Windows 10のVPN(SSTP)設定手順

Windows 10のVPN機能を利用して、SEILで動作するリモートアクセスサーバ(SSTP)へ接続する基本的な設定手順を説明します。

  • SEILのリモートアクセスサーバの設定は完了しているものとします。
  • SSTPの接続に自己署名証明書を使用する場合は、あらかじめSEILのサーバ証明書をPCにインポートする必要があります。
  1. 設定情報を用意する
    項目 値(例) 備考
    VPN接続先となるSEILのホスト名 vpn.example.jp 証明書の"Common Name:"に指定したホスト名である必要があります
    ユーザー名 user_a@example.jp  
    パスワード vpnpassword  
  2. VPN設定画面を開く
    • アクションセンターを開き「VPN」をクリックする
  3. VPN設定の追加(1)
    • 「VPN接続を追加する」をクリックする
  4. VPN設定の追加(2)
    VPNプロバイダー
    「Windows(ビルトイン)」を選択する
    接続名
    任意の名称を入力する
    サーバー名またはアドレス
    VPN接続先となるSEILのホスト名を入力する
    VPNの種類
    「Secure Socket トンネリングプロトコル(SSTP)」を選択する
    サインイン情報の種類
    「ユーザー名とパスワード」を選択する
    ユーザー名(オプション)
    ユーザー名を入力する
    パスワード(オプション)
    パスワードを入力する
    • 全て入力後、「保存」をクリックする
  5. 設定を完了する
    • 設定した接続名のVPN接続先が表示される
  • 以上で設定は完了です。
  • 「接続」をクリックすると接続を開始します。
  • 直ちに接続しない場合はウィンドウを閉じます。

VPNの接続

リモートアクセスサーバへ接続する基本的な操作手順を説明します。

  • VPN接続先の設定は完了しているものとします。
  1. VPN設定画面を表示する
    • アクションセンターを開き「VPN」をクリックする
  2. 接続を開始する
    • VPN接続先を選択し、「接続」をクリックする
  3. 接続されたことを確認する
    • 接続が確立すると「接続済み」が表示される
  • 以上で接続操作は完了です。
  • 接続に失敗する場合はエラーメッセージに従い、設定内容等を確認してください。
  • 「切断」をクリックすると切断されます。

VPNの切断

リモートアクセスサーバから切断する基本的な操作手順を説明します。

  • VPN接続先へ接続中であるものとします。
  1. VPN設定画面を表示する
    • アクションセンターを開き「VPN」をクリックする
  2. 接続を切断する
    • VPN接続先を選択し、「切断」をクリックする
  3. 切断されたことを確認する
    • 切断すると、「切断」と短時間表示された後に接続待機画面が表示される
  • 以上で切断操作は完了です。