password

ユーザインタフェースのログインパスワードを設定する。

実行権限
admin
対象機種
SEIL/B1, SEIL/X1, SEIL/X2, SEIL/x86 Fuji, SEIL/BPV4
password [admin | user] [algorithm <algorithm> [compatibility { on | off }]]
<account>
admin
管理者アカウント
user
一般アカウント
<algorithm>
old
パスワードを DES により暗号化する
des
パスワードを DES により暗号化する
md5
パスワードを MD5 によりハッシュ化する
blowfish
パスワードを Blowfish により暗号化する
compatibility
on
従来の暗号化パスワードとの互換性を保つ
off
アルゴリズムに MD5, Blowfish を選択した場合、互換性を保たない

Note

パスワードはアカウントごとに個別に設定でき、工場出荷状態ではどのパスワードも設定されていません。

admin 及び user のパスワードが設定されていない場合、ログインプロンプトからユーザ名の入力のみでログインできます。

パスワードとして使用できる文字数は128文字までです。 アルゴリズムに DES を選択した場合は先頭 8 文字のみ、Blowfish を選択した場合は先頭 72 文字のみ認証に使用します。それぞれ超過した文字は認証に使用しません。

ネットワークセキュリティの観点から、管理者アカウント及びユーザアカウント両方のパスワードを設定した状態で運用することをお勧めします。

注:

パスワードの設定内容によってはファームウェアの更新ができないことがあります。

ファームウェアバージョン2.70以降では、パスワードの保存方式の機能拡張に伴い、以前のファームウェアで使用できないコンフィグが保存されている場合には、 ファームウェアのバージョンダウンを実行できません。 具体的には、アルゴリズムにMD5またはBlowfishが選択され、"compatibility off"が設定されている場合にファームウェアのバージョンダウンが実行不可となります。

ファームウェアのバージョンダウンが必要な場合には、"compatibility on"を設定する、あるいはアルゴリズムにDESを選択してパスワードを再設定し、その後にファームウェアの更新を実行してください。

デフォルト値

キーワード 備考
admin パスワード無し  
user パスワード無し  
algorithm md5  
compatibility on (下記注意参照)  
注: compatibility のデフォルト値は、アルゴリズムにMD5 またはBlowfish、かつcompatibility off でパスワードが設定済みのときのみoffとなります。