01 (15min)
CPUstat : Used 2%, Interrupts 0%
Memory  : Total 128MB, Used 114MB (89%), Avail 13MB (10%)
機種によって表示項目が異なる場合があります。

show tech-support

サポートを受けるときに最低限必要となる情報を参照する。 [詳細]

show tech-support

show users

現在ユーザインタフェースにログインしているユーザの情報を参照する。 [詳細]

show users

現在ユーザインタフェースにログインしているユーザの情報を参照する。 [詳細]

# show users 
USER            FROM                                            SINCE
admin           172.31.1.3                                      07/24 13:34:10
user[admin]     172.31.1.3                                      07/24 13:36:45

snmp

snmp

SNMPエージェントを有効化または無効化する。 [詳細]

snmp { enable | disable }

SNMPコミュニティ名を設定する。 [詳細]

snmp community <community>

管理担当者の識別情報及び連絡先に関する情報を設定する。 [詳細]

snmp contact <contact>

物理的な位置情報を設定する。 [詳細]

snmp location <location>

管理上の名称を設定する。 [詳細]

snmp sysname <sysname>

SNMPのセキュリティモデルを設定する。 [詳細]

snmp security-model community-based { on | off } user-based { on | off }

SNMPエージェントへの通信を許可するユーザの設定を追加する。 [詳細]

snmp user add <name>
  auth-protocol { hmac-md5 | hmac-sha1 } auth-password <auth_pass>
  privacy-protocol <priv_algo> privacy-password <priv_pass>

SNMPエージェントへの通信を許可するユーザの設定を削除する。 [詳細]

snmp user delete <name>

SNMPエージェントへの通信を許可するユーザの設定を変更する。 [詳細]

snmp user modify <name>
 [auth-protocol { hmac-md5 | hmac-sha1 }] [auth-password <auth_pass>]
 [privacy-protocol <priv_algo>] [privacy-password <priv_pass>]

snmp trap

SNMPトラップの送信を有効化または無効化する。 [詳細]

snmp trap { enable | disable }

SNMPトラップの送信先ホストの設定を追加する。 [詳細]

snmp trap delete { <IPaddress> | all }

SNMPトラップの送信先ホストの設定を削除する。 [詳細]

snmp trap delete { <IPaddress> | all }

死活監視機能により監視する対象ホストの設定を追加する。 [詳細]

snmp trap watch add <IPaddress>
 [errors <errcount>] [interval <int_norm>] [interval-fail <int_fail>]

死活監視機能により監視する対象ホストの設定を削除する。 [詳細]

snmp trap watch delete { <IPaddress> | all }

SNMPトラップの送信元IPアドレスを設定する。 [詳細]

snmp trap src { <IPv4address> | none}

ssh

ssh

Secure Shellプロトコルを用いて他の機器のユーザインタフェースへログインする。 [詳細]

ssh [<username>@]{<hostname> |<IPaddress> } [escape-char <escape_character>]
 [port <port>] [username <username>] [protocol-version 2 | 1] [src <IPaddress>]

ssh-config

ssh-config

接続先ホストの公開鍵の設定を追加する。 [詳細]

ssh-config known-hosts add { <hostname> | <IPaddress> } type { ssh-dss | ssh-rsa | ssh-rsa1 }
  public-key <public-key>

接続先ホストの公開鍵の設定を削除する。 [詳細]

ssh-config known-hosts delete { all | <hostname> | <IPaddress> }

接続先ホストの公開鍵を取得しコンフィグに設定する。 [詳細]

ssh-config known-hosts get { <hostname> | <IPaddress> } type { ssh-rsa | ssh-dss | ssh-rsa1 }

Secure Shellクライアント使用時にホスト公開鍵を厳密に検証するか否か設定する。 [詳細]

ssh-config strict-hostkey-checking { yes | ask | no | system-default }

sshd

sshd

Secure Shellサーバを有効化または無効化する。 [詳細]

sshd { enable | disable }

Secure Shell Protocol Version 2で使用可能なRSA/DSA認証に使用する公開鍵の設定を追加する。 [詳細]

sshd authorized-key { admin | user } add <name> { ssh-rsa | ssh-dss } <public_key>
sshd authorized-key { admin | user } add <name>
 load-from remote { <IPaddress> | <URL> | <hostname> }
sshd authorized-key { admin | user } add <name> load-from stdin

Secure Shell Protocol Version 2で使用可能なRSA/DSA認証に使用する公開鍵の設定を削除する。 [詳細]

sshd authorized-key { admin | user } delete <name> [<name> ...]
sshd authorized-key { admin | user } delete all

Secure Shellサーバのホスト鍵を設定する。 [詳細]

sshd hostkey rsa1 { <hostkey> | auto | none }
sshd hostkey rsa { <hostkey> | auto | none }
sshd hostkey dsa { <hostkey> | auto | none }

Secure Shellログイン時の認証方式としてパスワード認証を使用するか否か設定する。 [詳細]

sshd password-authentication { on | off | system-default }

アクセス元ホストによるSecure Shellサーバへのアクセス制御の設定を追加する。 [詳細]

sshd access { allow | deny } add { <client-pattern> | ALL }

アクセス元ホストによるSecure Shellサーバへのアクセス制御の設定を削除する。 [詳細]

sshd access { allow | deny } delete { <client-pattern> | all }

syslog

syslog

コマンドラインインタフェースで入力されたコマンドをログに記録するか否かを設定する。 [詳細]

syslog command-log { on | off }

コマンドラインの入力内容をログに記録する場合、パスワードを表す文字列を露出するか否かを設定する。 [詳細]

syslog clear-password { on | off }

デバッグレベルのログを記録するか否かを設定する。 [詳細]

syslog debug-level { on | off }

ログ記憶領域の機能ごとの割り当てを設定する。 [詳細]

syslog memory-block <function> { <blocks> | system-default }

ログをリモートサーバに転送するか否かを設定する。 [詳細]

syslog remote { on | off }

ログの転送先とするリモートホストの設定を追加する。 [詳細]

syslog add <IPaddress>

ログの転送先とするリモートホストの設定を削除する。 [詳細]

syslog delete { <IPaddress> | all }

リモートホストにログを転送する際のファシリティを設定する。 [詳細]

syslog facility { <facility> | system-default }

リモートホストにログを転送する際に、ログメッセージにシーケンス番号を付加するか否かを設定する。 [詳細]

syslog sequence-number { on | off }

リモートホストにログを転送する際に、タイムスタンプをログメッセージのMSG部に付加するか否かを設定する。 [詳細]

syslog alternate-timestamp { on | off }

syslog remote-server

ログの転送先のリモートホストの設定を追加する。 [詳細]

syslog remote-server add <name> address <IPaddress>
  [port { <port> | system-default }]
  [hostname <hostname>]
  [facility { <facility> | system-default }]
  [sequence-number { on | off }]
  [alternate-timestamp { on | off }]
  [log-level { <level> | system-default }]
  [src { <IPaddress> | auto }]

ログの転送先のリモートホストの設定を削除する。 [詳細]

syslog remote-server delete { <name> | all }

ログの転送先のリモートホストの設定を変更する。 [詳細]

syslog remote-server modify <name>
  [address <IPaddress>]
  [port { <port> | system-default }]
  [hostname <hostname>]
  [facility { <facility> | system-default }]
  [sequence-number <sequence-number-mode>]
  [alternate-timestamp <alternate-timestamp-mode>]
  [log-level { <level>  | system-default }]
  [src { <source IPaddress> | auto }]

tcpdump

tcpdump

条件に一致した送受信パケットの内容を表示(ダンプ)する。 [詳細]

tcpdump interface <interface>
  [count <count>]
  [link-header { on | off }]
  [lookup-dns { on | off }]
  [print-direction { on | off }]
  [print-mode { ascii | hex | both }]
  [promiscuous { on | off }]
  [set-capture-time <capture_time>]
  [snap-length <snap_length>]
  [tcp-sequence { absolute | relative }]
  [time-stamp { none | raw | diff | detail }]
  [verbose-level { 1 | 2 | 3 }]
  [expression "<expression>"]

telnet

telnet

TELNETプロトコルを用いて他の機器のユーザインタフェースへログインする。 [詳細]

telnet { <IPaddress> | <hostname> } [<port>] [escape <character>]

telnetd

telnetd

TELNETサーバを有効化または無効化する。 [詳細]

telnetd { enable | disable }

アクセス元ホストによるTELNETサーバへのアクセス制御の設定を追加する。 [詳細]

telnetd access { allow | deny } add { <client-pattern> | ALL }

アクセス元ホストによるTELNETサーバへのアクセス制御の設定を削除する。 [詳細]

telnetd access { allow | deny } delete { <client-pattern> | all }

timezone

timezone

システム時刻のタイムゾーンを設定する。 [詳細]

timezone <zone>

traceroute

traceroute

IPv4ネットワーク上で、指定したホストへのネットワーク経路を調査する。 [詳細]

traceroute { <IPv4address> | <hostname> } [lookup-dns] [show-ttl]
 [count <count>] [first-ttl <first_ttl>] [max-ttl <max_ttl>]
 [protocol { udp | icmp }] [port <port>] [src <src_IPv4address>] [waittime <time>]

traceroute6

traceroute6

IPv6ネットワーク上で、指定したホストへのネットワーク経路を調査する。 [詳細]

traceroute6 { <IPv6address> | <hostname> } [lookup-dns]
 [count <count>] [first-ttl <first_ttl>] [max-ttl <max_ttl>]
 [protocol { udp | icmp6 }] [port <port>] [src <src_IPaddress>] [waittime <time>]

translator

translator

プロトコル変換の対象とする仮アドレスと実アドレスの対の設定を追加する。 [詳細]

translator add <fake-address> <true-address>

トランスレータがプロトコル変換対象とするプレフィックスの設定を追加する。 [詳細]

translator add prefix <prefix>

プロトコル変換の対象とするポート番号の設定を追加する。 [詳細]

translator add port <port> [protocol { tcp | udp }]

プロトコル変換の設定を削除する。 [詳細]

translator delete all
translator delete prefix
translator delete <fake-address>
translator delete port <port> [protocol { tcp | udp }]

プロトコル変換のセッションのタイムアウトを設定する。 [詳細]

translator timeout <sec>

unicast-rpf

unicast-rpf

インタフェース毎のuRPF適用設定を追加する。 [詳細]

unicast-rpf { ip | ipv6 } add <name> interface <interface> mode { strict | loose | none } [ logging { on | off } ]

インタフェース毎のuRPF適用設定を削除する。 [詳細]

unicast-rpf { ip | ipv6 } delete { all | <name> }

インタフェース毎のuRPF適用設定を変更する。 [詳細]

unicast-rpf { ip | ipv6 } modify <name> { interface <interface> | mode { strict | loose | none } | logging { on | off } }

uninstall-key

uninstall-key

ライセンスキーをアンインストールする。 [詳細]

uninstall-key { function | startup }

update

update firmware

ファームウェアを更新する。 [詳細]

update firmware { <IPaddress> | <hostname> | <URL> | storage <device> [<filename>] }

update fpga

FPGAを更新する。 [詳細]

update fpga { <IPaddress> | <hostname> | <URL>  | storage <device> [<filename>]}

update ipl

IPLを更新する。 [詳細]

update ipl { <IPaddress> | <hostname> | <URL> |
 storage <device> [<filename>]}

vrrp

vrrp

VRRPv2を有効化または無効化する。 [詳細]

vrrp { <lan> | <vlan> } { enable | disable } vrid { <vrid> | all }

VRRPv2の設定を追加する。 [詳細]

vrrp { <lan> | <vlan> } add vrid <vrid> address <IPv4address>/<prefixlen>
  [address <IPv4address>/<prefixlen>]
  [priority <priority>] [interval <interval>]
  [watch <group_name>]
  [preempt { on | off } ] [virtual-mac { on | off }] [delay <delay>]
  [dead-detect <times>] [alive-detect <times>]
  [enable | disable]

VRRPv2の設定を削除する。 [詳細]

vrrp { <lan> | <vlan> } delete vrid { <vrid> | all }

VRRPv2監視グループ(条件セット)の設定を追加する。 [詳細]

vrrp watch-group add <name>
  [interface { <lan> | <pppoe> | <ppp> }]
  [keepalive <IPv4address>]
  [route-up <IPv4address>/<prefixlen>] ...
  [route-down <IPv4address>/<prefixlen>] ...

VRRPv2監視グループ(条件セット)の設定を削除する。 [詳細]

vrrp watch-group delete { <name> | all }

vrrp3

VRRPv3の設定を追加する。 [詳細]

vrrp3 add <name> interface { <lan> | <vlan> } vrid <vrid>
  address <IPaddress> [address2 <IPaddress>]
  [priority <priority>] [interval <interval>]
  [watch <group_name>]
  [preempt { on | off }] [delay <delay>]
  [enable | disable]

VRRPv3の設定を削除する。 [詳細]

vrrp3 delete { <name> | all }

VRRPv3の設定を変更する。 [詳細]

vrrp3 modify <name> [interface { <lan> | <vlan> }] [vrid <vrid>]
  [address <IPaddress>] [address2 <IPaddress>]
  [priority <priority>] [interval <interval>]
  [watch <group_name>]
  [preempt { on | off }] [delay <delay>]
  [enable | disable]

VRRPv3の設定を有効化または無効化する。 [詳細]

vrrp3 { enable | disable } { <name> | all }

VRRPv3監視グループ(条件セット)の設定を追加する。 [詳細]

vrrp3 watch-group add <name>
 [interface { <lan> | <vlan> | <pppoe> | <ppp> | <wwan> }]
 [keepalive <IPaddress>] [alive-detect <num>] [dead-detect <num>]
 [route-up <IPaddress>/<prefixlen>]
 [route-down <IPaddress>/<prefixlen>]

VRRPv3監視グループ(条件セット)の設定を削除する。 [詳細]

vrrp3 watch-group delete { <name> | all }

VRRPv3監視グループ(条件セット)の設定を変更する。 [詳細]

vrrp3 watch-group modify <name>
 [interface { <lan> | <vlan> | <pppoe> | <ppp> | <wwan> }]
 [keepalive <IPaddress>] [alive-detect <num>] [dead-detect <num>]
 [route-up <IPaddress>/<prefixlen>]
 [route-down <IPaddress>/<prefixlen>]

wol

wol

Wake on LANに対応したホストを起動するためのWake on LANパケットを送信する。 [詳細]

wol <MACaddress>,... interface { <lan> | <vlan> }
wol <MACaddress>,... dst <IPv4address > [dstport <port>]
wol <name>

wol-target

wol-target

Wake on LANパケット送信先の設定を追加する。 [詳細]

wol-target add <name> mac-address <MACaddress>
  interface { <lan> | <vlan> }
wol-target add <name> mac-address <MACaddress>
  dst <IPv4address> [dstport { system-default | <port> }]

Wake on LANパケット送信先の設定を削除する。 [詳細]

wol-target delete { <name> | all }

Wake on LANパケットの送信先ターゲットリストを外部システムから読み込むよう設定する。 [詳細]

wol-target external { none | <URL> } [interval { system-default | <time> }]