pppac ipcp-configuration

PPPアクセスコンセントレータ用のIPCPを設定する。

実行権限
admin
対象機種
SEIL/B1, SEIL/X1, SEIL/X2, SEIL/x86 Fuji, SEIL/BPV4
設定上限
機種 上限
SEIL/B1 8
SEIL/X1 8
SEIL/X2 8
SEIL/x86 Fuji 8
SEIL/BPV4 8

pppac ipcp-configuration add

IPCPの設定を追加する。

pppac ipcp-configuration add <name> pool <pppac_pool_name>,...
 [dns-use-forwarder { on | off | system-default }]
 [dns-primary { <IPv4address> | none }]
 [dns-secondary { <IPv4address> | none }]
 [wins-server-primary { <IPv4address> | none }]
 [wins-server-secondary { <IPv4address> | none }]
 [accept-user-address { on | off | system-default }]
<name>
追加するエントリの設定名
設定範囲 文字種 予約語
1 - 16文字 [ a-zA-Z0-9 _ ] all
pool
アドレスプールを設定する
<pppac_pool_name>
使用するアドレスプールの設定名
  • カンマ区切りで複数(6個まで)のアドレスプールを指定できます。
dns-use-forwarder
DNS中継機能のDNSサーバを通知するか否かを設定する
on
通知する
  • DNS中継機能を使用するよう、自身のIPアドレスを通知します
  • dns-primary及びdns-secondaryの設定は併用できません。
off
通知しない
system-default
既定値を使用する
既定値
off
dns-primary
プライマリDNSサーバの通知
既定値
none
<IPv4address>
通知するアドレスを指定する
none
通知しない
dns-secondary
セカンダリDNSサーバの通知
既定値
none
<IPv4address>
通知するアドレスを指定する
none
通知しない
wins-server-primary
プライマリWINSサーバの通知
既定値
none
<IPv4address>
通知するアドレスを指定する
none
通知しない
wins-server-secondary
セカンダリWINSサーバの通知
既定値
none
<IPv4address>
通知するアドレスを指定する
none
通知しない
accept-user-address
IPアドレスの割り当てについてクライアントの要求を優先するか否かを設定する
on
クライアントの要求を優先する
off
クライアントの要求を無視する
system-default
既定値を使用する
既定値
on

Note

accept-user-addressをonに設定し、PPPユーザのFramed-IP-Addressの設定が"ユーザが選択"だった場合、 ユーザが提案するIPアドレスでIPCP IP-Addressオプションを合意します。 ただし、ユーザが提案するIPアドレスが、動的割り当て用アドレスプールに含まれ、 かつ未使用の場合に限ります。 "ユーザが選択可能" と設定するには、ローカル認証レルムの場合、framed-ip-addressを'user-select'と設定します。 RADIUS認証レルムの場合、RADIUSサーバでFramed-IP-Address属性が0xFFFFFFFFとなるよう設定します。

PPPユーザのFramed-IP-Addressの設定として、"NASが選択可能" と設定されている場合、 動的IPアドレスプールに未使用のアドレスがあれば、そのアドレスをランダムに選択して IPCP IP-Addressオプションとして提案します。"NASが選択" と設定するには、ローカル認証レルムの場合、 framed-ip-address を'nas-select'と設定します。RADIUS認証レルムの場合、 RADIUSサーバで 0xFFFFFFFE が Framed-IP-Address 属性となるよう設定します。

PPPユーザの Framed-IP-Address の設定として固定の IPアドレスが設定されている場合、 該当IPアドレスが動的割り当て用または固定割り当て用IPアドレスプールに含まれ、 かつ該当IPアドレスが未使用の場合に、そのIPアドレスを IPCP IP-Address オプションとして提案します。

pppac ipcp-configuration delete

IPCPの設定を削除する。

pppac ipcp-configuration delete { <name> | all }
<name>
削除するエントリの設定名
all
すべてのエントリ

Note

PPPACインタフェースのipcp-configurationで指定されているIPCP設定は削除できません。

pppac ipcp-configuration modify

IPCPの設定を変更する。

pppac ipcp-configuration modify <name>
  [pool <pppac_pool_name>,...]
  [dns-use-forwarder { on | off | system-default }]
  [dns-primary { <IPv4address> | none }]
  [dns-secondary { <IPv4address> | none }]
  [wins-server-primary { <IPv4address> | none }]
  [wins-server-secondary { <IPv4address> | none }]
  [accept-user-address { on | off | system-default }]
<name>
変更するエントリの設定名

Note

設定変更操作を実行後、動作に反映されるまで10秒程度要します。