OSPFv3

IPv6ネットワークにおいて、OSPFv3による動的経路制御機能を提供します。

  • インタフェースのコストのデフォルト値は 1
  • コストの設定可能範囲は 1-65535
  • エリア ID の設定範囲は 0.0.0.0-255.255.255.255
  • Hello Protocol でのタイマのデフォルト値と設定可能範囲は下記に示す
    タイマ名称 設定範囲 デフォルト値 単位
    HelloInterval 1〜65535 10
    DeadInterval 1〜65535 40
    RetransmitInterval 3〜65535 5
    TransmitDelay 1〜65535 1
  • Router-ID は 0.0.0.1 - 255.255.255.255 の範囲で設定可能
    • OSPFv2 の Router-ID とは独立して扱われる
  • 0.0.0.0 以外のエリアには集約範囲を設定可能
  • OSPFv3 の動作を無効にすると、OSPFv3 で受け取った経路はすべて消える
  • passive-interface の指定が可能
  • インタフェースの link up/down を検出可能
  • 指定ルータの優先度を変更可能
  • スタブエリアをサポートする
  • 経路の再配布可能
  • Equal-Cost MultiPath に対応
  • unnumberedインタフェースに対応 (unnumbered とは便宜上 Gloabl Unicast Address が付与されていない状態を指す)
  • 次に示すアドレスは Global Unicast Address と同様に扱う
    • Unique local address (RFC4193)
    • Site local address (RFC1884)

制約事項

  • 明示的な近隣(neighbor) はサポートしない
  • 仮想リンクをサポートしない
  • OSPF NSSA option (RFC1587/RFC3101) はサポートしない
  • OSPF Opaque-LSA option (RFC2370) はサポートしない