pppac protocol sstp

PPPACで使用するSSTPを設定する。

実行権限
admin
対象機種
SEIL/B1, SEIL/X1, SEIL/X2, SEIL/x86 Fuji, SEIL/BPV4
設定上限
機種 上限
SEIL/B1 8
SEIL/X1 8
SEIL/X2 8
SEIL/x86 Fuji 8
SEIL/BPV4 8

pppac protocol sstp add

SSTPの設定を追加する

pppac protocol sstp add <name>
  accept-interface { any | <interface>,...}
  certificate <my-certificate-name>
  [authentication-method { pap | chap | mschapv2 | eap-radius | system-default },...]
  [authentication-timeout { <timeout> | system-default }]
  [sstp-keepalive-interval { <interval> | system-default }]
  [sstp-keepalive-timeout { <timeout> | system-default }]
  [lcp-keepalive { on | off | system-default }]
  [lcp-keepalive-interval { <interval> | system-default }]
  [lcp-keepalive-retry-interval { <interval> | system-default }]
  [lcp-keepalive-max-retries { <count> | system-default }]
  [tcp-mss-adjust { on | off | system-default }]
  [mru { <mru> | system-default }]
  [idle-timer { <idle-time> | none | system-default }]
<name>
追加するエントリの設定名
設定範囲 文字種 予約語
1 - 16文字 [ a-zA-Z0-9 _ ] all, none
注: 他のpppac設定エントリの(protocol指定の異なるものであっても)設定名と重複する文字列は使用できません。
accept-interface
接続を受け付けるインタフェース
既定値
any
<interface>
インタフェース名
注: 他のエントリのaccept-interfaceで指定されているインタフェースは指定できません。
any
すべてのインタフェース
certificate
使用するX.509証明書を指定する
注: あらかじめcertificateコマンドにより本機用の証明書とRSA秘密鍵を登録する必要があります。
<my-certificate-name>
証明書の設定名
authentication-method
認証プロトコル
pap
PAPを使用する
chap
CHAPを使用する
mschapv2
MS-CHAP-V2を使用する
eap-radius
EAPを使用する
注: RADIUS認証レルムを併用する必要があります。
system-default
既定値を使用する
既定値
mschapv2
authentication-timeout
認証タイムアウト
<timeout>
タイムアウト値を指定する
設定範囲 単位
5 - 300
system-default
既定値を使用する
既定値
27
sstp-keepalive-interval
SSTPキープアライブ(Echo) 送出間隔
<interval>
送出間隔を指定する
設定範囲 単位
10 - 3600
system-default
既定値を使用する
既定値
60
sstp-keepalive-timeout
SSTPキープアライブ(Echo) タイムアウト
<timeout>
タイムアウト値を指定する
設定範囲 単位
10 - 300
system-default
既定値を使用する
既定値
60
lcp-keepalive
キープアライブ(LCP Echo)
on
使用する
off
使用しない
system-default
既定値を使用する
既定値
on
lcp-keepalive-interval
キープアライブ送出開始までの待ち時間
<interval>
待ち時間を指定する
設定範囲 単位
10 - 86400
system-default
既定値を使用する
既定値
60
lcp-keepalive-retry-interval
キープアライブ(LCP Echo)送出間隔
<interval>
送出間隔を指定する
設定範囲 単位
1 - 3600
system-default
既定値を使用する
既定値
60
lcp-keepalive-max-retries
キープアライブ(LCP Echo)送出回数
<count>
送出回数を指定する
設定範囲 単位
1 - 100
system-default
既定値を使用する
既定値
3
tcp-mss-adjust
TCP MSS の自動調整
on
自動調整を行う
off
自動調整を行わないい
system-default
既定値を使用する
既定値
off
mru
MRU
<mru>
MRUを指定する
設定範囲 単位
1200 - 2000 Byte
system-default
既定値を使用する
既定値
1400
idle-timer
アイドルタイマー
<idle_time>
タイマーの期間を指定し、使用する
設定範囲 単位
10 - 86400
none
タイマーを使用しない
system-default
既定値を使用する
既定値
none

pppac protocol sstp delete

SSTPの設定を削除する。

pppac protocol sstp delete <name>
pppac protocol sstp delete all
<name>
削除するエントリの設定名
all
すべてのエントリ

Note

注:
  • PPPACインタフェースのbind-tunnel-protocolで指定されているSSTP設定は削除できません。

pppac protocol sstp modify

SSTPの設定を変更する。

pppac protocol sstp modify <name>
  [accept-interface { any | <interface>,...}]
  [certificate <my-certificate-name>]
  [authentication-method { pap|chap | mschapv2 | eap-radius|system-default },...]
  [authentication-timeout { <timeout> | system-default }]
  [sstp-keepalive-interval { <interval> | system-default }]
  [sstp-keepalive-timeout { <timeout> | system-default }]
  [lcp-keepalive { on | off | system-default }]
  [lcp-keepalive-interval { <interval> | system-default }]
  [lcp-keepalive-retry-interval { <interval> | system-default }]
  [lcp-keepalive-max-retries { <count> | system-default }]
  [tcp-mss-adjust { on | off | system-default }]
  [mru { <mru> | system-default }]
  [idle-timer { <idle-time> | none | system-default }]
<name>
変更するエントリの設定名

Note

設定変更操作を実行後、動作に反映されるまで10秒程度要します。