option ip monitor-linkstate

リンク状態監視機能を使用するか否か設定する。インタフェースのリンク状態によって当該インタフェースのIPv4アドレスを送信先とするパケットの受信可否を制御できる。

実行権限
admin
対象機種
SEIL/B1, SEIL/X1, SEIL/X2, SEIL/x86 Fuji, SEIL/BPV4
option ip monitor-linkstate { on | off }
既定値
off
on
使用する
off
使用しない

Note

リンク状態監視機能が有効であると、インタフェースがdown状態である時、そのインタフェースに設定されているIPアドレスを宛先とするIPv4パケットを受信しません。なお、そのIPアドレスが"interface unnumbered"コマンド等によって他のインタフェースにも付与されている場合、すべてのインタフェースがdown状態にならない限りそのIPアドレスを宛先とするIPv4パケットを受信します。

SEIL/X2
lan0インタフェースは、L2SWの4ポートすべてがリンクダウン状態になるとダウンと判断します。